日本のパスポートの強さは世界一ィィィィ!!強いことによるメリットは?

 

ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)が発表したパスポート・ランキングで、日本がナンバーワンに輝きました!

聞いた時は「パスポートの強さって何?」と思いましたが、とにかくめでたいです。

今回はパスポートの強さの基準や、パスポートランキングの詳細を紹介します。

パスポートとは?

そもそもパスポート(旅券)とは、あなたが海外を訪れた際に身分を証明する公文書のことであり、海外旅行では命の次に大切なものです。

日本人が持つパスポートには、有効期限(5年 or 10年)に応じて次の2種類があります。

パスポート5年用&10年用

パスポートの詳細、および取得方法については次の記事をご覧ください。

パスポート申請・増補方法と海外旅行中にパスポート提示が必要な場面
海外旅行はツアー旅行・個人旅行どちらでもパスポートが必要です。 お金を持っていなくても海外に行くことは可能ですが、パスポートを所持していない場合は日本から出ることすらできません。 海外で自分の身分を保証してくれる大切な書類ですので、海外旅行に行くことが決まったら真っ先に取得しましょう。 今回はパスポートを使用する場面と、パスポートの取得方法について紹介します。

 

パスポートの強さとは?

パスポートの強さとは、ビザなしで入国できる国の数です。

ビザ(査証)とは、日本以外の国に入国する前の一次審査みたいなもの。絶対行われるのではなく、国同士が仲が良ければ免除されます。

ビザなしで入国できるということは、国として信用されており、国同士の仲が良いということでもあります。

ビザについての詳細は、次の記事をご覧ください。

海外旅行に必要なビザ&電子入国許可証とは?持っていないと入国できないかも!?
海外旅行に行く場合は、パスポートと航空券が必須。 ただし、訪れる国によってはビザ(VISA)や電子入国許可証と呼ばれる証書を持っていないと入国できない場合があります。 ビザという言葉は知っていても、漠然としたイメージしかない方も多いのでは? 今回は改めてビザと電子入国許可証の概要を紹介します。

 

2018年パスポート強さランキング

今回のパスポート・ランキングは、居住について取り扱っている国際的なコンサルティング会社・ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)により発表されました。

今回のパスポート・ランキングは国際航空運送協会(IATA)のデータに基づいています

2018年度のランキングは次の通りです。

 

5位:185カ国

  • ベルギー
  • カナダ
  • デンマーク
  • アイルランド
  • スイス

4位:186カ国

  • オーストリア
  • ルクセンブルク
  • オランダ
  • ノルウェー
  • ポルトガル
  • イギリス
  • アメリカ

3位:187カ国

  • フィンランド
  • フランス
  • イタリア
  • 韓国
  • スペイン
  • スウェーデン

2位:188カ国

  • ドイツ
  • シンガポール

 

1位:189カ国

  • 日本

 

前回の調査ではシンガポールと並んで同率1位でしたが、ベナン共和国が日本に対するビザを緩和したため、単独1位となりました。

上記以外のアジアの国では香港が16位(169カ国)、マカオが29位(143カ国)、中国が68位(70カ国)、北朝鮮が92位(43カ国)です。

なお、ランキングされている国の中での最下位(100位タイ)は、アフガニスタンとイラクの30カ国です。

 

パスポートが強いことによるメリット

パスポートが強いことによる最大のメリットは、

 手軽に海外旅行に行ける

これに尽きます。

国交があるのはもちろんですが、ビザが必要なければパスポートと現地までの交通手段さえ確保されていれば、気軽に旅行できます。

「よし行こう!」と思っていても、ビザ取得にお金と時間がかかってしまうと「やっぱり行くのは辞めよう・・・」と心変わりするケースもありますよね。

 

まとめ

日本のパスポートは世界一の強さですが、残念ながら取得率は4人に1人。

せっかく手軽に海外旅行を楽しめるのに、もったいないです!

パスポートを持っていない人も、ぜひ保有しましょう。

 

 

スポンサーリンク