ロンドン塔は幽霊スポット!?見どころと幽霊出現スポットを紹介!

 

イギリスには王室制度が残っていますが、王室に関連する建築物も多く残されています。

なかでも貴族と王室の対立によって生まれたロンドン塔は、心霊スポットとしても有名。

今回はロンドン塔の歴史や見どころ、幽霊が見られる(かもしれない)場所を紹介します!

基本情報

ロンドン塔(Tower of London)はイギリス・ロンドンのテムズ川沿いにある要塞です。

建設が始まったのは1078年。

イングランドの王に即位したウィリアムの命令により建設が開始、1098年に現在のホワイトタワーが完成しました。

その後も建設が続けられ、完成したのはヘンリー3世の時代。

王朝が移り変わっても、おもに国王が住む宮殿として使用されましたが、13世紀末ごろより監獄として使用され始め、14世紀以降は反逆者などを処刑する場としても使用されました。

また、1625年以降は天文台・造幣所・王立動物園などの用途でも使われています。

イギリス・ロンドンのロンドン塔

夏目漱石も明治33年(西暦1900年)に見学しており、その時の感想を短編小説『倫敦塔』として残しています。

 

見どころ

ロンドン塔には多くの見どころがあるので、おもな場所を紹介します!

ジュエル・ハウス

ジュエル・ハウス(Jewel House)は王室の宝物を収蔵している場所です。

イギリス・ロンドンのロンドン塔のジュエル・ハウス

多くの宝物が展示されていますが、なかでも女王の戴冠式などで使用されるインペリアル・ステート・クラウンや世界最大級の大きさを誇るダイヤモンド『アフリカの星(カリナンI)』が有名。

ただしダイヤモンドは王笏に付けられているので、注意しないと見逃すかも。

僕も見たはずですが、あまり覚えていません・・・

王笏(おうしゃく)は君主が持つ、装飾された杖(つえ)です

 

また、鎧兜や指輪、騎馬団の衣装など、王室の行事に関するさまざまなものが展示されています。

イギリス・ロンドンのロンドン塔のジュエル・ハウスに展示されている鎧

ホワイト・タワー

ホワイト・タワー(White Tower)はロンドン塔のなかで、いちばん最初に建てられた塔。

外観が漆喰(しっくい)で白く塗られているため、ホワイト・タワーと名付けられました。

イギリス・ロンドンのロンドン塔のホワイト・タワー

内部は博物館になっており、ヘンリー8世の鎧(よろい)や拷問に使われた道具が展示されています。

ブラッディ―タワー

ブラッディ―タワー(Bloody Tower)はロンドン塔の中でも、悲惨な物語の舞台になることが多かったため『血染めの塔』という名前で呼ばれるようになりました。

もともとは13世紀にヘンリー3世により造られた水門で、ガーデン・タワーと呼ばれていました

 

エドワード5世ヨーク公リチャードがこの塔で暮らしていましたが、突然消息不明に。

191年後に2人らしき遺体が見つかりました。

また、ノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーが自殺したり、ウォルター・ローリー卿が幽閉されていたのもこの塔です。

ウェイクフィールド・タワー

ウェイクフィールド・タワー(Wakefield Tower)ヘンリー3世が宮殿として建築しました。

現在は拷問道具を展示している博物館として使われており、拷問器具が使い方とともに展示されています。

クイーンズ・ハウス

クイーンズ・ハウス(Queen’s House)は、ヘンリー8世が2番目の妻であるアン・ブーリンのために手てた宮殿。

また、エリザベス1世が幼少期を過ごした場所でもあります。

タワー・グリーン

タワー・グリーン(Tower Green)は『タワー』という名が付いていますが、実際は処刑が行われた広場です。

重罪人はタワー・ヒルで公開処刑されますが、王族や貴族はこのタワー・グリーンで処刑され、隣接するセント・ピーター・アドヴィンキュラ礼拝堂で葬られています。

 

幽霊はココに出現!

