セーヌ川クルーズでパリの街並みを堪能!ディナーやランチ付きプランもあるよ

パリはエッフェル塔やルーヴル美術館など、見どころがいっぱい!

たっぷりと堪能した後は、セーヌ川クルーズで別の角度から眺めてみませんか?

僕もパリ滞在最後の思い出として、セーヌ川クルーズに参加してしました。

今回はセーヌ川クルーズの種類や見どころ、参加する方法を紹介します。

セーヌ川クルーズとは

セーヌ川クルーズとは、パリを分断するように流れるセーヌ川を、船に乗ってゆったりと眺めよう!というアクティビティです。

セーヌ川の流れに身をゆだね、ゆったりと観光できるので観光客のみならず、現地の人にも大人気です。

フランス・パリのセーヌ川クルーズ

 

セーヌ川クルーズ体験記

セーヌ川クルーズはバトー・ムッシュ(Bateaux Mouches)バトビュス(Batobus)バトー・パリジャン(Bateaux Parisiens)など、さまざまな会社が運営。

このうち、僕が参加したのはバトー・パリジャンが運営するセーヌ川クルーズです。

フランス・パリのセーヌ川クルーズの案内板(バトー・パリジャン)

今回はバトー・パリジャンが運営するセーヌ川クルーズについて紹介します。

他の会社が運営するセーヌ川クルーズも、ほぼ同じ流れです

 

クルーズ船乗り場はパリ市内に複数ありますが、僕が乗ったのはエッフェル塔のすぐ近く。

エッフェル塔近くからは、数種類のクルーズの停留所があります。

こちらはバトビュス乗り場。

フランス・パリのセーヌ川クルーズのクルーズ船乗り場(バトビュス)

バトー・パリジャンのクルーズ船乗り場はこんな感じ。

思ったより、ちゃんとした駅です。クルーズのチケットも購入可能です。

フランス・パリのセーヌ川クルーズのクルーズ船乗り場(バトー・パリジャン)フランス・パリのセーヌ川クルーズのクルーズ船(バトー・パリジャン)

クルーズ船の内部は意外と広く、100人以上座れそう。席は決まっておらず、好きな場所に座ればOKです。

フランス・パリのセーヌ川クルーズのクルーズ船(バトー・パリジャン)フランス・パリのセーヌ川クルーズのクルーズ船(バトー・パリジャン)

どこに座ってもOKですが、おすすめは最前列両端のどちらか。

・・・というか、その2カ所以外に座ってしまうと何も見えません。

両端の席はこんな感じ。

フランス・パリのセーヌ川クルーズのクルーズ船(バトー・パリジャン)

それほど広くなく、セーヌ川の片側しか見られませんが、往復するので大丈夫です。

 

プランはさまざまありますが、遊覧クルーズの場合、1時間かけてセーヌ川をぐるっと回って出発した停留所まで戻ります。

プランの種類は後述します

遊覧クルーズではセーヌ川を往復しますが、セーヌ川沿いにある次のような建物を見ることができます。

  • エッフェル塔
  • ルーブル美術館
  • シャイヨー宮
  • グラン・パレ
  • アンヴァリッド
  • ノートルダム大聖堂
  • コンコルド広場
  • 国民議会

どれも有名な建物ですが、地上から見るのとは違う角度から見られます。

フランス・パリのセーヌ川クルーズでの風景(エッフェル塔)フランス・パリのセーヌ川クルーズでの風景(ルーブル美術館)フランス・パリのセーヌ川クルーズでの風景(国民議会)

エッフェル塔のライトアップを見逃すな!点灯時間とオススメの見物場所はココ!!
エッフェル塔といえばフランス・パリでも特に有名な建築物。 そのままの姿でも美しいエッフェル塔ですが、ライトアップすると美しさが5割増し。さらに宝石のように輝くシャンパンフラッシュが行われる時間帯は必見です! 今回はエッフェル塔、およびライトアップ&シャンパンフラッシュの時間帯を紹介します。
ルーブル美術館に並ばずスムーズに入場!ミロのヴィーナスもひとり占めで鑑賞!!
ルーブル美術館は、世界でも最大級の博物館。 展示されている絵画・彫刻も美術の教科書に載っているものばかり。 混むのが難点ですが、あまり並ばずに入場できる方法があります! 今回はルーブル美術館の見どころや、並ばずに入れる方法を紹介します。

 

有名な建物を見るのも良いですが、セーヌ川に架かる橋をみるのも楽しいです。

とくに橋の裏側は、普段は絶対に見ることができないので必見です!

