アンヴァリッドはナポレオンも眠る英雄の墓!世界最大級の軍事コレクションも見学できる!!

 

フランス・パリの中心部にあるアンヴァリッドは、あのナポレオンの墓があることでも有名。

また教会や軍事博物館など、さまざまな面を持っています。

今回はアンヴァリッドへの行き方や、内部の見どころを紹介します!

基本情報

アンヴァリッド(正式名称:オテル・デ・ザンヴァリッド)はフランス・パリにある建築物です。

アンヴァリッド(invalides)は『老齢や傷病などで働けない』『病弱の』という意味です

 

もともとは、ルイ14世が傷ついた兵士を看護するための施設(廃兵院・旧軍病院)として1671年に計画され、その後、武器庫としても利用されることに。

1789年に起こったフランス革命では、市民が武器を求めてアンヴァリッドを襲撃、その武器を持ってバスティーユへ向かいました。

バスティーユの牢獄を襲撃した事件は『バスティーユ襲撃』と呼ばれています

 

アンヴァリッドにはドーム教会(サン・ルイ教会)軍事博物館(アンヴァリッド軍事博物館)が併設されていますが、墓としても使用されています。

もともとはルイ9世の遺体を安置するために教会(礼拝堂)が建築されましたが、その後も多くの著名人が埋葬されています。

最も有名なのは、フランスの軍人ナポレオン・ボナパルト。そのほか、ナポレオンの兄弟や子どもの墓もあります。

 

なお、現在も100人ほどの戦傷病兵や傷痍軍人が暮らしています。

 

見どころ

まずは外観。金色に輝くドーム屋根が目を引きます。

フランス・パリにあるアンヴァリッド
フランス・パリにあるアンヴァリッドのドーム屋根

建物はバロック様式で建てられています。

建築様式総まとめ。ロマネスク様式、バロック様式などの特徴は?
ガイドブックを見ると観光名所の欄に、ロマネスク様式やバロック様式など、さまざまな建築様式が書かれています。 何となく読み流してしまいますが、建築様式の概要を理解しておけば、さらに観光が楽しめます! 今回は代表的な建築様式から、あまり有名ではない建築様式まで紹介します。

 

金色の屋根はドーム教会(église du Dôme)のもの。

フランス・パリにあるアンヴァリッドのドーム教会

ドーム教会はジュール・アルドゥアン=マンサールの設計により、1706年に完成しました。

もともとはルイ9世の遺体を安置するために建てられただけあって、とても豪華で美しいです。

フランス・パリにあるアンヴァリッドのドーム教会の主祭壇
フランス・パリにあるアンヴァリッドのドーム教会の内装

天使も金色に輝いています。

フランス・パリにあるアンヴァリッドのドーム教会の内装

そして、この教会の地下にあるのがナポレオンの墓(ひつぎ)。

フランス・パリにあるアンヴァリッドのドーム教会地下にあるナポレオンの棺

花こう岩で作られた台座の上に、赤い斑岩で作られた棺が置かれています。

建物上部のテラスから見ることも可能。

フランス・パリにあるアンヴァリッドのドーム教会地下にあるナポレオンの棺

ただし棺は5層の棺で覆われているので、中を見ることはできません・・・

 

棺の周囲の床にはナポレオンが勝利した戦いの名前、回廊にはナポレオンの功績を讃えるレリーフの装飾が施されています。

また、地下に降りるための階段にはナポレオンの遺言がと刻み込まれています。

ナポレオンの遺言:
私は、私が愛したフランス市民に囲まれて、セーヌ川のほとりに憩うことを願う

 

他の著名人の墓も置かれていますが、やっぱりナポレオン中心ですね・・・

 

アンヴァリッドには今も軍事関連の機関が置かれています。

また、軍事博物館(Musée de l’Armée)も併設されており、見学することが可能。

戦車や大砲から兵隊の服や紋章まで、展示物は多彩です!

