海外旅行で余った小銭をPoket Change(ポケットチェンジ)でEdyやWAON、ギフト券に交換しよう



 

海外旅行に行くと、気を付けていても外貨の小銭が増えてしまいますよね。

減らそうと頑張っていても、空港へ行く際のタクシーのおつりでまた増えることも・・・

しかし最近では、外貨の小銭を電子マネーなどへの交換が可能になりました。

今回は2017年より設置されはじめた、Pocket Change(ポケットチェンジ)を紹介します。

Pocket Changeとは

Pocket Change(ポケット・チェンジ)とは、外貨(紙幣・硬貨)を端末に投入することにより、その額に応じたポイントをEdyやWAONなどのプリペイド型電子マネーへの交換が可能な、端末およびサービスのことです。

対応する外貨、および交換可能サービスは後述します。

交換可能な外貨

ポケットチェンジでは下記の外貨の交換に対応しています。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 人民元
  • 韓国ウォン

そのほか、日本円も交換可能です。また、硬貨のみではなく紙幣も交換可能です。

交換先サービス一覧

交換先サービスは電子マネーをはじめとしてギフト券への交換も可能です。おもな交換先は次のとおりです。

  • 楽天Edy
  • WAON
  • Amazonギフト券
  • LINEギフトコード
  • iTunes

上記のほかにもさまざまな交換先サービスがありますので、詳しくはPocket Change公式サイトをご確認ください。

Pocket Change設置場所

Pocket Changeの端末は全国の空港のほか、ホテルや商業施設にも設置されています。

設置されている空港は下記のとおりです。

  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 新千歳空港
  • 福岡空港

詳細な設置場所はPocket Change公式サイトをご確認ください。

2018年1月現在、成田空港には設置されていませんが、類似サービスのTravelersBOXの端末が設置されています。

   TravelersBOX公式サイト

TravelersBOXは韓国ウォンの外貨は取り扱っていません

交換手順

実際にPocket Changeを用いて韓国ウォンを楽天Edyのポイントに変換しましたので、その際の手順を紹介します。

Pocket Change(ポケットチェンジ)の端末

1.スタートボタンを押す
Pocket Change(ポケットチェンジ)の端末

2.表示する言語を指定
言語は下記より選択可能です。

  • 英語
  • 日本語
  • 簡体字
  • 繁体字
  • ハングル語

3.交換サービスを指定
上記に挙げたサービスの他、ユニセフなどへの寄付を選択することが可能です。

4.交換サービスごとの上限金額が表示されるので、問題なければ確定ボタンを押す
もし上限金額を超えた場合は超過金額分が寄付されます。

5.端末下部の小銭入れが開くのでコインを投入
投入が完了したら手で閉めてください。最大20枚まで投入可能です。

Pocket Change(ポケットチェンジ)の端末 小銭投入前

Pocket Change(ポケットチェンジ)の端末 小銭投入後

いろんな国の硬貨が混ざっていても自動判別されるので、どんどん入れましょう。もし紙幣がある場合は、1枚ずつ紙幣投入口から入れてください。

6.すべて投入したら次へボタンを押す

7.最後に確認画面が表示されるので、問題なければ確定ボタンを押す

以上で手続きは完了です。直感的に操作可能なので迷うことはありません。

僕の場合は2,750ウォンあったので、楽天Edy247ポイントに交換されました。


スポンサーリンク

まとめ

ポケットチェンジで取り扱っている外貨、交換先サービスは2018年1月現在のものです。

今後取り扱う外貨、交換先サービスが増加する可能性がありますので、ご利用前に公式サイトをご確認ください。

    Pocket Chenge公式サイト

スポンサーリンク