海外旅行にはレトルト食品とポカリスエットの粉が必携!!



 

海外の料理は日本より脂っぽいことが多く、また発展途上国では衛生状態が良くない場合が多いので、体調を崩してしまうことが良くあります。

おなかの調子が良くない場合、あっさりした料理が食べたくなりますが、海外では探すのも大変ですよね・・・

そんな場合、活躍するのはレトルト食品!

今回はおすすめのレトルト食品と、海外に持っていくべきではない食べ物を紹介します。

海外に持っていきたい食べ物・飲み物

レトルトおかゆ

旅行中は食べ慣れない料理が多く、また食べ過ぎてしまう事が多くなるため、おなかの調子が悪くなりがち。もし悪くなった時はおかゆを食べて腸内をリセットしましょう。

  おすすめ食品類  
1.アマノフーズ フリーズドライおかゆ
フリーズドライ製法で作られているので、とてもコンパクトで持ち運びしやすいです。また何も具材が入っていない白かゆのため、調子の悪い体にも優しいですよ。

粉末スポーツドリンク

旅行中はいつも以上に歩き回ることが多くなります。

炎天下で歩き回って汗をかくことにより、大量の水分が失われ体調不良につながりやすくなります。

海外旅行で病気に・・・・なりやすい病気と対処方法を知っておけば安心!
海外旅行中は通常より体力的に無理しがち。疲れがたまった状態で無理して行動することにより、病気となるリスクが上昇します。 病気となった時は安静にして薬を飲むのが 一番ですが、海外で売っている薬は日本人にとっては成分が強めなので、逆に体調を悪化させてしまう場合もあります。 今回は海外旅行でなりやすい病気と、対処方法を紹介します。

脱水症状が原因の病気を防止するためには、水分塩分が必要です。

水分はミネラルウォーターを飲むことにより摂取できますが、塩分は別の方法で摂取する必要があります。塩分なので塩をなめても良いですが、持ち歩くのは大変。

そんな時は、スポーツドリンクが最適です!

スポーツドリンクの中にはナトリウム(塩)が含まれているので、水分と塩分の両方が一度に摂取できます。

ただしスポーツドリンクなら何でも良い訳ではなく、100mlあたりにナトリウムが40mg以上含まれていると良いといわれています。

しかし、意外と40mgを超えているスポーツドリンクは少なめ。

日本で売られているスポーツドリンクのうち、ポカリスエット49mgも含まれています。

アクエリアスは34mg含まれています

しかし、海外ではスポーツドリンクは売っていないことが多いので、ミネラルウォーターにポカリスエットの粉を入れて自作しましょう。

下痢や熱中症になった場合でも、スポーツドリンクをしっかり飲んでしっかり寝れば、あっという間に治ります。

  おすすめ食品類  
1.ポカリスエット粉末
1リットルの水に対して一袋分まるごと入れれば、簡単にポカリスエットの完成です。

緑茶スティック

日ごろから、ペットボトルの水やお茶を飲んでいる人も多いと思います。

旅行中でもお茶が飲みたくなりますが、海外で売っている緑茶の中には砂糖が入っていることが一般的。紅茶と思えば飲めますが、いまいちスッキリしないですね・・・

そんな場合は、スティック緑茶で自作がオススメです!

  おすすめ食品類  
1.伊右衛門 インスタント抹茶入り緑茶スティック
日本で飲んでいる人も多い伊右衛門です。

ティーパックだと複数個は持ち歩きづらいですが、スティックタイプなら持ち運びも楽。

ペットボトルのミネラルウォーターに入れて何回か振れば、あっという間に日本で飲んでいるいつものお茶のできあがりです。

 

海外旅行に持って行くべきではない食べ物

国によっては、次の食べ物の持込みが制限されている場合があります。

  • 動物の肉(ハム、ベーコンなど)
  • 乳製品(チーズなど。粉ミルクはOK)
  • 肉エキスを含んでいる食品(カップラーメンなど)
  • フルーツ

また、飛行中に機内の気圧が高まると袋が破裂したり、プラスチックの食品保存容器(タッパー)に漬物などの水気のある食品を入れた場合は、液漏れする可能性があるため注意が必要です。

おかゆ

 

まとめ

近年はレトルト技術の発展もあり、あらゆる食品がレトルト食品として発売されています。

上記に挙げた食品に限らず、自分好みの食べ物を持っていきましょう!

 

 

スポンサーリンク