ここを見れば、13~20世紀ごろのフランスの軍事がバッチリわかります。

フランス・パリにあるアンヴァリッドの軍事博物館に展示されている戦車
フランス・パリにあるアンヴァリッドの軍事博物館に展示されている大砲

 

行き方

アンヴァリッドはフランス・パリの中心部にあります。

最寄りのメトロ(地下鉄)駅は8号線のラ・トゥール・モーブール駅(La Tour-Maubourg)か、13号線のヴァレンヌ駅(Varenne)のどちらか。

メトロ、およびRER(高速郊外鉄道)にアンヴァリッド駅(Invalides)がありますが、少し離れているので注意が必要してください。

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内への移動方法は、こちらをご覧ください。

シャルルドゴール空港からパリ市内への移動方法3パターン。オススメはコレ!
フランスのパリは『花の都』『美食の都』といった形容詞があり、オシャレな雰囲気が漂いまくり。 見どころも多く、日本人もたくさん訪れています。 パリを訪れた時の玄関口は、シャルルドゴール空港。 今回はシャルルドゴール空港から、パリ市内中心部への移動方法を紹介します。

 

パリ・ミュージアムパス利用がオススメ

僕が訪れたのは平日だったので、ほぼ並ばずに入れました。

曜日によっては混むことも予想されるので、パリ・ミュージアムパス(Paris Museum Pass)の購入がオススメです!

共通入場券『パリミュージアムパス』があれば行列に並ぶ必要ナシ!事前購入がオススメ!!
フランス・パリにはルーヴル美術館などの見どころがいっぱい! しかし、入場ごとに長い行列に並ばなければいけないのが大変・・・ しかし共通入場チケット『パリミュージアムパス』があれば、楽々入場できます! 今回はパリミュージアムパスの買い方、入れる場所を紹介します。

 

パリ・ミュージアムパスは、パリおよび近郊の見どころの共通入場チケット。

アンヴァリッドもパリ・ミュージアムパスで入ることができるので、わざわざ入場チケットを購入しなくても、そのまま中に入れます。

パリ・ミュージアムパスと日本語によるガイドがセットになった現地ツアーもあるので、こちらの利用もオススメです。

  》》パリ・ミュージアムパス+日本語ガイドの現地ツアー予約

 

観光についての注意点

定休日・営業時間について

定休日は1/1、5/1、11/1、12/15、および10月~6月の第1月曜です。

営業時間は季節によって異なりますが、4月~9月は朝10:00~夜18:00、10月~3月は朝10:00~夕方17:00です。

ただし日曜は閉館時間が30分延長される場合もあります。

所要時間について

ひと通り見るのに約1時間かかります。

服装について

服装規定はありません。東京で過ごすのと同じような服装で大丈夫です。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服装と、注意点を紹介します!

トイレについて

建物内部にあります。

売店・レストランについて

ナポレオングッズなどを販売しているショップがあったと思います。

また、建物内に食事のできるレストランはありませんでした。

 


スポンサーリンク

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

アンヴァリッドはパリ中心部にあり、メトロの駅からも近いので個人で訪れるのもカンタン。

ただし、他の観光地と併せて効率的に巡りたい場合や、日本語ガイドによる詳しい説明を聞きたい場合は現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》アンヴァリッドを訪れるパリ発着ツアー予約

 

世界遺産への登録

1991年に『パリのセーヌ河岸』の構成資産のひとつとして、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 

ほかの構成資産では、エッフェル塔ルーブル美術館があります。

エッフェル塔のライトアップを見逃すな!点灯時間とオススメの見物場所はココ!!
エッフェル塔といえばフランス・パリでも特に有名な建築物。 そのままの姿でも美しいエッフェル塔ですが、ライトアップすると美しさが5割増し。 さらに1日に数回、宝石のように輝くシャンパンフラッシュは必見です! 今回はエッフェル塔、およびライトアップ&シャンパンフラッシュの時間帯を紹介します。
ルーブル美術館に並ばずスムーズに入場!ミロのヴィーナスもひとり占めで鑑賞!!
ルーブル美術館は、世界でも最大級の博物館。 展示されている絵画・彫刻も美術の教科書に載っているものばかり。 混むのが難点ですが、あまり並ばずに入場できる方法があります! 今回はルーブル美術館の見どころや、並ばずに入れる方法を紹介します。

 

観光のベストシーズン

内部に入れば暖かいので、1年中いつでも大丈夫です。

 

観光に必要な日数

パリへの往復に丸2日、日帰りでアンヴァリッドを見に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊3日必要です。

 

観光を計画

アンヴァリッドを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空チケット予約
》》パリのホテル予約
》》アンヴァリッドを訪れるパリ発着ツアー予約
》》アンヴァリッドを訪れる日本発着ツアー予約

 

 

スポンサーリンク