飛行機の座席がエコノミーからビジネスに!?無料アップグレードされやすいのはこんな人



 

空港でチェックインした時、まれに無料でエコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードされる場合があります。

無料アップグレードされる条件はいろいろありますが、実際に2回エコノミーからビジネスクラスに変更された経験から、アップグレードされやすい条件を考えてみました。

無料アップグレードとは

無料アップグレードとは、エコノミークラスの航空券を予約したにも関わらず、空港でチェックインした時に、追加料金なしでビジネスクラスやファーストクラスが割り当てられることを言います。

また、ビジネスクラスを予約したが、実際はファーストクラスが割り当てられることもあります。

同じ機内でも座席クラスによって特徴はさまざま。 弾丸旅行に向いている席もあれば、睡眠に向いてる席などさまざま。 今回は座席クラスや場所による特徴、ケースに応じたおすすめの座席を紹介します。

なぜ無料アップグレードされる?

本当なら航空会社は無料でアップグレードしたくありません。

しかし、エコノミークラスがオーバーブッキングにより席が足りなくなり、逆にビジネスクラスやファーストクラスの席に空きがある場合は、仕方なくアップグレードする場合があります。

オーバーブッキングは航空会社の都合により発生したことなので、乗客は追加料金なしで上位のクラスを利用できます。

なお、無料アップグレードを専門用語では、インボランタリー・アップグレードと言います。

アップグレードされるときの流れ

アップグレードはチェックイン時に手続きを行う地上係員(グランドスタッフ)の判断によって行われます。

このため、こちらから何か特別なことを行うのではなく、通常のチェックイン手続きを済ますとビジネスクラスの搭乗券を渡されます。

僕の時は手続き中にどこかに電話していたので、その時に「アップグレードしてもいい?」という確認が行われていたのかもしれません。

出国

無料アップグレードされるとどうなる?

座席クラスの違いによって、次のサービスが異なります。

  • 座席
  • 食事
  • 機内サービス
  • 空港会社ラウンジ

エコノミーからビジネスクラスに無料アップグレードされた場合、座席は必ずビジネスクラスの席に座れますが、その他のサービスを利用できるかどうかは航空会社の判断次第。

座席はビジネスクラスだけど食事はエコノミークラスのまま、という場合もあります。

傾向として、日系航空会社は座席のみビジネスクラスという場合が多く、外資系航空会社はビジネスクラスのすべてのサービス・食事が提供される場合が多いと言われています。

ビジネスクラスの機内食

無料アップグレードされやすい(と言われる)条件

アップグレードは搭乗券を発券するスタッフによって決められますが、アップグレードされやすい人と、されにくい人がいます。

比較的アップグレードされやすい人は、次の特徴を持っていると言われます。

1.航空会社の会員である
JALの場合はJALマイレージバンク、ANAの場合はANAマイレージクラブというように、搭乗する航空会社の会員である。

特にゴールド会員やプラチナ会員のような上位会員(=航空会社を良く利用している)の方が確率が高くなります。

2.航空券の予約クラスが高い
同じエコノミークラスでも複数の予約クラスがあります。料金の安い予約クラスより、料金の高い予約クラスの方が確率が高くなります。

3.少人数での旅行
上位クラスの席数に限りがあるので、1~2人程度の少人数である方が確率が高くなります。

4.身なりがキレイ
清潔にしており、ビジネスクラスやファーストクラスにふさわしい身なりをしている方が確率が高くなります。

5.特別な日であると伝える
ハネムーンや結婚記念日など、特別な理由がある日の方が確率が高くなります。

6.座席指定をしていない
事前に座る席を指定していた場合、アップグレードされる可能性はほぼありません。

7.スペシャルミールを頼んでいない
ベジタリアンだったり、離乳食、宗教上の理由で通常の機内食を食べることができない場合、事前にスペシャルミールを頼むことができます。

ただし座席クラスが変わった場合は食事が無駄になってしまうので、アップグレードされる可能性はほぼ無くなります。

8.ギリギリの時間にチェックインする
搭乗予定時刻45分前など、ギリギリにチェックインするとアップグレードされやすいと言われています。

9.地上係員の印象を良くする
アップグレードの決定権があるのは地上係員。このため地上係員に悪態をついたりして印象を悪くすると選ばれる可能性は無くなります。

にこやかに対応して、印象を良くすると可能性が高まると言われています。

10.それなりに混んでいる時期
アップグレードはビジネスクラスやファーストクラスに空きが無ければ行われません。

エコノミークラスはオーバーブッキング状態であるぐらい混んでいるが、ビジネスクラスやファーストクラスには余裕がある状態が最も可能性が高くなります。


スポンサーリンク

実際に無料アップグレードされたケース

僕は2度ビジネスクラスにアップグレードされました。その時の状況を紹介します。

1回目の無料アップグレード

インドのニューデリーから、マレーシアのクアラルンプールへのフライトでした。マレーシア航空のエコノミークラス利用です。

その他の条件は次の通りです。

  • 8月中旬
  • 1人旅
  • マイレージに未加入。マレーシア航空も初めて利用?
  • 服装はTシャツとジーンズ(小汚い感じ)
  • インドで下痢になって死にそう(笑顔少なめ)

2回目の無料アップグレード

アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビから、エジプトのカイロへのフライトでした。エティハド航空のエコノミークラス利用です。

その他の条件は次の通りです。

  • 4月下旬
  • 2人旅(自分+奥さん)
  • エティハド航空を初めて利用
  • 服装はチノパン+Tシャツ+襟付きの上着
  • 新婚旅行。ただし係員には伝えていない

無料アップグレードされる最低条件はコレ!

アップグレードされやすいと言われる条件と、僕が実際にアップグレードされた条件を比較した結果は次のとおりです。

 01.航空会社の会員である       ×
 02.航空券の予約クラスが高い     △ (覚えていない)
 03.少人数での旅行          〇
 04.身なりがキレイ          ×
 05.特別な日であると伝える      ×
 06.座席指定をしていない       〇
 07.スペシャルミールを頼んでいない  〇
 08.ぎりぎりの時間にチェックインする △ (覚えていない)
 09.地上係員の印象を良くする     △ (心がけている)
 10.それなりに混んでいる時期     〇

アップグレードの最低条件をまとめると、

 1~2人程度の旅行であり、
 座席指定をしておらず、
 スペシャルミールを頼んでおらず、
 運の良い人

というのが今回の結論です。

まとめ

あまり無料アップグレードにこだわるのではなく、「アップグレードされればラッキー!」ぐらいに考えておきましょう。

スポンサーリンク