ロシアの寝台列車でサンクトペテルブルク → モスクワへ移動!車内の様子を紹介します



 

ロシアは信じられないぐらい国土が広いので、都市から都市へ安く移動する場合は寝台列車が便利。

列車の料金も安く、ホテル代も節約できるので一石二鳥です!

僕もロシア観光時に2回寝台列車を利用しました。

今回はロシア国鉄の寝台列車に乗った時の様子を紹介します。

ロシア国鉄の寝台列車を利用

サンクトペテルブルク ー モスクワ間の寝台列車と言えば、通称”赤い矢号”が有名ですが、ペトロザヴォーツクに立ち寄りたかったので、ロシア国鉄の寝台列車を利用しました。

キジ島と言われて、どこにあって、何があるか思いつく人は少ないのでは? ロシアにあるキジ島最大の見どころは、木造のロシア正教会の木造教会建築群。 難点はキジ島に行くには手間がかかる&行ける時期が限定されること。 今回はキジ島の行き方と、訪れる際の注意点を紹介します。

赤い矢号であれば、サンクトペテルブルクからモスクワまで8時間程度で到着しますが、ロシア国鉄の寝台列車の場合、

  • サンクトペテルブルク → ペトロザヴォーツク :  8時間
  • ペトロザヴォーツク  → モスクワ      :14時間

と、倍以上の時間がかかります。

サンクトペテルブルク・ラドーガ(ラドーシスキー)駅の様子

ペトロザヴォーツク方面に行く寝台列車は、メトロ4号線のラドシースカヤ駅に隣接するラドーガ駅から出発しています。

ラドーガ駅はラドシースキー駅と呼ぶこともあります

外観はこんな感じ。ラドーガ駅に到着したのは夜20時近くでしたが、夏なので未だ明るいです。

ロシア・サンクトペテルブルクのラドーガ駅の外観

内部は思ったより近代的な作りです。

ロシア・サンクトペテルブルクのラドーガ駅の構内

出発までまだ2時間近くあったので、カフェで時間をつぶします。

駅に店は何店舗かありましたが、どの店もヨーロッパの国にありそうな感じでオシャレ。

寝台列車内で食事が提供されるか不明だったので、ハンバーグとコーヒーを注文。

ロシア・サンクトペテルブルクのラドーガ駅のカフェで注文したハンバーグとコーヒー

なお、駅内には自動販売機もあり、水やソフトドリンク、スナック類が販売されています。

ロシア・サンクトペテルブルクのラドーガ駅の自販機

寝台列車の車内の様子

海外の鉄道は”絶対定刻通りに来ない”という印象がありますが、意外と?定刻通りに来ました。

寝台列車は一日に数本あるようですが、僕が乗ったのは22時出発の便。

2階建ての寝台列車もあるようですが、僕が乗ったのは1階建てです。

ロシア国鉄の寝台列車

列車に乗り込む際、パスポートのチェックがあります。

内部は廊下+個室という作り。トイレは共同です。

ロシア国鉄の寝台列車の車内

部屋は値段によって異なりますが、僕は4人部屋でした。値段は上がりますが2人部屋もあります。

写真がイマイチなので分かりづらいですが、両端に2段ベッドがあり、中央に小さなテーブルがあります。

ロシア国鉄の寝台列車の室内

ベッドの大きさはシングルベッド程度。意外と寝心地が良いです。

食事はちゃんと提供されました。・・・が、それほどおいしくありません。

こちらが夕食。パンとちょっとしたオカズのセットです。

ロシア国鉄の寝台列車での夕食

その他、コーヒー or 紅茶が提供されました。

朝食はこちら。ほぼパンです。

ロシア国鉄の寝台列車での朝食

ペトロザヴォーツクには、朝の6時半に到着しました(所要8時間30分)。

ペトロザヴォーツクからモスクワもほぼ同じ。

出発は19時05分、到着は朝9時です(所要時間14時間)。

朝食は同じくパンでしたが、夕食のオカズが少し違ってました。

ロシア国鉄の寝台列車での夕食

ペトロザヴォーツクからモスクワへの寝台列車は、レニングラード(Leningrad)駅に到着します。

ロシア・モスクワのレニングラード駅のプラットフォーム

同室となるのはこんな人

部屋は国籍・性別関係なく割り当てられます。

寝台列車が楽しいかどうかは、同室となった人次第。参考として、僕が同室となった人を紹介します。

■サンクトペテルブルク → ペトロザヴォーツク
僕と奥さんのほか、ロシア人男性が2人いました。

2人はとってもフレンドリー。ただし、ロシア語しか話せません。しかし、どこからかロシア語と英語を話せる人を連れてきました。僕がロシア人と会話する時は、

  僕(日本語のみ)
    ↓
  奥さん(英語が話せる。日本語⇒英語に翻訳)
    ↓
  ロシア人の友人(英語⇒ロシア語に翻訳)
    ↓
  同室のロシア人(ロシア語)

と、かなり面倒な感じ・・・

でも楽しく過ごせました。ロシア人2人は仕事で来ていたようです。

難点はイビキがうるさかったこと。豪快でした・・・

■ペトロザヴォーツク → モスクワ
若い男女と同室でした。おそらく恋人?夫婦?

ただ、それほど交流を持ちたくないようだったので、最低限の会話のみでした。

寝台列車を予約

ロシア国鉄のチケットは公式サイトから予約可能です。

    ロシア国鉄のチケット予約(公式サイト)

英語表記ですが、一部ロシア語のままの場所もあって少しわかりづらいかも。

自分では無理・・・という方は、アレンジ旅行会社に相談してみましょう。

    アレンジ旅行会社・旅工房(公式サイト)


スポンサーリンク

まとめ

寝台列車はとても時間がかかりますが、旅情を感じられます。

時間があって、現地の人と交流したいときは寝台列車の利用を検討しましょう!

スポンサーリンク