ペルー・クスコの空港から市内への移動方法。ストライキによる影響も考慮すべし!

 

ペルー・クスコは、インカ帝国の名残を感じられる都市であり、世界遺産マチュピチュへの玄関口でもあります。

このため、世界中から観光客が押し寄せますが、空港からクスコ市内への移動方法は限られています。とくにストライキ中は大変です・・・

今回は、空港からクスコ市内へのオススメ移動方法を紹介します!

アレハンドロ・べラスコ・アステテ空港からクスコ中心部への移動方法

クスコのアレハンドロ・べラスコ・アステテ空港(Aeropuerto Internacional Alejandro Velasco Astete )は、ペルーのクスコ中心部より4キロメートル南にあります。

マチュピチュ観光の拠点となるので、世界中から観光客が訪れますが空港は意外と小さめ。

ペルー・クスコのアレハンドロ・べラスコ・アステテ空港

また、標高3,310メートルの高地にあるので、高山病対策でコカの葉が置かれています。

コカの葉

空港からクスコ中心部のセントロ(アルマス広場周辺)に行くにはタクシーやバス、空港送迎サービス利用などの方法があります。

それぞれのメリット・デメリットを紹介します!

タクシーを利用

空港ターミナルを出ると、たくさんのタクシーが待機しています。

コチラから声をかけなくても向こうから声をかけてきますが、だいたい割高な料金を言われるので空港の敷地外に出て、流しのタクシーを拾った方が料金は安くなります。

荷物が多かったり、早朝・深夜の場合は料金が加算されます

空港からセントロまではだいたい15分かかります。

 

タクシー利用のメリットは、ホテルの目の前まで行ってくれること。

大きな荷物を持っていると、やっぱり楽です。

ただしアルマス広場には車の乗り入れができないので、広場に面したホテルに宿泊しているときは近くの道路までしか入れません。

ペルー・クスコの街角
ペルー・クスコのアルマス広場付近 ペルー・クスコのアルマス広場に面するカテドラル

 

デメリットは料金の高さ。

ボッタクられることも多いので、事前交渉が必須です。

また、早朝・深夜はタクシーの台数が少なくなり、タクシー強盗もまれにいるので安全面ではすこし不安があります。

バスを利用

空港前の広場(バス停があります)からセントロまでのバスが運行しています。

セントロまでの所要時間はだいたい25分です。

 

バス利用のメリットは料金の安さ。

タクシーや空港送迎サービスと比較すると、大幅に安いです。

デメリットはバス停で降りてからのホテルまでの移動が大変なこと。

クスコの道は迷路のように入り組んでいる場所もあり坂も多いので、大きなスーツケースを持って移動するのはかなり大変です。

また、早朝・深夜はバスが走っておらず、夜は治安が悪い時もあるので注意が必要です。

空港送迎サービスを利用

空港送迎サービスは空港の到着フロアを出たところで待機しており、あなたと合流したのちホテルまで送り届けてくれるサービスです。

海外旅行に行くなら空港送迎サービスが超便利!利用方法と便利ポイントを紹介!!
空港からホテルに移動する場合、地下鉄やタクシーなどいろいろな交通手段がありますが、都市によっては空港送迎サービス利用がオススメ。 今回は空港送迎サービスのメリットや使い方を紹介します! 空港送迎サービスとは 空港送迎サービスとは、...

 

空港送迎サービスのメリットは、ホテルの目の前まで連れて行ってくれること。

大きなスーツケースを持っていると、とても楽です。

また、タクシーがあまり待機していない早朝・深夜に到着しても送り届けてくれます。

デメリットは料金の高さ。タクシーと比べても少し高めです。

ただし身元がハッキリしているので、ボッタクられたり、身の危険を感じるような心配はありません。

  》》アレハンドロ・べラスコ・アステテ空港からホテルまでの空港送迎サービス

 

ストライキにより影響を受けることも・・・

南米はストライキがひんぱんに起こります。

僕が訪れた時もかなり影響を受けました・・・

ストライキ地獄・・・マチュピチュ&クスコで悩まされる。対応策は?
ストライキって知ってますか? 言葉は知っているけれど、実際に遭遇したことがない人がほとんどではないでしょうか? 断言しますが遭遇しない方が良いです! 僕は2017年7月にマチュピチュ観光に訪れた時に遭遇しました(それも2回・・・)...

僕が訪れた時は、ストライキにより市内中心部と空港をつなぐ道が封鎖。

僕は市内中心部から空港への移動時にタクシーが使えなくなり、かなり困りました・・・

迷っている時間がない(飛行機の搭乗時間に間に合わない)ので、空港まで徒歩での移動を選択せざるを得ず。

地図上では1時間ちょっとあれば到着できるはずでしたが、地面が石畳の場所も多く大きなスーツケースを転がしての移動はかなり大変でした・・・

ペルー・クスコの街角

しかし、10分ていど歩いたところで未認可タクシー(白タク)に声をかけられたので、やむなく利用しました。

運賃も比較的安かったです

 

オススメの移動方法

オススメの移動方法は空港送迎サービス一択です。

南米の中ではクスコは比較的安全な都市ですが、それでも日本と比べると危険度高め。

また、僕のようにストライキが発生した時の影響も考えると、タクシーよりも空港送迎サービスの方が望ましいです。

  》》アレハンドロ・べラスコ・アステテ空港からホテルまでの空港送迎サービス

 

まとめ

南米は日本と比べるとかなり危険な都市が多いです。

料金の安さも大事ですが、まずは身の安全を重視して選びましょう!

 

 

スポンサーリンク