台湾旅行の前に最低限知っておきたい情報



 

台湾は安い旅費・おいしい食べ物・安全・親日と、海外旅行には最適な国。

「はじめての海外旅行は台湾!」という人も多いのでは?

今回は台湾を旅行する時に、前もって知っておきたい最低限の情報を紹介します。

基本情報

正式名称    中華民国(Republic of China)
首都      台北
国番号     886
通貨単位    ニュー台湾ドル(セント)
チップ     不要
言語      中国語 / 先住民族語 / 日本語
電圧      110V
周波数     60Hz
日本との時差  -1時間
サマータイム  なし

国旗

通称「青天白日満地紅旗」と呼ばれています。

使用されている3色は孫文の三民主義に由来しており、それぞれ下記の意味があります。

  • 青色:民権主義・自由
  • 赤色:民族主義・血・友愛
  • 白色:民主主義・平等

また、左上の太陽みたいな紋章は、絶え間ない進歩を象徴しています。

ビザの要/不要

90日以内、および観光目的の滞在であればビザは不要です。

台北(Taipei)について

都市の概要

台北は、日本の地方都市と同じぐらいの大都会。

街の中心地は台北駅付近で、駅近くにある忠孝東路/西路と中山北路/南路が交わるあたりが最もにぎやか。

台湾・台北の台北駅

台湾・台北の台北駅付近

グルメと雑貨を楽しみたいなら永康街がおすすめ。

小籠包の名店として知られる鼎泰豐の本店もこのあたりにありますが、その他にも安くておいしい店がたくさん。また、古い町並みが残っているので散策も楽しめます。

台湾・台北の永康道

西門町は、原宿や渋谷にあたる若者の街。

ここにはカジュアルな服や雑貨、映画館、ゲームセンターなど、若者が楽しめそうな店がいっぱい。日本のアニメグッズも人気があり、さまざまなアイテムが売られています。

台湾・台北の西門町

ショッピングを楽しみたいなら頂好がおすすめ。

大きなショッピングセンターやファッション関連の店が立ち並んでおり、オシャレな人がいっぱい。

台湾・台北の太平洋SOGO

おもな観光地

台北一のランドマークは高さ509.2メートルの台北101。年越しの瞬間は塔から盛大な花火が打ち上げられることでも知られています。

台湾・台北の台北101

台北101について、下記の記事で詳しく紹介しているのでご覧ください。

台北101は日本人にも人気の観光地、台北の中でも人気の観光地。 台湾で最も高い建築物だけあって、登れば遥か先まで見渡せます! 今回は台北101の行き方・入場方法・内部の様子を紹介します。

中正紀念堂は、かつて台湾を治めていた初代総統・蒋介石に対して哀悼を込めて建てられました。

台湾・台北の中正紀念堂

正門のアーチの間に見えるのが紀念堂。

小さく見えますが、高さは70メートルもあります。この紀念堂の中には蒋介石の座像が飾られており、正時(12時00分、13時00分・・・)には像の前で衛兵交代式が行われます。

忠烈祠は、抗日戦争や共産党軍との内戦により亡くなった戦没者の霊を祀っています。ここでも正時に衛兵交代式が行われます。

台湾・台北の忠烈祠

かつて台湾は日本に統治されていましたが、その時の総統府がこちら。

バロック様式で造られた赤レンガの外観がオシャレです。

台湾・台北の総統府

故宮といえば北京にある故宮博物院がありますが、台北にも別館ともいえる国立故宮博物院があります。

国立故宮博物院は、満州事変(1931年)により北京の故宮博物院の展示物が破壊されることを恐れて収蔵物の多くを別の場所に退避しました。

このうちの一部が、北京の故宮に戻らずに台湾の国立故宮博物院に展示されることになりました。

台湾・台北の国立故宮博物院

最大の見どころは石で作られた白菜と豚の角煮。

なぜこんなものを作ったのか疑問を覚えますが、石とは思えないほど精巧でおいしそうです。

もし占いに興味があれば、行天宮龍山寺がお店が多いのでオススメ。

台湾・台北の龍山寺

また、台北の郊外にある九份もノスタルジックな風景が人気です。

台北での交通

台北市内の移動は地下鉄が便利。主要観光地を結んでいます。

台湾・台北のMRT

使い方は日本とほぼ同じですが、チケットはトークンと呼ばれるコインです。

台湾・台北のメトロのチケット

形状だけ見ると、自動販売機みたいにコインを投入すると思いがちですが、実際は改札の右手部分にかざします。

ただし降りるときは、自動販売機のようにコインを穴に投入してください。

日本から台北の移動

日本から台北中心部に移動する方法は次の通りです。

1.日本から台北へ移動(飛行機)
出発地や乗り継ぎの有無にもよりますが、だいたい3~5時間かかります。

日本の各都市からの直行便も数多く飛んでいます。

2.空港から台北中心部へ移動
台北の桃園国際空港から市内中心部に移動する方法は、MRTやエアポートバスなどさまざま。

市内への行き方は下記の記事をご覧ください。

台湾の台北は日本からも近く、グルメや占い、雑貨店めぐりなど楽しみがいっぱい! 親日国でもあり、旅行しやすい国です。 台北の空の玄関口は桃園国際空港。台北市内まで移動する方法はいくつかありますが、それぞれの利点・欠点とオススメの方法を紹介します。

台湾の食事

台湾と言えばやっぱり小籠包がおすすめ。鼎泰豐の他にもおいしいお店が数多くあります。

台湾と言えばやっぱり小籠包。 安くて、ヘルシーで、おいしくて言うこと無しですよね。 しかし台北には、おいしい食べ物がまだいっぱいあります! 今回は台北で見つけた小籠包&そのほか名物の、おいしいお店を紹介します。

また、台湾の人は夕食は自宅で作るのではなく外食が中心。このため、台湾には食事できる屋台や雑貨が集まった夜市という場所があります。

”夜市”の名の通り夜に開く店が多いです

もちろん台北市内にも数多くありますが、このうち僕が訪れた2カ所を紹介します。

■士林夜市
台北ナンバーワンの規模の夜市はココ。数えきれないぐらいの屋台が立ち並び、お店が集まった2階建ての建物もあります。

台湾・台北の士林夜市内部

それぞれの料理の値段もとても安価!よくある料理は下記。左からすり身の入った麺、牡蠣(かき)オムレツ、臭豆腐。

台湾・台北の士林夜市の麺、牡蠣オムレツ、臭豆腐

臭豆腐は本当に臭いです。

苦手だけど食べてみたい・・・という方は、生よりも揚げた方がニオイ抑えめなので、そちらをおすすめします。

また、食べ物の屋台以外もあります。たとえば下記はエビ釣りというゲーム。釣ったエビはその場で焼いてもらえます。

台湾・台北の士林夜市のエビ釣り

■華西街観光夜市
華西街は龍山寺の近くにあります。

普通の食べ物もありますが、この夜市はゲテモノ系を扱っていることでも有名。

台湾・台北の華西街観光夜市

アーケード街には蛇専門店もありました。

台湾・台北の華西街観光夜市の蛇料理専門店

蛇専門店は2018年に閉店したようです

なお少し治安が悪いので夜遅くに、特に女性は1人で歩かないようにしてください。


スポンサーリンク

台湾観光を計画

台湾を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

航空券を予約する
台湾のホテル予約
台湾国内の現地ツアー
台湾を訪れるパックツアー

台湾旅行の準備

・ガイドブックを探す

    楽天市場で探す
    Amazonで探す

スポンサーリンク