エルサレムのおすすめレストラン。味とコスパで選んだ4店はココ!

 

エルサレムでの食事といえば、ファラフェルやシュワルマなど中東っぽいメニューも多いですが、それ以外にも世界中の料理が食べられます!

しかし難点は物価が高いこと。日本より5割増しで高い印象です・・・

今回はエルサレムの中でも、おいしくてコスパに優れたレストランを4店紹介します!

おすすめレストラン

マオズ・ファラフェル(Maoz Falafel)

イスラエルをはじめ、中東の料理といえばファラフェルシュワルマです。

ファラフェル
ヒヨコ豆で作ったコロッケのような料理です

シャワルマ
こんがり焼いた肉を薄切りにしたもの。野菜等とともにパンで挟んだり、クレープ生地で巻いて食べます

僕もイスラエル滞在中は何度か食べましたが、最もおいしかったのはココ。

エルサレム(イスラエル)にあるレストランMaozFalafel

場所は新市街。たまたま宿泊していたホテルの隣でした。

エルサレムのコスパの良いホテルCity Center Hotel。新市街にあるので利便性高し!
イスラエルのエルサレムは見どころが多くオススメの観光地ですが、宿泊費が高いのが難点・・・ しかし、アパートメントタイプのホテル『City Center Hotel』は周囲のホテルと比べて2~3割安い印象。 今回は安い理由と、ホテルの設備を紹介します!

 

僕はシュワルマを注文しました。

まず、Pita(円形の薄いパン)か、Baguette(フランスパン)のどちらかに挟むか選びます。

エルサレム(イスラエル)のMaoz Falafelのメニュー

別の店で食べた時はPitaに挟みましたが、量が物足りなかったので今回はBaguetteを選択しました。

その後、肉以外の具材を選びます。

エルサレム(イスラエル)のMaoz Falafelで選べるトッピング

他の人が注文しているのを見た感じでは、どれだけ入れても料金は同じっぽかったので「(嫌いなナス以外)全部!!」と注文しました。

そして、完成したのがコレ。

エルサレム(イスラエル)のMaoz Falafelで食べたシャワルマ

写真では伝わりにくいですが、かなりデカイです。おそらく長さ30センチメートル以上はありました。

味はモチロンおいしいです!

僕はシュワルマ+レモネードを注文しましたが、合わせて47シェケル(約1,400円)でした。

エルサレム(イスラエル)のMaoz Falafelで飲んだレモネード

少し高いと思われるかもしれませんが、物価の高いエルサレムではオトク度はかなり高め。

小食な女性であれば、2人でこれぐらいの量でも充分です。

 

店はテイクアウト中心ですが、道路にテーブルが数席置かれているので、そこで食べることも可能。

ただしハエなどが飛んでくる場合があるので、キレイ好きな方は注意してください。

店舗情報 公式サイト
住所  :King George Street 19
定休日 :月曜
営業時間:朝8:00~夜22:00(金曜は朝8:00~昼14:00)
クチコミ:トリップアドバイザー

ETZカフェ(Etz Cafe)

宿泊していたホテルのフロントに、このカフェの無料コーヒーチケットが置かれていたので訪れてみました。

外観はとてもオシャレ。席は店内だけではなく外にも数席あります。

エルサレム(イスラエル)にあるEtz Cafe

まずコーヒーですが、日本で提供されるカフェラテと変わらないぐらいおいしかったです。

エルサレム(イスラエル)のEtz Cafeで飲んだカフェラテ

僕が注文したのはツナ・サンドウィッチ。

エルサレム(イスラエル)のEtz Cafeで食べたツナサンド

味もおいしくボリュームもありましたが、特筆すべき点はありません・・・

オススメはシャクシューカ(shakshouka)です。

メニューには『Traditional Israel breakfast』と書かれていました

 

シャクシューカはイスラエルの定番の朝食。

トマトベースのソースの中に卵を割り入れたシンプルな料理ですが、味・ボリュームともバッチリです。

エルサレム(イスラエル)のEtz Cafeで食べたイスラエル伝統の朝食シャクシューカ

卵が2個入っており、またパンも付いてくるので、これだけでオナカいっぱい。

2人で訪れたら、それぞれドリンクを注文+1つのシャクシューカだけでも満足できます。

シャクシューカは55シェケル(約1,600円)ですが、ボリュームを考えるとコスパはかなり高いです。

店舗情報 公式サイト
住所  :3, Jerusalem 11, Yanai
定休日 :月曜
営業時間:朝7:30~昼14:30(土曜は8:00~夕方16:00)
クチコミ:トリップアドバイザー