木材を使った橋もあり、歴史を感じさせてくれます。

フランス・パリのセーヌ川クルーズでの風景(橋の裏)フランス・パリのセーヌ川クルーズでの風景(橋の裏)フランス・パリのセーヌ川クルーズでの風景(橋の裏)

また、クルーズ船に乗って、ゆったりと行き交う人を見るのも楽しいです。

歌う人やパラソルの下でくつろぐ人がいたり・・・

フランス・パリのセーヌ川岸で歌う男性フランス・パリのセーヌ川岸でくつろぐ人々

こちらに手を振ってくれる人も。

フランス・パリのセーヌ川岸で手を振る人々

なお、クルーズのはじめに携帯電話型の端末が貸し出されます。

フランス・パリのセーヌ川クルーズ(バトー・パリジャン)

見どころを教えてくれるので、見逃すことはありません!

また、船といえば船酔いが心配かもしれませんが、乗り物酔いしやすい僕でも大丈夫だったので、ほとんどの人は問題ないと思います。

 

さまざまなプランが用意されています

僕が参加したのは、1時間かけてセーヌ川を遊覧するプランですが、その他にもいろいろなプランが用意されているので紹介します。

バトーパリジャンのプランを紹介しますが、他の運営会社のクルーズでも似たプランがあります

遊覧クルーズプラン

食事は付いておらず、遊覧のみのプランです。

料金は大人(12歳以上)なら15ユーロ。子供(3~11歳以下)は7ユーロ、2歳以下は無料です。

時期により多少前後しますが、10:00~23:00の間に30分おきに運行しています。

ランチ付きクルーズプラン

クルーズしながら昼食を楽しめるプランです。

ランチは3品(前菜・メイン・デザート)とドリンク(食前酒、ワイン、ミネラルウォーター、コーヒー)が付いており、ライブ演奏を楽しみながら食事できます。

出発は昼12時45分で、所要時間は2時間。

料金はプランによって異なりますが、大人の場合59~89ユーロです。

ディナー付きクルーズプラン

クルーズしながら、夜景と夕食を楽しめるプランです。

3品(前菜・メイン・デザート)と、ドリンク(食前酒、ワイン、ミネラルウォーター、コーヒー)が付いており、ライブ演奏を楽しみながら食事できます。

出発は夜18時、20時30分、21時で、所要時間は2時間30分。

料金はプランによって異なりますが、大人の場合69~205ユーロです。

・食事やドリンクの内容はプランによって異なります
・子供(12歳以下)はキッズメニューです

 

それぞれのプランの詳細については、下記の公式ページをご覧ください。

  》》バトー・パリジャンの詳細(公式サイト)

フランス・パリのセーヌ川クルーズ(バトー・パリジャン)の案内板

また、運行会社によっては乗り放題のプランもあります。

 

パリ発着ツアーでの申し込みがオススメ

食事が付いていないプランなら、当日申し込んでも少し待てば乗ることができます。

ただし、時間が限られている場合や食事付きプランの場合は、事前予約がオススメ。

その他の観光が付いていたり、現地までの送迎が含まれる場合もあり、時間を有効に使えます。

  》》セーヌ川クルーズのさまざまなプランを見る

 

バトーパリジャンについて

運行時間

年中無休で運行しています。

服装

遊覧クルーズの場合、Tシャツに短パン、サンダルでOKです。

ただし、ランチ or ディナー付きプランの場合は、少しドレスアップした方が良いです。

女性ならワンピース、男性なら襟付きシャツ+ジャケットなど、少しカッチリした服装がオススメ。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

また、夏季でも夜は少し冷える場合があるので、羽織れる薄めの上着やストールがあると便利です。

 


スポンサーリンク

まとめ

ゆったりとセーヌ川に身をゆだねながら、パリの風景を楽しむのは、とても優雅なひとときです。

パリ滞在の締めくくりとして、楽しみましょう!

 

スポンサーリンク