世界遺産検定を勉強!概要とメリット、勉強方法を紹介!!

 

皆さんは旅行が大好きですか?

旅行するだけではなく、何か知識の証明となるものがないかな~と、考えている方には世界遺産検定の受験をオススメします!

僕も1級目指して勉強中です。

世界遺産検定2級を受ける!検定の概要と現在行っている勉強法を紹介!!
小島です。 皆さんは世界遺産検定を知っていますか? ここ数年で徐々に知られるようになってきており、俳優の鈴木亮平も合格したことで知られています。 僕も受けようと勉強を始めたので、きっかけと勉強方法をまとめたいと思います。

今回は世界遺産検定の概要とメリット、勉強方法を紹介します。

世界遺産検定の概要

世界遺産検定とは、名前のとおり世界遺産に関する知識・理解度を認定する検定です。

問われるのは世界遺産の名前だけではなく、世界遺産が誕生した経緯や世界遺産に関する出来事も対象。

世界遺産検定は4~1級+マイスターの5段階あります。

それぞれの試験の詳細はこちら。

 試験範囲試験形式合格率
(2017年実施分)
その他
4級日本の全遺産
 +
世界の遺産27件
・マークシート形式
・50分50問
・60/100点以上で認定
83.9~92.1%・誰でも受験可
・年4回(3,7,9,12月)実施
・受検料は3,000円(税込)
・全国の会場で受験可
3級日本の全遺産
 +
世界の遺産100件
・マークシート形式
・50分60問
・60/100点以上で認定
73.0~81.5%・誰でも受験可
・年4回(3,7,9,12月)実施
・受検料は4,500円(税込)
・全国の会場で受験可
2級日本の全遺産
 +
世界の遺産300件
・マークシート形式
・60分60問
・60/100点以上で認定
53.2~58.4%・誰でも受験可
・年4回(3,7,9,12月)実施
・受検料は5,500円(税込)
・全国の会場で受験可
1級全遺産(1000件以上)・マークシート形式
・90分90問
・140/200点以上で認定
20.2~20.7%・2級以上の認定者のみ受験可
・年2回(7,12月)実施
・受検料は9,700円(税込)
・全国の会場で受験可
マイスター全遺産(1000件以上)・記述形式
・120分3題
・認定基準は非公開
48.7~50.0%・1級以上の認定者のみ受験可
・年2回(7,12月)実施
・受検料は19,000円(税込)
・東京と大阪の会場で受験可

 

僕は2級を勉強中ですが、1カ月の勉強で合格点に達しました(過去問4回分)。

世界遺産検定2級合格を目指す!勉強開始1カ月で過去問を解いてみた結果は?
ただいま世界遺産検定2級の合格を目指して勉強中です! 勉強を開始して1カ月経過したので、2017年分の過去問を受けてみました。 今回はその結果と、実際に過去問をやって感じたことをお伝えします。 世界遺産検定とは そもそも「世界遺...

 追記 
2018/08/15 無事2級に合格しました

世界遺産検定2級に無事合格!しかし次の1級は難易度がかなり高め・・・
昨日(7/31)世界遺産検定の合格発表があり、無事2級に合格していました! いまは1級合格を目指して勉強していますが、1級はかなり難易度が高そうです・・・ 今回は2級と1級の難易度の違いを紹介します。

 

それから判断すると、4級&3級は公式テキストをひと通り読めばOK。

1級は2級と比べると試験範囲の世界遺産が3倍以上に増えていますが、同じマークシート形式で問題レベルもそれほど変わらないので、3~6カ月程度勉強すれば大丈夫そう。

 

問題はマイスター。

試験時間が120分あるにも関わらず、3問だけというのが難しさを表しています。

合格率が50%ありますが、これは1級に認定される知識があって、かつマイスターを受けるだけの熱意・お金・努力を持ち合わせている人であっても半分はダメと考えた方が良いです。

上を見たらキリがないので、まずは誰でも受験できる4~2級を目指すのがオススメ。

もし合格したら、その時の気分で1級やマイスターを狙いましょう!

 

世界遺産検定を受験するメリット

世界遺産検定を受験することにより、次のメリットがあります。

世界遺産に詳しくなる

一番のメリットはこれ。

真剣に勉強するので、世界遺産にかなり詳しくなります。

とくに日本の遺産は力を入れて勉強することになるので、ガイドブックに書かれている以上の知識も身につきます。

旅行先を決めるキッカケになる

海外旅行で世界遺産を訪れる人も多いのでは?

