カサ・ミラはガウティ建築の傑作!現在も住んでいる人がいるらしい・・・

 

スペイン・バルセロナはガウディ建築の宝庫ですが、今回紹介するカサ・ミラもその一つ。

今も住んでいる人がいる集合住宅ですが、外装・内装ともガウディ独自の感性が爆発しています!

今回はカサ・ミラの見どころと、優先入場チケットについて紹介します。

基本情報

カサ・ミラ(Casa Mila)は、スペインのバルセロナにある集合住宅。実業家のペレ・ミラの邸宅として建設され、1910年に完成しました。

カサは”家・邸宅”という意味を持っておりカサ・ミラは『ミラさんの家』という意味です。

設計は、独特な感性を持つ建築家アントニ・ガウディ(Antoni Gaudi)

ガウディ建築9選+α!スペイン・バルセロナは街中ガウディ!!
芸術の街と言われるスペイン・バルセロナを語るうえで外せないのがガウディ建築。 世界中にココだけ!という、特徴的な建物がいっぱいです!! 今回はバルセロナ市内にある、ガウディ建築およびガウディ建築の特徴を紹介します。 ガウディの基本...

カサ・ミラ最大の特徴は直線部分が一切なく、曲線のみで構成されていること。そのため、有機的な印象を受けます。

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ

また、カサ・ミラは石を積み上げたような外観から、”石切り場”という意味をもつ『ラ・ぺドレラ(La Pedrera)』とも呼ばれています。

カサ・ミラは柱梁構造と呼ばれる構造で、レンガの柱・石灰岩の円柱・鉄骨から構成されており、外部は石張りとなっています。

 

見どころ

まずは外観から。

下から見上げるとウネウネとした外観もスゴイですが、バルコニー部分の鉄製?の手すりが芸術的すぎて、良くわからない状態です。

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ外観

カサ・ミラは筒状の構造となっており、建物の真ん中に吹き抜けがあります。

外から見えない場所ですが、ここでも窓の外の手すりがウネウネ。

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ内部(吹き抜け)スペイン・バルセロナのカサ・ミラ内部(吹き抜け)

建物内部に入ると、まず目に入るのが大階段。これを登って上階へ行きます。

天井には、シャガールっぽいタッチの花の絵。

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ内部(階段)

上階へ行くには階段でも行けますが、エレベーターもあるので心配ありません!

上階は住居スペースとなっており、ブルジョワの家が再現されています。

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ内部(再現したブルジョワの家の家事室)スペイン・バルセロナのカサ・ミラ内部(再現したブルジョワの家のキッチン)スペイン・バルセロナのカサ・ミラ内部(再現したブルジョワの家の洗面・キッチン)

床のタイルもちょっとオシャレ。

スペイン・バルセロナのカサ・ミラのタイル

絶対に見たいのが屋上。

今までも十分に奇抜でしたが、屋上はとくにガウディの感性が爆発しています!

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ屋上

これは煙突。山の尾根から突き出ている峰々を表現しているそうです。

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ屋上(煙突)

また、屋根裏には博物館があります。

博物館にはカサ・ミラの全体像が分かる模型や、ガウディが設計したイスが展示されています。

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ内部に展示されている模型スペイン・バルセロナのカサ・ミラ内部に展示されているガウディが設計したイス

 

優先入場チケットがあれば入場もカンタン

スペイン屈指の観光地であり、人数制限があるので観光シーズンには長時間並ばなければ入れないことも・・・

時間を有効に使うためにも、事前に優先入場チケット(ファストパス)の購入がオススメです。

  》》カサ・ミラの優先入場チケットを入手する(Voyagin公式)

カサ・ミラまでの移動に不安があったり、他の観光地を合わせて巡りたい場合は現地ツアーへの参加が便利です。

  》》カサ・ミラを訪れるバルセロナ発着ツアー

 

ナイトツアーもあります

夜にカサ・ミラ内部を見学できるナイトツアーも人気です。

開催されるのは時期によって異なりますが、2月下旬から11月上旬、年末年始は夜21時~23時。それ以外は夜19時~21時です。

スペイン・バルセロナのカサ・ミラ外観(夜)