ロンドン塔は多くの幽霊が出現することでも有名。ひんぱんに幽霊が目撃される場所を紹介します。

ロンドン塔全体

ジェーン・グレイはイングランド初の女王として即位しましたが、わずか9日間で廃位されたことで知られています。

廃位後はロンドン塔に幽閉、そののち首を落とされて死亡しました。

命日の2月12日になると、白い服を着てロンドン塔に現れると言われています。

タワー・グリーン

頭部のないアン・ブーリンの霊が回廊を歩いたり、礼拝堂の通路で行列を導いている姿が目撃されています。

アン・ブーリンはイングランド王ヘンリー8世の2番目の王妃です。

ヘンリー8世が3番目の王妃に心変わりしたのをきっかけにロンドン塔に幽閉、そののち首を落とされて死亡しました

クイーンズ・ハウス

アルベラ・スチュアートの霊が目撃されています。

アルベラ・スチュアートはウィリアム・シーモアと結婚しましたが、ジェームス1世に許可を取っていなかったため立場を脅かされると思われ、逮捕されることに。

その後亡くなるまでクイーンズ・ハウスに幽閉されました

ウェイクフィールド・タワー

ランカスター朝最後のイングランド王・ヘンリー6世の霊が目撃されます。

ヘンリー6世はウェイクフィールド・タワーに幽閉され、49歳で亡くなりました

ブラッディ―・タワー

エドワード5世ヨーク公リチャードが走り回ったり、身を寄せ合って泣いている姿が目撃されます。

エドワード5世は12歳で王位を継ぎましたがロンドン塔に幽閉、そのまま消息を絶ちました。

ヨーク公リチャードはエドワード5世の弟であり、エドワード5世と共にロンドン塔に幽閉、同じく消息を絶ちました。

後年になって、2人の骨がホワイト・タワーの階段下より見つかりました。

ホワイト・タワー

エドワード5世ヨーク公リチャードの霊が目撃されています。

 

ロンドン塔のカラスは飛べない

ロンドン塔にはレイヴン(Raven)と呼ばれる6羽のワタリガラスがいます。

イギリス・ロンドンのロンドン塔に住むワタリガラス(レイヴン)

昔から『カラスがいなくなると、塔が崩れ王室が没落する』という言い伝えがありました。

このため、空を飛べなくするためカラスの風切羽が切られています。

ワタリガラスは日本のカラスと比べるとかなり大型。
また、ロンドン塔のカラスは凶暴なので、なるべく近づかないでください

 

ロンドン塔を歩くビーフイーターとは

ロンドン塔のなかには、赤色と黒色の服を着た人がたくさん歩いています。

イギリス・ロンドンのロンドン塔のビーフイーターの後ろ姿

この人たちはビーフイーター(Beef Eater)と呼ばれています。

ビーフ(牛肉)が好きで、血気盛んなことからビーフイーターと呼ばれています。
また、ヨーマン・ウォーダー(矛槍兵)と呼ばれることもあります

 

ビーフイーターは、ツアーガイドやロンドン塔内のカギ締めなどを担当しています。

毎晩22:00に出発して正門、バイウォード・タワー、ミドル・タワーのカギを締め、最後にビーフィーター長がカギをクィーンズ・ハウスにカギを持ち帰ります。

戻る最中に交わされる「そこを歩くのは誰だ?」「カギ係だ!」「神が女王を守り給わんことを」「アーメン」という会話は、700年前と同じと言われています。

 

なお、ビーフイーターは退役軍人がつとめ、家族と共に敷地内のアパートに暮らしています。

 


スポンサーリンク

行き方

ロンドン塔はイギリス・ロンドンのテムズ川沿いにあります。

最寄りのえきは地下鉄CIRCLE線、またはDISTRICT線のタワーヒル駅(Tower Hill)。駅を降りてスグです。

 

観光についての注意点

定休日・営業時間について

定休日は1/1、12/25、12/26です。

営業時間は朝9:00 ~ 夕方17:30。ただし、日・月曜は朝10:00 ~ 夕方17:30、11~2月は夕方16:30までです。

入場は閉館30分前まで

チケット購入

ロンドン塔はとても人気があるので、春~秋のシーズンはとても混みます。

チケット購入にかなり時間がかかる場合もあるので、ネット経由での事前購入か現地発着ツアーへの参加がオススメです。

  》》ロンドン塔を訪れるロンドン発着ツアー予約

所要時間について

2~3時間あればひと通り見て周れます。

服装について

敷地内は広く、かなり歩く必要があるので歩きやすいスニーカーがオススメです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服装と、注意点を紹介します!

トイレについて

敷地内に数カ所あります。

売店・レストランについて

チケット売り場の近くに、軽食が食べられる場所があります。

また、ロンドン塔内部にもセルフ形式のレストランやスナック類、お土産を売っている売店があります。

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

ロンドン塔はロンドン市内にあり、地下鉄の駅からも近いので個人でも行きやすいです。

ただし、他の観光地の合わせて効率的に巡りたい場合や、日本語で詳しい説明を聞きたい場合は現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》ロンドン塔を訪れるロンドン発着ツアー予約

 

世界遺産への登録

1988年に『ロンドン塔』として、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 

観光のベストシーズン

春から夏(3月~9月)がオススメです。

この時期は気候が良く、雨も少ないので観光しやすいです。

冬は昼間の時間が短く、天気の悪い日も多いのでオススメできません・・・

 


スポンサーリンク

観光に必要な日数

ロンドンへの往復に丸2日、日帰りでロンドン塔に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊4日必要です。

 

観光を計画

ロンドン塔を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空チケット予約
》》ロンドンのホテル予約
》》ロンドン塔を訪れるロンドン発着ツアー予約
》》ロンドン塔を訪れる日本発着ツアー予約

 

 

スポンサーリンク