タイランディ(Thailandi)

イスラエルや中東の食べ物もおいしいですが、毎日食べるのはちょっとシンドイ・・・

「もっとアジアンな食べ物を!」という方にオススメなのがタイランディです。

エルサレム(イスラエル)のThailandi外観

店名のとおりタイ料理、特にパッタイをメインにしています。

パッタイ(Pad thai)は米粉を使った麺を炒めた、焼きそばのような料理です

 

通常パッタイは米粉を使った麺を使用しますが、タイランディでは卵麺も選べます。また、麺の代わりに白米や野菜を選んでもOKです。

具材も牛肉・豚肉・鶏肉、豆腐などを選ぶことが可能。

僕は米粉の麺x豚肉を注文しました。

エルサレム(イスラエル)のThailandiで食べたパッタイ

味も辛さは控えめで甘辛い味付け。

辛さが好きな人は、テーブルにあるチリソースなどで好みの辛さにアレンジ可能です。

 

料金は麺と具材の組み合わせによりますが、だいたい34~43シェケル(1,100円前後)

日本の焼きそばと比べると少し高いかな?と思いますが、量はかなり多く男性でも満足できるはず。

また、ソフトドリンクやアルコール類もありますが、タイらしくトムヤムクンがオススメ。

エルサレム(イスラエル)のThailandiで食べたトムヤムクン

僕も注文しましたが、かなり量が多いです・・・

しかし、20シェケル(約600円)とお手頃なので、2~3人でのシェアがオススメです。

お願いすればシェアするための器ももらえます

なお店内で食べることもできますが、テイクアウトも可能なのでホテルに持ち帰っても良いかもしれません。

店舗情報 公式サイト
住所  :25 Jaffa St
定休日 :なし
営業時間:朝11:00~夜23:00(金曜は朝11:00~昼14:00、土曜は夜21:00~夜23:00)
クチコミ:トリップアドバイザー

ジェイコブス・ピッツァ(Jacob’s Pizza)

今まで紹介した店は、すべて新市街にあります。

旧市街は三大宗教の聖地が集まっていますが、食事はファラフェルシャワルマなど中東の料理ばかり。

旧市街は訪れることが多いので、毎日その周辺で食べているとかなり飽きてきます・・・

そんな時はピザがオススメ。

今回紹介するジェイコブス・ピッツァはヤッフォ門近くにあり、ふらっと食べに行くにも便利。

エルサレム(イスラエル)のJacob's Pizzaの外観

ただしメイン通りからは1本入るので、少しわかりづらいかも?

ピザの種類は常時7~9種類ほどあり、1切れ単位での注文が可能です。

僕は店名にもなっている『Jacob’s Pizza』を注文。

モッツァレラチーズとバジル、スライストマトなどがのったシンプルな構成ながら、イタリアで食べるのと遜色ないほどおいしかったです!

エルサレム(イスラエル)のJacob's Pizzaで食べたピザ

値段もひと切れ17シェケル(約500円)と、かなりお手頃な料金。

旧市街で同じぐらいのボリュームのファラフェルやシャワルマを食べましたが、倍ぐらい高いです

なお、テイクアウト中心ですが、テーブル席も数席あります。

 

店員もフレンドリーな人が多い印象。

僕が訪れた時は2人分の会計が52シェケルのはずでしたが、オマケして50ドルにしてもらえるなど、『(いい意味で)おおざっぱ』な雰囲気でした。

店舗情報 公式サイト
住所  :17 Latin Patriarchate St | Jaffa Gate
定休日 :なし
営業時間:朝10:00~深夜1:00(日曜は16:00~深夜1:00)
クチコミ:トリップアドバイザー

 



スポンサーリンク

イスラエル・エルサレム名での食事

イスラエルは物価がかなり高いです。

「シュワルマと飲み物だけで簡単に済まそう」と思っても、50シェケル(約1,500円)を超えるケースが多め・・・

普通の定食屋で食べる場合も1人100シェケル(約3,000円)はカンタンに越えますが、そのぶん量が多いです。

成人男性でも食べることが難しい場合もあり、「半分の量で半額なら・・・」というのが本音でした。

 

まとめ

とにかく物価、とくに食費が高い印象のイスラエルですが、探せばコスパに優れたお店も多いです。

普段は食費を抑えつつ、たまには好きなものを思いっきり食べましょう!

 

 



スポンサーリンク