厳島神社へ行くならフェリーが便利。宮島の見どころと注意点も紹介!!

 

厳島神社は海の上に建てられた社殿で、中国地方でも最大の観光地。

僕も訪れましたが、干潮時と満潮時それぞれ異なった雰囲気があり、長く滞在したくなりました。

今回は広島市からフェリーで訪れる方法と、厳島神社+αのみどころについてお伝えします!

基本情報

厳島神社は広島県宮島町にある寝殿造りの神社です。

12世紀平清盛(たいらのきよもり)によって造営された社殿は、海上にせり出しているのが特徴的。

厳島神社

神社自体は593年佐伯鞍職(さえきくらもと)により創建されました

もともとは背後にある弥山(みせん)が『神の島』として島全体をご神体としており、海を挟んだ対岸や海の上から参拝(遥拝)する対象とされていました。

しかし島の水ぎわに社殿が造営され、現在の姿となりました。

ご利益としては『家内安全』『商売繁盛』『学業成就』『必勝祈願』『病気平癒』『安産祈願』など、どんなことでもOKです!

 



スポンサーリンク

宮島の見どころ

宮島のフェリー乗り場を降りて、厳島神社へ向かう途中にある見どころを順に紹介します。

海岸沿いの松林

フェリー乗り場を出て右手に曲がり、そのまま海岸沿いを進むと松の木が立ち並ぶ場所があります。

宮島の松の木

ここは鹿がいっぱい。

人にもとても慣れており、どんどん近づいてきます。

宮島に住む鹿

凶暴な鹿もいるので、近づきすぎには注意してください

鹿は飼われているのかと思いましたが、実際は野生の鹿らしいです。このため、鹿せんべいなどエサとなるものは売られていませんでした。

鹿が宮島に住み着いたのは何と6,000年前。

鹿は数キロであれば泳ぐことができるので、大昔に本土から泳いで宮島に渡り、繁殖したものと考えられています。

宮島表参道商店街

松林と平行に続く道はレストランやお土産店が立ち並ぶ商店街となっています。

宮島表参道商店街

広島は牡蠣(かき)が名物なので、牡蠣専門店もたくさんありました。

大鳥居

海上に建てられた鳥居で、宮島のシンボルともいえる存在です。

宮島の大鳥居

平清盛によって建てられ、1546年に再建された時に柱に控柱をもつ両部鳥居という形式に代わりました。

大鳥居は固定されておらず、ただ置かれているだけです

何度も再建されており、現在のものは8代目(一説には9代目)と言われています。

なお、僕が訪れた2020年は修繕工事真っただ中でした・・・

宮島の大鳥居(修繕工事中)

修繕工事の終了時期は未定ですが、おそらく2022~2023年ごろと言われています。

豊国神社

豊国(ほうこく)神社は丘の上に建てられた神社で、訪れるには長い階段を登る必要があります。

宮島にある豊国神社本殿へ続く階段 宮島にある豊国神社本殿(千畳閣)

豊国神社は豊臣秀吉が僧の恵瓊(えけい)に建立を命じた寺院を起源としています。

最大の見どころはメチャクチャ広い本殿!

畳が千枚置けるぐらいの広さがあるので、『千畳閣』と呼ばれています。

宮島にある豊国神社本殿(千畳閣)

実際は857畳分の広さです

五重塔

豊国神社本殿のすぐ隣にある塔で、和様の一部に禅宗様を取り入れた折衷様式が特徴となっています。

宮島にある五重塔

 

なお、フェリー乗り場から厳島神社までは徒歩で15~20分ぐらいかかります。

 

厳島神社内の見どころ

厳島神社と客(まろうど)神社は回廊で結ばれているので、合わせて紹介します。

客神社

ここには次の5男神が祀られている神社で、、厳島神社で行われる祭典が始まる場所でもあります。

  1. 天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと
  2. 天穂日命(あめのほひのみこと)
  3. 天津彦根命(あまつひこねのみこと)
  4. 活津彦根命(いきつひこねのみこと)
  5. 熊野櫞樟日命(くまのくすびのみこと)

厳島神社の本社と同じく本殿・幣殿(へいでん)・拝殿(はいでん)・祓殿(はらいでん)からなり配置もほぼ同じですが、一回り小さいです。

厳島神社内にある客神社

厳島神社・本社

本殿・幣殿・拝殿・祓殿などの主要な建造物が大鳥居と一直線上に並ぶように配置されており、祭神として次の宗像三女神が祀られています。

  1. 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
  2. 田心姫命(たごりひめのみこと)
  3. 湍津姫命(たきつひめのみこと)

