ラスベガスで食あたり。蛍光ピンクの薬(Pepto Bismol)がバッチリ効いた!

 

海外旅行中に病気になると大変ですよね。

風邪や下痢ならまだマシですが僕はラスベガスを訪れた際、食あたりで丸一日苦しみました・・・

今回は食あたりの原因と治した方法、得た教訓について、今後ラスベガス方面に行く方に向けてお伝えします。

※若干汚い表現がありますのでご注意ください

 

食あたりの原因

ラスベガスに訪れたのは、2000年から2001年に変わるタイミングでした。

ラスベガスでの世紀越しのカウントダウンを済ませ、翌日は市内を観光。夕食はLuxsor Hotelのビュッフェで食べましたが、ここで食べすぎたのがマズかった・・・

ラスベガスで年越し!20世紀と21世紀を行ったり来たり
皆さんはタイムトラベルをしたことがありますか!? 僕はあります。 ・・・本当だったら凄いですよね。 正確に言えば、日付変更線が起こした奇跡的な偶然です。 今回はその時の状況と、ラスベガスでの年越しの様子をお伝えしたいと思います。...

食後しばらくして、おなかの調子が悪くなり下痢にかなり近い状態。しばらくすると収まりましたが、油断したのが間違いでした。

 

翌日は早朝よりデス・バレーを周る現地ツアーに参加。

デスバレーの最高気温は57℃!冬でも暑いデスバレーの見どころ紹介
デスバレー(Death Valley)は日本語で"死の谷"という意味。 なんとも物騒な名前ですよね・・・しかし、実際に訪れればその名前が付けられた理由が分かります。 デスバレーにあるのは自然のみ。しかし、地平線が見渡せるほどの大地だ...

さまざまな名所をめぐったのち、最後に立ち寄ったのは”悪魔のゴルフコース”と呼ばれる場所でした。

悪魔のゴルフコースという名前の由来は、塩水の池が干上がってボコボコになった地面が”いかにも悪魔がゴルフしそう”という理由で付けられました。ここで好奇心が湧いたのが最大の失敗。

・・・なめたらどんな味がするんだろう

好奇心に負けて少しだけなめてみました。・・・結果、塩辛いのみでした。

しかし、この行為が後の苦しみにつながります。おそらく、昨日からの下痢+不衛生な塩をなめたことにより発症したと思われます。

デスバレーの悪魔のゴルフコース

 

食あたりで苦しむ

デスバレーツアーの後、ホテルに戻りカジノを楽しんだのち就寝。

しかし、夜中に激しい腹痛とはき気で目が覚めました。

あまりの苦しさでガイドブックで“食あたり”、”下痢”、”薬”という単語を調べ、ホテル併設の薬局で薬と水を購入。一晩中トイレとベッドを往復し、水も3~4リットル飲み干すが回復しない。飲んだ分だけ全て体外に排出されました・・・

朝になり少し回復しましたが、かなり調子が悪い。

この日から違うホテルに宿泊する予定だったので、数100メートル先のホテルに移動。こんなに歩くのが辛かったのは初めて。

 

怪しい薬を勧められる

移動したホテルはモンテカルロ。

ここで開催されるマジックショーのチケットを予約するついでに、食あたりに効く薬をスタッフに教えてもらいました。

近くの薬局で薬をさがしたところ、すぐに見つかりましたが、

見た目が液状で蛍光ピンク、ニオイがムヒ

という、飲んだらヤバそうな薬。

その時は胃腸薬の名前を覚える余裕がありませんでしたが、後日調べた結果、おそらくPepto Bismol”という名前の薬と思われます。

とても飲み薬とは思えなかったので、念のため食事したレストランのスタッフに聞いてみるが「飲み薬だ」と断言される。

覚悟を決めて、一気に飲み干しました。

変わった味がするし、とても苦い。

しかし効果はバツグンで、朝起きたら体調がバッチリ回復!

 

今回の教訓

今回の食あたりで得た教訓は次の2つです。

1.暴飲暴食はしない。不衛生なものを口にしない
アメリカをはじめ、海外は脂っこい食事が多いので腹8分にとどめる。また、不衛生なもの(今回はデスバレーの塩)を口にしないことが大切です。

今回のように胃腸薬の購入で困ることになるので、日本から胃腸薬を持っていきましょう。

  》》楽天市場で胃腸薬を探す
  》》Amazonで胃腸薬を探す

2.海外旅行保険に必ず加入する
この時は海外旅行保険に加入しておらず、クレジットカードも持っていなかったので、病院に行くのはなるべく避けたいと考えていました。

食あたりで済んでよかったですが、もし他の重大な病気の場合は命の危険性があったかもしれません。

海外旅行に行った時は、イザという時に気軽に病院に行けるように、海外旅行保険に加入しましょう。

海外旅行保険は必要?クレジットカード付帯保険と組み合わせれば万全!
日ごろ病気になっても、病院で払うお金は本来の医療費の数割程度。これは日本の保険制度により国民の負担額が軽減されているからです。 しかし、海外旅行中は日本の保険制度を利用できません。 しかし事前に海外旅行保険に加入しておくことにより、...

 

ラスベガス旅行を計画

ラスベガスを訪れる際のホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》ラスベガスのホテルを予約
》》デスバレーを訪れるラスベガス発着ツアー

 

 

スポンサーリンク