インカコーラはペルーでコカコーラを越える人気!全く違う味にビックリ

 

日本でコーラといえば「コカ・コーラ」「ペプシコーラ」の2つが人気。

世界的に見てもこの2つの人気が高いですが、ペルーでは「インかコーラ」が一番人気です。

僕もペルーを訪れた時に飲みましたが、他のコーラとは全く異なる味でした!

今回はインカコーラの歴史や味などを紹介します。

インカコーラとは

インカコーラ(Inca Kola)は南米・ペルーで大人気のコーラです。

ペルーでは、なんとコカ・コーラを抑えてシェアNo1。

歴史は古く、1935年にペルーの首都であるリマ市の建設400周年を記念して発売されました。

ペルーにコカ・コーラが進出したこともありますが、結局インカコーラの牙城は崩せませんでした・・・

結局1999年にコカ・コーラ社がインカコーラの権利を持つリンドレー社に出資し、インカコーラの製造販売権を取得することに。

これは「もうインカコーラには勝てない・・・」と白旗をあげたのと同じです。

アメリカではゴールデンコーラという名前で販売されています

 

また、ペルー最大の空港であるホルヘ・チャベス国際空港の壁面には、巨大なインカコーラの広告がありました。

ペルーのホルヘ・チャベス国際空港の荷物受取所の壁のインカコーラの広告

日本でいえば日本茶にあたるような、国を代表する飲み物と言えるかもしれません。

 



スポンサーリンク

インカコーラの特徴

最大の特徴は色。

通常コーラは黒色、まれに透明のコーラが売られていますが、インカコーラは何と黄色。

想像以上に黄色で、僕も初めて見た時はオドロキました・・・

コップに入ったインカコーラ

昔はレモングラスを用いて着色されていたそうですが、現在は着色料が用いられています。

 

コカ・コーラとの違い

コカ・コーラと比較すると色が全く異なりますが、成分もかなり異なります。

まずコカ・コーラの成分はこちら。

果糖、カフェイン、香料、着色料、保存料、酸味料

 

そしてインカコーラの成分はこちら。

砂糖、カフェイン、香料、カラメル色素、炭酸、酸味料

甘みを決定する糖類が異なっていたり、香料や着色に用いるものも違っているのでトータルしてみると味・見た目ともに大きく異なる印象です。

 



スポンサーリンク

インカコーラの味は?

僕もペルーを訪れた時に購入してみました。

ペルーで購入したインカコーラ

飲んでみた最初の印象は「炭酸の入った栄養ドリンク」という感じ。

コカ・コーラの味を想像してから飲むと、かなり戸惑います・・・

少しクセは感じますが、意外と?美味しかったです。むしろ南米の雰囲気・料理にはこっちの方が合っているかな?と感じました。

コカ・コーラと比べると炭酸も弱めなので、炭酸がニガテな人でも大丈夫です。

 

ペルー国内で購入できる場所

ペルー国内であれば、どこでも売っています。

スーパーマーケットはもちろん、小さな商店でも売っているので見つけるのは容易。

日本でコカ・コーラを探すぐらいの難易度で見つかります。

 



スポンサーリンク

ネットショップでも購入できます!

ペルーではカンタンに購入できますが、日本では入手しずらいのが難点。

カルディやドン・キホーテの一部店舗で売っていることがあるらしいですが、僕は今まで見かけたことはありません。

しかし、Amazon楽天市場などのネットショップで購入できます!

 

まとめ

コーラという名前ですが、味はかなり違います。

値段も安いので、コーラ好きなら一度は試してみましょう!

 

 



スポンサーリンク