モスクワでバレエ観劇!モスクワ青年劇場のチケットの買い方や当日の流れを紹介します



 

モスクワのエンターテインメントといえばバレエが有名ですが、「いろいろ難しくて私はちょっと・・・」と思っている方もいるのでは?

しかし、心配ありません!

意外と気楽に見ることができて、言葉はわからなくても十分楽しめます。僕も最低限の知識がなくても、意外と楽しめました。

今回はバレエチケットの取得方法や当日の流れ、バレエ観劇時の注意点を紹介します。

モスクワでバレエを見られる場所

モスクワでバレエを見られる場所で、最も有名なのはボリショイ劇場。

・・・ですが、7月末から9月中旬まではシーズンオフでお休みです。日本の夏季休暇中に訪れる場合は、バッチリとシーズンオフと被ってしまいます。

しかし、心配いりません!

モスクワには、夏でも公演を行っている劇場がたくさんあります。

僕も8月にロシア青年劇場(RAMT)でバレエを観劇しました。

モスクワのロシア青年劇場

当日の流れと、チケットの取得方法を順に紹介します。

当日の流れ

バレエは夜19時から始まります。

ロシア青年劇場までは歩いて10分程度でしたが、念のため18時にホテルを出発。

しばらく外で待ったのち、18時半ごろ扉が開いて中に入れます。

モスクワのロシア青年劇場の館内

劇場内はこぢんまりしているので、迷うことはありません。

階段を登ります。

モスクワのロシア青年劇場の館内

ドアを開けて観客席へ。

モスクワのロシア青年劇場の観覧席につながるドア

内部の装飾は少なめで、落ち着いた感じ。

モスクワのロシア青年劇場の舞台

モスクワのロシア青年劇場の天井

座席の幅は十分で、座り心地が良いです。

モスクワのロシア青年劇場の座席

今回行われる演目は、定番のジゼル(Giselle)

2部構成で、1部あたり40~50分。部の間に10分程度の休憩時間があります。

時間は劇場によってさまざま。3時間近い劇場もあるようです

僕はバレエを見たのは初めて。

1部の途中、ちょっとウトウトしかけましたが、とても楽しく見ることができました。

特にクライマックスの踊りは圧巻!僕のようなシロウトにもスゴさが伝わります。

モスクワのロシア青年劇場でのバレエ観劇

モスクワのロシア青年劇場でのバレエ観劇

最後は出演者全員による、あいさつがあります。

モスクワのロシア青年劇場でのバレエ観劇

出演者が退出したら全て終わり。あとはそのまま外にでます。

バレエ観劇チケットを購入する

現地で購入する場合、劇場のチケットオフィスで購入するか、街中のカッサ(KACCA)と呼ばれるチケットオフィスで購入します。

下記はサンクトペテルブルクのカッサです(立方体の小屋みたいなところ)。

ロシア・サンクトペテルブルクのチケット売り場(KACCA)

僕は当日の昼11時ごろ、劇場のチケットオフィスで購入しました。

ただし街中のカッサは、いろいろなチケットを取り扱っており、英語表記も少なめなので購入難易度が高め。

また、ボリショイ劇場など人気のある劇場は、すぐに売り切れてしまうのでインターネットでの事前購入がオススメです。

    モスクワでのバレエ観劇チケット予約

チケット料金は1階席(パルテール)が最も高く、前列になるほど料金が高いです。

1階後列席(アンフィチアートル)や2階席(ベリエタージュ)、3階席(バルコーン)だと安めに購入できます。

2階席、3階席は見えづらいというデメリットはありますが、全体を把握しやすいメリットがあります。どちらにするかは好み次第です。

バレエ観劇時の服装

バレエ観劇と聞くと「フォーマルな服装じゃないと!」と思うかもしれませんが、ラフな服装でも大丈夫です。

僕もチノパンとポロシャツで、他の人もそれほどオシャレをしている人はいませんでした。

ただしボリショイ劇場は少し格式が高いので、少しドレスアップ(男性なら襟付きシャツ、女性ならワンピース)した方が良いです。短パンやデニムジーンズは避けてください

バレエ観劇時の注意点

バレエに限らず、観劇中は次の点に注意してください。

  • しゃべらない
  • スマホをいじらない
  • 飲食しない

その他、写真撮影はOKでしたがフラッシュはダメでした。

劇場によって異なる可能性があるので、事前に確認してください

バレエに詳しくなくても楽しめますが、事前に内容を知っておくと、さらに楽しめます。

ガイドブックやネット検索で、ざっくりと調べておけばOKです。


スポンサーリンク

まとめ

バレエは意外と気楽に楽しめるアクティビティです。

モスクワを訪れた時は、ぜひバレエにも触れてみましょう!

    モスクワでのバレエ観劇チケット予約

スポンサーリンク