ノヴォデヴィチ女子修道院と墓地巡り!行き方と見どころを紹介!!

 

モスクワといえばクレムリンやワシリー寺院が有名ですが、ノヴォデヴィチ女子修道院も見どころがたくさん!

とくに併設する墓地にはエリツィン元大統領など、ロシアの著名人が数多く埋葬されています。

今回はノヴォデヴィチ女子修道院の行き方と見どころ、観光する際の注意点を紹介します!

基本情報

ノヴォデヴィチ女子修道院は、1524年にスモレンスクがモスクワ大公国に併合されたことを記念して建てられた女子修道院です。

クレムリンの出城(ロシアの要所に設けた城)としての役割を持っているため、城壁に囲まれているのが特徴。

内部には聖堂が建つとともに、博物館も充実しています。

 

1898年には修道院の南側に墓地が造られました。

1930年代になるとモスクワの都市整備により、多くの墓がつぶされることになったのに伴って多くの有名人の墓が移設されることに。

その後も有名人が数多く埋葬されています。

 

修道院の敷地の外には湖があります。

作曲家・チャイコフスキーが、この湖の周囲を歩いて構想を練ったのが、バレエの超有名曲『白鳥の湖』だと言われています。

 

見どころ

敷地内は大きく分けて、修道院墓地に分かれています。

ノヴォデヴィチ女子修道院

修道院の周囲はぐるりと城壁に囲まれています。白色+朱色のツートーンカラーになっておりオシャレ。

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院の城壁

2つある門の上には教会が作られている変わった構造です。

門と教会が一体化した建築物は、世界中探してもそれほど無いのでは?

教会はポクロフスカヤ教会プレオブラジェーンスカヤ教会の2つあり、こちらがポクロフスカヤ教会です。

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院のポクロフスカヤ教会

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院のポクロフスカヤ教会

修道院のシンボルはスモレンスキー聖堂。ロシア教会に多く見られるタマネギ型の屋根です。

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院のスモレンスキー聖堂

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院のスモレンスキー聖堂

内部はイコン画が全面に描かれています。

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院のスモレンスキー聖堂内部

スモレンスキー聖堂は、イコンなどを展示する博物館施設としても充実しています。

イコンとはキリストなどの聖人、および天使や聖書に書かれた出来ごとを描いたものです

 

こちらはロプヒン宮殿

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院のロプヒン宮殿

こちらは鐘楼。レンガと黄金に輝くタマネギ頭の屋根の対比が美しいです。

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院の鐘楼

小さな祠(ほこら)っぽい建物の屋根は金色に輝いています。

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院

キリスト?または天使を表しているのでしょうか?

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィチ女子修道院

 

ノヴォデヴィチ墓地

修道院に併設されているノヴォデヴィチ墓地はロシアの有名人が埋葬されている場所であり、世界中から人が訪れる観光地でもあります。

埋葬されているうち、僕が知っているぐらいの有名人はこちら。

  • ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(音楽家)
  • ニキータ・フルシチョフ(政治家)
  • ボリス・エリツィン(政治家)

ほかにも多くの音楽家や作家、政治家が埋葬されています。

墓のかたちも人によって全く異なります。

たとえばこちらはエリツィン(Ельцин)の墓。ロシア初代大統領だけあり、ロシア国旗がモチーフとなっています。

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィッチ墓地のボリス・エリツィンの墓

こちらはフルシチョフ(Хрущёв)の墓。白い石と黒い石が組み合わさっています。

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィッチ墓地のニキータ・フルシチョフの墓

ゴルバチョフ夫人・ライサ(Раиса)の墓もあります。

ロシア・モスクワにあるノヴォデヴィッチ墓地のゴルバチョフ夫人・ライサの墓

 

なお、墓の場所は案内板を見ればわかりますが、すべてキリル文字で書かれています。

もし目的の墓があるなら、事前に目的の人名をキリル文字で調べておいた方が良いです。

 

行き方

ノヴォデヴィチ女子修道院はメトロ1号線のスポルチーヴナヤ駅(Спортивная)で降りて、徒歩10分ほどです。

 

観光についての注意点

定休日・営業時間について

ノヴォデヴィチ女子修道院の定休日は火曜、墓地は無休です。

営業時間は、ともに朝9:00~夕方17:00です。

所要時間について

ノヴォデヴィチ女子修道院と墓地の両方訪れると、だいたい2~3時間かかります。

服装について

ノヴォデヴィチ女子修道院も広いですが、墓地も想像以上に広いです。

なるべく歩きやすいスニーカーがオススメです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

トイレについて

修道院の敷地内にあります。

墓地にも数は少ないですが、設置されていたと思います。

売店について

墓地には売店があり、どこにどの人が埋葬されているか書かれた地図が売られています

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

ノヴォデヴィチ女子修道院はメトロの駅からも近く、個人でも行きやすいです。

ただし他の観光地と合わせて効率的に巡りたい場合や、日本語ガイドに説明を聞きたい場合は現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》ノヴォデヴィチ女子修道院を訪れるモスクワ発着ツアー

 


スポンサーリンク

世界遺産への登録

2004年に『ノヴォデヴィチ女子修道院群』として、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識...

 

観光のベストシーズン

春から秋にかけて(5~9月)がオススメです。

冬は平均気温がマイナスになり雪が降ることも多め。とても寒いので観光には向いていません・・・

 

観光に必要な日数

モスクワへの往復に1.5日、日帰りでノヴォデヴィチ女子修道院に行くとして合計丸2日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊4日必要です。

 

観光を計画

ノヴォデヴィチ女子修道院を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券
》》モスクワのホテル
》》ノヴォデヴィチ女子修道院を訪れるモスクワ発着ツアー
》》ノヴォデヴィチ女子修道院を訪れる日本発着ツアーを探す

 

 

スポンサーリンク