これだけでOK!海外旅行の街歩きで必要な持ち物

 

日本で街歩きをする場合、男性は手ぶらの人も多いのでは?

そんな人でも海外旅行中はパスポートや財布、カメラなどさまざまなアイテムを持ち歩く必要があります。

しかし荷物が多くなると、歩く機会が多い個人旅行では大変です・・・

今回は街歩きに必要なアイテムと、選び方を紹介します!

持ち歩くべきアイテム

海外旅行の街歩き時には、次のアイテムがあると便利です。

  • 財布
  • パスポート
  • ウェットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • ばんそうこう
  • ミネラルウォーター
  • カメラ
  • ガイドブック
  • サブバッグ
  • 折り畳み傘(100%雨が降らない時は不要)
  • メモ帳&ペン

これだけあれば大丈夫です。これ以上多くなると、荷物が重くなって街歩きするのも大変です。

”パスポートを持ち歩かない方が良い”という方もいますが、とくに安宿などの場合はそのまま部屋に置いておくのも心配なので、僕は肌身離さず持ち歩くようにしています。

薬も持ち歩きたくなりますが、すべて持ち歩かずに腹痛の薬・下痢止め・絆創膏だけ持って、あとはスーツケースの中に入れておけば大丈夫です。

歩く

 

おすすめアイテム

街歩き用かばん

たくさんのアイテムを持ち歩くには、街歩きに適したかばんが必要です。

ついお気に入りのハイブランド(ルイ・ヴィトンやエルメスなど)のカバンを持っていきたくなりますが、絶対にNGです!

ハイブランドのバッグは、スリや強盗に狙われやすくなります。

ハイブランドのバッグを持っているということは、高級バッグを持ち歩くだけの経済力があり、また危険に対する危機感のなさを犯罪者に知らせているようなものです。

街歩き用カバンで重視したいのは、つぎの3点。

  • ななめ掛けできる
  • じょうぶな素材
  • 開きやすく閉じやすい

開口部にファスナーが付いていると、さらに良いです。また、トートバッグのように肩に掛けるタイプのかばんは、持ち去りやすいので避けてください。

  おすすめカバン  
1.2wayショルダーバッグ
ボストンバッグとショルダーバッグの2通りの使い方が可能です。

僕も使っていますが、ベルトが太いため肩にかけても痛くないです。また、マチが17cmもあるので荷物が増えても大丈夫です。

折りたたみバッグ

観光中にステキな小物を見つけたり、スーパーマーケットで飲み物やお菓子を大量に購入した場合、持ち運びに困りませんか?

ビニール袋に入れてくれる場合もありますが、海外製の袋は日本と比べて品質が悪く、たくさん入れると破れたり、持ち手の部分が裂けてしまうことが多いです。

そんな時に折りたたみのバッグがあれば、たくさん購入しても大丈夫です。

  おすすめグッズ  
1.折りたたみトートバッグLサイズ 
折りたたむとバッグ側面のポケット部に全て収納されるほど小さいですが、広げると23リットルサイズになるので、たっぷり買い物をしても大丈夫です。

また、6種類のカラーが用意されているので好みの色を選ぶことができます。

折りたたみ傘

東南アジアなどの熱帯地方に行く場合、とくに雨季は一日に何度もスコールが発生するため傘が必須。

長い傘は持ち運びの邪魔となるので、海外旅行には折りたたみ傘が便利です!

また熱帯地方以外では、山岳地方も天気の変動が激しいので雨具が必要です。

海外旅行で持ち歩く折りたたみ傘は携帯性を重視してください。

丈夫さよりも軽くて小さく折りたためることを重視すると、持ち歩いても苦になりません。

  おすすめグッズ  
1.マッキントッシュ フィロソフィー  折りたたみ傘 Barbrella(バーブレラ)
なんと84グラムという驚きの軽さです。

漫画ONE PIECEの単行本の重さが150グラムぐらいなので、その半分程度しかありません。

カラーバリエーションとして14色用意されているので、あなた好みの色が見つかります!

携帯LEDライト

海外では大通りから一本奥に入ったていどの路地であっても、街灯が存在しない場合があります。該当がない場所で道に迷った場合、ガイドブックや地図が読めなくて困ることも・・・

そんな場合でもLEDライトを持っていれば、明るく照らすことができます。

また、海外では停電が発生しやすいです。

真っ暗な中、なんとかホテルに戻っても部屋の中も真っ暗のため何もできませんが、LEDライトがあれば本を読んだりシャワーに入ったりすることも可能です。

  おすすめグッズ  
1.ThorFire TG06S LED ミニ懐中電灯
はんこ大サイズながら、500ルーメンという60形のLED電球に相当する明るさです。

また、IPX8という30分以上水中に沈めても影響がないほどの防水レベルなので、ビーチリゾートでも問題なく使用可能です。

コンパス

近年はスマホやタブレットでGoogle Mapを見れば、オフラインでも現在地を知ることが可能ですが、バッテリーが切れてしまえば役に立ちません。

そんな場合に見知らぬ土地を訪れた場合、目的地に向かって歩くのは意外と大変。そもそも北がどちらかわからないので、全く逆の方向に向かって歩いてしまうことも・・・

Google Mapなどの地図アプリが使えない場合でも、コンパスがあれば方角を知ることが可能です。

使う頻度は少ないので、できるだけ薄くて小さなものを選択しましょう。

  おすすめグッズ  
1.SUUNTO コンパス A-10NH
厚さが1cmしかないので、持ち運びに適しています。ガイドブックに挟んでしおりの替わりとしても使えます。

 

まとめ

海外個人旅行では1日あたり10,000歩以上歩くことも珍しくありません。

体への負担を少なくするためにも、持ち物は可能な限り軽いものを選びましょう!

 

 

スポンサーリンク