気を付けて!海外で犯罪に巻き込まれやすい人の特徴とは



 

海外旅行では、いつも以上に開放的な気分になりがち。

しかし、そのぶん犯罪に巻き込まれる可能性も高まってしまいます。

日本人はまだ金持ちというイメージがあるので犯罪者から狙われやすいですが、ある程度防ぐ方法があります。

今回は犯罪が多い場所を知る方法や、巻き込まれた場合に被害を最小限にする方法を紹介します。

危険な場所を知る方法

危険な地区は、ホテルのコンシェルジュやツアーガイドに聞けば教えてもらえます。

だいたいの傾向としては、旧市街と呼ばれる地区は治安が悪い場合が多め。

そのほかの地域でも人通りのない道や、夜間に大通り以外を歩くのは極力避けた方が良いです。

もっとも注意したいのは、現地到着直後。

長旅の疲れや慣れない現地の環境、異国に着いたという興奮状態が判断を鈍らせてしまいます。

犯罪

 

犯罪者に狙われやすい人

強盗やスリは、相手が観光客を中心に狙いを定めていることが多いです。

観光客っぽいかどうかは、次のことから判断するケースもあります。

  • キョロキョロしながら歩いている 
  • ガイドブックを見ている 
  • 服の下に貴重品入れがある 

 

また、犯罪者から狙われないよう観光客と見られにくくするには、次の対策を行ってください。

  • ガイドブックにブックカバーを被せる 
  • 前を見てしっかりと歩く 

日本と同じように、荷物で場所を確保してトイレやレジに行く行為はかなり危険。

スリにとっては「盆と正月とゴールデンウィークが一度に来た」ぐらい、これ以上ないぐらいのラッキーな状態です。

荷物は肌身離さず開口部が体の前に来るように抱えて持つようにしてください。ファスナーを安全ピンなどで留めて簡単に開けられないようにしておくと、さらに安心です。

また、お尻のポケットに財布を入れたままの人や、口の広いカバンを持っていたりリュックサックを背負っている人も狙われやすいです。

リュックサックは背負っている人から開口部が死角になるため、とても盗みやすくなります。ナイフなどで切り裂かれてもすぐに気づくのは難しいです。

海外旅行でのスリ被害・・・状況と対応すべきこと、遭わないためにどうする?
海外旅行に行くと「やっぱり日本は安全だわ・・・」と思わずにはいられません。 日本ではスリはめったにいませんが、海外では注意が必要。 僕も細心の注意を払っていましたが、それでも2度スリに遭いました・・・ 今回はスリにあった時の状況と、スリ被害に遭わない&遭った時はどうするか紹介します。

 

もしスリにあったら、クレジットカード会社への連絡&現地の警察への届け出が必要です。

詳しくはこちらをご覧ください。

海外旅行でパスポートやクレジットカード、スマホなどを紛失・破損した時の対応まとめ
日本は世界でも有数の安全な国。 海外旅行に行ったら、通常比500パーセントの注意が必要ですが、注意してもスリにあうことはあります。僕も何度かやられました・・・ 今回は盗難(スリ)や紛失にあったり、持ち物を破損した時にやることをまとめ...

 

女性は特に注意が必要

夏に海外旅行に行った時は開放的な気分になりがちですが、女性の場合は服装も開放的になるのは危険。

たとえば、ノースリーブや短パンなど肌の露出が多い服は注意が必要です。

とくに、民族的に女性は肌を見せてはいけない国(中東など)に行った場合、現地の男性は日頃なかなかお目に掛かれない女性の肌を見て興奮して勢い余って・・・という事もあるようです。

そのような国に行った時は、長袖の上着を着るようにしてください。

 

こんな人には気をつけろ

街中でこちらをチラチラ見てくる人はいませんか?

国によっては日本人が珍しいため多少は見られることがありますが、あまりにしつこくこちらの様子をうかがってくる人には注意が必要。

また日本語で話しかけてきたり、「日本に知り合いがいる」と言ってくる人にも注意しましょう。

よくある手口として、空港や街中で声を掛けてきて自分の知っている店に連れていき、高額なものを買わせる場合があります。

さらにひどいケースとなると、食事に誘われて付いていったら睡眠薬が入っていて寝ている間に身ぐるみはがされることも・・・

 

被害を最小限に押さえる方法

被害を最小限にする基本的な対策は次の3点。

  • 知らない人には付いていかない
  • すすめられたものを口にしない
  • 日本語で話しかけてくる人に注意する

もちろん日本語で話しかけてくる人が全て怪しい訳ではありませんが、悪意を持つ人も多くいます。

日本語で話しかけられたら、いつも以上にじっくりと観察して安易な行動をとらないようにしましょう。

もし刃物や拳銃を持った相手に「Money!」と脅された場合は、抵抗せずにお金を渡してください。命より大事なものはありません。

被害を最小限にするには、事前にお金を3等分してください。

たとえば、次のとおり分割するのがオススメ。

  • 財布の中
  • 上着のポケット
  • スーツケースの中

分割してお金を持てば、身ぐるみはがされたとしてもスーツケース内のお金が残ります。

また、強盗に襲われた場合でも、上着のポケットに入れてあるお金を渡せば相手は深追いせず去っていく確率が高いです。

さらに、空港到着時にロストバゲージとなった場合でも、あと2カ所お金があるので、現地でもしばらくは行動できます。

 


スポンサーリンク

ありがちな詐欺の例

海外でありがちな詐欺としては、次の詐欺が有名です。

  • ミサンガを手に巻いて、その後法外な料金を請求
  • 障がい者を装って募金をお願いする
  • ツアーやホテルを紹介するといって割高な旅行社に連れていく
  • 警察のふりをして財布をチェックし、お金を抜き取る

この他にも、さまざまな種類の詐欺があります。

ガイドブックにさまざまな詐欺の例がかかれていますので、出発前にひと通り読んでおくと安心です。

 

まとめ

100%完璧な安全対策というのは存在しませんが、それでも心がけ次第で大幅にリスクを減らすことができます。

楽しい海外旅行にするためにも、安全にはいつも以上に注意しましょう!

 

 

スポンサーリンク