ただし、世界遺産は1,000件以上認定されているので、全部訪れるのは難しい・・・

世界遺産検定の勉強をしていると「ここ面白そう!」という場所が必ず見つかるので、旅行先を決めるキッカケにもなります。

日本史・世界史に詳しくなる

世界遺産検定は遺産名を知っていれば良いのではなく、その遺産に関連する出来事・人名を覚える必要があります。

遺産によっては、さまざまな遺産を体系づけて覚える必要があるので、日本史・世界史の勉強に最適。

楽しんで覚えられるので、学生の皆さんにもピッタリです!

旅行業界への就職に有利

JTBやHISは就職先としても人気がありますが、他の受験者と差別化を図るなら世界遺産検定を持っていると有利です!

ただし最低でも2級、できれば1級に認定されている必要があります。

もしマイスターを持っているなら、かなり有利ですよ!

話のネタになる

旅行が好きな人どうしで集まった場合、「どの国行ったの?」とか「どの世界遺産が良かった?」という会話が多いです。

そこで世界遺産の話と絡めて世界遺産検定を話題にすれば、かなり興味を持って聞いてもらえます。

エジプト・アブシンベル大神殿

 

世界遺産検定の勉強方法

公式テキストと過去問題集を用いた学習が基本。

1~4級で出題される問題は、公式テキストに8~9割書かれています。

とくに世界遺産の基礎知識と日本の遺産は、ページが少ない割に出題の5割を占めるので完璧に覚えればそれだけで5割近く取れます。

そのほか、次の問題がよく出題されます。

  • 試験年に登録された世界遺産について
  • 試験年に世界遺産会議が開催される都市
  • 特徴をもとに建築様式と、その建築様式で建てられた建造物
  • 英文の説明に該当する世界遺産
  • 日本の世界遺産の登録基準

とくに登録基準は全部覚えると、その他の問題でも絞り込むのに役立ちます。

公式テキスト

級に応じて次のテキストがあります。

  • はじめて学ぶ世界遺産50    世界遺産検定4級公式テキスト
  • きほんを学ぶ世界遺産100  世界遺産検定3級公式テキスト
  • くわしく学ぶ世界遺産300  世界遺産検定2級公式テキスト
  • すべてがわかる世界遺産大事典<上> 世界遺産検定1級公式テキスト
  • すべてがわかる世界遺産大事典<下> 世界遺産検定1級公式テキスト

2~4級は1冊ずつ、1級は2冊あります。

マイスター向けの公式テキストは無いので、1級のテキストを元にしてその他の方法で知識を肉付けする必要があります。

カラー写真が多く、内容も分かりやすくまとまっているので勉強に最適。世界遺産検定を受験するなら必須です!

  》》楽天市場で1~4級の公式テキストを購入する
  》》Amazonで1~4級の公式テキストを購入する

公式過去問題集

年ごとに開催された試験の問題が1冊にまとまっており、次の2種類が発売されています。

  • 世界遺産検定公式過去問題集1・2級<20xx年度版>
  • 世界遺産検定公式過去問題集3・4級<20xx年度版>

問題集には問題と解答、配点と正答率が書かれています。

『20xx』と書いていますが、これは毎年発売されるため。”2017年度版”なら2017年に開催された試験の問題がすべて載っています。

ほかの年の問題を解きたい場合は、別の本を購入する必要があります。

問題の傾向をつかむことができ、かつ現時点の実力を知ることができるので一度は目を通しておきましょう。

なお、前年度の問題を中古で購入しようとしたら定価以上に値上がりしていることが多いです。

みんな考えることは同じですよね・・・

もし次年度分の公式問題集の発売が決定しているなら、なるべく早く購入した方が良いです。

  》》楽天市場で1~4級の公式過去問題集を購入する
  》》Amazonで1~4級の公式過去問題集を購入する

世界遺産に関する書籍

公式テキストではないけれど、世界遺産について書かれた書籍がたくさん発売されています。

ただ認定されるだけなら不要(とくに2~4級)ですが、読み物としても楽しいので、あなたの興味に応じて購入しましょう!

  》》楽天市場で世界遺産に関する本を購入する
  》》Amazonで世界遺産に関する本を購入する

テレビ番組など

オススメはTBS系列で放送されている『世界遺産』

毎週異なる世界遺産を1件づつ取り上げています。

遺産についてかなり詳細に紹介しているので、1級やマイスターを受験する方に特にオススメ。映像も美しいので記憶に残りやすいですよ!

また、同じTBS系列で放送されている『世界ふしぎ発見!』でも、世界遺産の観光地をとりあげることがあります。

 

そのほか、公式テキストでも文字しかなかったり、イメージがつかめない用語についてはネット検索して確認しておきましょう。

 

まとめ

世界遺産検定は趣味と実益を兼ねた資格としてピッタリです。

楽しみながら世界遺産の知識を身につけましょう!

 

スポンサーリンク