海外旅行で撮影した写真を売ってお小遣いを稼ごう!



 

海外旅行で写真を大量に撮影する人も多いのではないでしょうか?とくに毎年のように海外旅行にでかける人は、気がついたら写真が数千枚以上となることも・・・

その写真をそのまま眠らせておくのはもったいありません。せっかくならストックフォトで売ってお小遣いを稼ぎましょう。

今回はストックフォトの種類や申請の手順を紹介します。

ストックフォトとは

ストックフォトとは、使用されるシチュエーションを想定して、あらかじめ準備される写真素材のことです。

おもにホームページに挿入される画像として使用されます。ストックフォトとして登録されている画像のジャンルは、人物や動物をはじめとして風景写真など多岐に渡ります。

ストックフォトサービスにあなたの写真を登録した場合、インターネット上で販売され、もし、登録した写真が売れた場合は販売代金の一部があなたの収益となります。

なお、すべての写真が登録されるのではなく画像品質が良いか、余分なものが写りこんでいないかについて審査があります。

1000万画素以下のコンパクトデジタルカメラで撮影した写真でも審査を通過しますが、スマホで撮影した写真は申請不可の場合が多いです。

写真撮影

 

おもなストックフォトサービス

ストックフォトサービス(写真素材サイトともいいます)は数多くありますが、実際に僕が登録している3社について特徴を説明します。

Pixta (ピクスタ)

Pixtaは日本の会社が運営するストックフォトサービスです。サービスの特徴は次の通りです。

  • 日本人に向けたストックフォトサービス
  • 月あたりの登録枚数に制限がある
  • タイトルやタグは日本語で登録可能

Adobe Stock (アドビ ストック)   /   Fotolia (フォトリア)

Adobe Stock、Fotoliaとも運営会社が同じですが、サイト毎に販売スタイルが異なっています。なお、写真を販売するためのクリエイター登録は現在Adobe Stockのみ行われています。

サービスの特徴は次の通りです。

  • 全世界の人を対象としたストックフォトサービス
  • 月あたりの登録枚数に制限なし
  • タイトルやタグが日本語で登録できる
  • 定額制販売はなく、単体販売のみ

Shutterstock (シャッターストック)

Shutterstockはニューヨークの会社が運営しています。サービスの特徴は次の通りです。

  • 全世界の人を対象としたストックフォトサービス
  • 業界最大規模
  • 月当たりの登録枚数に制限なし
  • 管理画面に英語表記が多い
  • タイトルやタグが英語での登録のみ
  • どの国・都市の人に写真が売れたか知ることができる

 

実際の申請手順

例として、実際に写真を申請するための作業手順を説明します。

1.申請する写真を準備
撮影した写真のうち、次の写真は除外します。

 ・ピンボケしている 
 ・商標が写りこんでいる(マクドナルドのMマークなど) 
 ・人の顔が写っている(判別できる) 

また、少し暗い印象の写真はPhotoshopなどの画像加工ソフトで明るい感じになるように加工します。

人の顔が写っていてもモデルリリース(写真に写っている人の許可)を得れば申請可能ですが、たくさんの人が写っている場合は全員に確認することは困難です。

2.ストックフォトサイトにログイン

3.申請用写真をアップロード
申請対象の写真データをサイト上にアップロードします。アップロードはドラッグ&ドロップで可能なので簡単です。

4.写真にタイトルとタグをつける
タグとは写真に写っているものを簡単に表す言葉です。例えばヒマワリが写った写真の場合、“ヒマワリ”、”花”、”植物”、”黄色”などです。

管理画面で各写真ごとにタイトルとタグ、写真が属するカテゴリーを指定します。

shutterstockは英語でタイトルとタグを指定する必要がありますが、Google翻訳などの翻訳サービスを使えば、英語の苦手な方でも問題なく登録することが可能です。

   参考:各ストックフォトサイトの申請画面  

 ■pixtaの申請画面
 ストックフォトサイトpixtaの登録画面

 ■Adobe Stockの申請画面
 adobe stock(アドビストック)

 ■Shutterstockの申請画面
 shutterstock(シャッターストック)

5.写真を申請
サイト内の“審査に提出”“承認用に送信”などのボタンを押すと審査対象として提出されます。

6.結果通知
数時間~数日待つと合否が書かれたメールが送られてきます。
  合格時 :写真は販売対象として登録されます
  不合格時:必要があれば修正を加えて再申請します

実際に登録された写真は次のURLより参考にしてください。すべての写真がコンパクトデジタルカメラ(※2012年以前に3万円以下で購入 / 1000万画素以下)で撮影されています。

    shutterstockに登録された写真

 

販売による収入

購入者のプラン、購入された画像サイズによりますが、定額制プランの場合は1枚売れると10~30円、単品購入された場合は1枚あたり300~2500円があなたの収入です。

ストックフォトサイトによっては、商用利用されたり特殊な使い方をされた場合は、それ以上の金額を収入として得ることが可能です。

月あたりの収入は登録枚数によりますが、だいたい数千円程度です。

金額としては大したことありませんが、一度登録してしまえば、あとは何もせずにお金が入ってきます。

遊んで暮らせるぐらいの売上を狙うのではなく「お小遣い程度になればいいな」と考えている方に向いています。

 

おすすめのストックフォトサイト

複数のサイトに登録することをオススメします。同じ写真を複数のサイトで登録しても問題ないので、登録サイト数が多ければ多いほど収入アップにつながります。

「時間がないので1サイトしか無理!」というのであれば、Adobe Stockがおすすめです。

その理由は次のとおり。

  • 売上額が多い (pixtaの売上の5~10倍ぐらい期待できる)
  • 申請作業が簡単(shutterstockは英語でタイトル・タグ付けする必要がある)
  • 申請枚数の上限なし(pixtaは月あたりの申請枚数の制限がある)

 


スポンサーリンク

まとめ

自分が撮影した写真が世界中の人に購入してもらえるのは、販売金額を超えた喜びがあります。撮影した写真を世界中の人に見てもらいましょう!

 

 

スポンサーリンク