 

まだ人が住んでいます

カサ・ミラは世界遺産ですが、なんと住んでいる人がいます。

家賃は驚きの1200ユーロ(約15万円)

バルセロナ中心部&床面積は300平方メートル以上、おまけに世界遺産に認定されていると考えると破格の安さです。

 

相場からすれば1/10ですが、理由があります。

それは、建造当時は家賃の高さや内装・外装の奇抜さから全く人気が無かったため、”借りてくれれば、今後3世代は値上げしない”という条件を付けたため。

その後なんとか借り手が見つかり、現在でも数世帯住んでいるそうです。

 


スポンサーリンク

行き方

カサ・ミラはスペイン・バルセロナの中心部にあります。

最寄りの地下鉄駅は3号線、および5号線のディアゴナル駅(Diagonal)。駅を出てすぐの場所にあります。

同じくガウディ建築のカサ・バトリョもすぐ近くにあります。

カサ・バトリョはガウティ建築の傑作!先進のVRガイドが便利!!
スペイン・バルセロナはガウディ建築の宝庫ですが、今回紹介するカサ・バトリョもその一つ。 海をテーマにした邸宅は、外装・内装ともガウディ独自の感性が爆発しています! 今回はカサ・バトリョの見どころと、優先入場チケットについて紹介し...

 

バルセロナのエル・プラット空港から、市内中心部への移動方法はこちらをご覧ください。

エル・プラット空港からバルセロナ市内への移動方法4パターン。オススメはコレ!
スペインのバルセロナはガウディ建築をはじめとした、観光名所がいっぱい! 食事もおいしく、日本人に大人気の観光地です。 バルセロナの空の玄関口はエル・プラット空港。バルセロナ市内まで移動する方法はいくつかありますが、それぞれのメリ...

 

観光についての注意点

入館料について

僕が訪れた時は22ユーロでした。

学割だと16.5ユーロです。

休館日・営業時間について

基本的に無休ですが、1月中旬の1週間、および12月25日は休館日です。

営業時間は季節によって異なりますが、だいたい朝9:00~夜20:30まで。ただし11月上旬から2月下旬の間は夜18:30までです。

所要時間について

だいたい2時間ぐらいです。

トイレについて

内部にあります。

売店について

みやげ店があります。水や食べ物は売られていませんが、周囲には店が多いので手に入れることはできます。

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

バルセロナの中心部にあるので、個人でも訪れやすいです。

ただし他の観光地と合わせて、効率的に巡りたいならバルセロナ発着のツアーへの参加が便利です。

  》》カサ・ミラを訪れるバルセロナ発着ツアー

 

世界遺産への登録

1984年に『アントニ・ガウディの作品群』の構成資産のひとつとして、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識...

ほかの構成資産として、サグラダ・ファミリアグエル公園が含まれています。

完成予定は2026年!建築途中のサグラダファミリアを見るなら今!!
今なお建築中のサグラダファミリア。 ガウディ建築のなかでも1・2を争うほど奇抜な外観をしています。一目見れば「どうしてこんな奇抜な姿になったんだろう・・・」と思う事間違いなし! 僕も2018年1月に、建築途中のサグラダファミリアを訪...
グエル公園は予約時間≠公園入場時間なので注意!優先入場チケットが必須です
グエル公園に入ると「一体どんな感性をしていたら、こんなものを作れるのか?」という気持ちにさせられます。こんな変わった建築物を造れるのは過去から未来までガウディだけ。 今回はグエル公園の内部と優先入場チケットを紹介します。また、予約...

 

観光のベストシーズン

春(4~6月)、および秋(9~10月)あたりが過ごしやすいのでオススメです。

ただし夏や冬でも建物の中に入ってしまえば、過ごしやすいです。

 


スポンサーリンク

観光に必要な日数

バルセロナへの往復に丸2日、日帰りでカサ・ミラに行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊4日必要です。

 

観光を計画

カサ・ミラを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券を予約
》》バルセロナのホテル予約
》》カサ・ミラを訪れるバルセロナ発着ツアー
》》カサ・ミラを訪れる日本発着ツアー

 

 

スポンサーリンク