見どころの一つと言えるのが回廊。全長で260メートルもあります。

厳島神社の回廊

提灯に紋章がついていますが、これは『三亀甲剣花菱』と呼ばれる神紋です。

厳島神社の提灯

高舞台(たかぶたい)は舞楽を舞うための舞台で、日本三舞台のひとつとされています。

厳島神社の高舞台

こちらは日本で唯一の海に浮かぶ能舞台

このため、本来なら共鳴のため床下に甕(かめ)が置かれていますが、ここは床板を支える根太(ねだ)を三角形に配置して代用しています。

厳島神社の能舞台

 



スポンサーリンク

広島市からの行き方

広島市内から厳島神社のある宮島に行くには、おもに次の2つの方法があります。

①世界遺産航路

広島市中心部と宮島を結ぶ船を約40分で結んでいます。

広島市と宮島を結ぶ世界遺産航路の入口 広島市と宮島を結ぶ世界遺産航路の船

出発地点は平和記念公園に隣接する川沿いです。

世界遺産航路利用のメリットは広島市の中心部から乗り換えなしで行くことができること。

ただし運賃は中学生以上が2,200円、子どもは1,100円と高めです・・・・

運賃は2021年時点

②連絡船

JR宮島口駅から連絡船(フェリー)が出ており、片道10分で宮島に渡ることができます。

広島の宮島口駅

フェリーは船も乗ることができます。

宮島と広島市を結ぶフェリー

連絡船利用のメリットは運賃の安さ。

大人片道で180円、子どもは90円と安いです。

運賃は2021年時点

また、世界遺産航路と比較すると本数も多いです。

ただし市内中心部(紙屋町)から宮島口駅は広島電鉄で約50分かかり、また運賃も別途必要です。

 

観光についての注意点

潮の満ち引きに関して

厳島神社&大鳥居は海上に建てられているため、潮の満ち引きの影響を受けます。

干潮の時は大鳥居まで歩いて行けますが、満潮の時は船でしかいけません。

もし歩いて大鳥居まで行きたい場合は、事前に干潮時間を確認してください。

なお、干潮のと満潮の周期は1日2回ずつ、およそ12時間です。

定休日・拝観時間について

厳島神社は年中無休です。拝観時間は季節によって異なり、次のとおりです。

1月1日:0時~18時30分
1月2~3日  :6時30分~18時30分
1月4日~2月末:6時30分~17時30分
3月1日~ 10月14日 :6時30分~18時00分
10月15日~11月30日:6時30分~17時30分
12月1日~12月31日 :6時30分~17時00分

所要時間について

フェリー乗り場から豊国神社+厳島神社を見学して戻ると2~3時間かかります。

食事したりお土産を購入する場合はプラスして時間が必要です。

服装について

かなり歩くことになるので、歩きやすい靴(スニーカーなど)がオススメです。

また、海沿いで風が強いので冬場は風をさえぎる上着があると便利です。

海外旅行での服装はTPO(時間・場所・目的)を心がけて!それぞれオススメの服装を紹介します
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

トイレについて

フェリー乗り場や豊国神社、厳島神社近くにあります。

売店・レストランについて

宮島表参道商店街には多くのお土産店、レストランがあります。

カキ専門店も多く、僕も焼がきのはやしで生牡蠣+牡蠣ごはん+焼き牡蠣を食べました。

特に生牡蠣はおいしい!臭みもなく、口の中にうま味が広がりました。

宮島の「焼き牡蠣のはやし」で食べた生牡蠣

 



スポンサーリンク

世界遺産への登録

『厳島神社』として、1996年に世界遺産(世界文化遺産)に登録されました。

世界遺産を構成するのは、厳島神社以外にも豊国神社本殿五重塔多宝塔弥山原始林も含まれています。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 

観光のベストシーズン

紅葉が美しい10月~11月が最もオススメ。

また、3~4月も桜がキレイです。

フェリーを降りてから厳島神社までは宮島表参道商店街以外は日差しや風をさえぎるものが無いので、真夏(7~9月)や真冬(12~2月)はシッカリとした対策が必要です。

 



スポンサーリンク

観光を計画

厳島神社を訪れる際のホテル予約はこちらから可能です。

》》ホテル予約

 

 



スポンサーリンク