海外旅行での防犯対策。スリに遭わないするためのアイテム2選!

 

日本は世界でも珍しいほどの安全な国。

日本と同じように過ごすと、海外では間違いなくスリに遭うので、シッカリとした対策が重要です。

今回は海外旅行でスリに遭いにくくするためのアイテムを紹介します!

防犯用品にはどんなものがある?

防犯に最も効果があるのはカギです。

カギを取り付けるのは簡単ですが、付いていない場合に比べて開けるのに手間がかかるので、荷物を開けて貴重品を持ち去ることを諦める場合も多くなります。

南京錠

 



スポンサーリンク

おすすめ防犯グッズ

ワイヤーロック錠

ワイヤーを伸ばして動かないものに固定することにより、荷物の持ち去りを防止します。

また、手荷物のファスナーの穴にワイヤーを通してカギをかけると、勝手に荷物を開けることを防げます。

  おすすめグッズ  
1.ケーブルロック スノーボード
もともとはスノーボードを固定するためのロック錠ですが、旅行用にも最適。

ケーブルは細めですが、その分変形しやすく最大60センチメートルまで伸ばすことが可能なので、どのような形状のカバンでも固定しやすいです。

また、3桁のパスワードを設定することが可能なので、より荷物が盗まれにくくなります。

ただし荷物ごと持ち去られた場合は、時間を掛けてカギの番号を総あたりで確認すれば空けられるため、固定物とつなげるようにしましょう。

スーツケースベルト

スーツケールにぐるっと巻き付けて、開かないように固定するためのベルトです。

スーツケースにTSAロックが付いていない場合は、スーツケース本体にはカギを掛けずに、TSAロック機能付きのスーツベルトで代用することが可能。

アメリカに旅行する場合、TSAロックが付いていないと鍵を破壊されることがありますが、TSAロックが付いていれば大丈夫です。

海外旅行に適したスーツケースのサイズ。おすすめのサイズはこの2種類!
海外旅行にあなたが絶対に持っていくものはありますか? 必須アイテムはいろいろありますが、バックパックやスーツケースは旅の必須アイテムのひとつです。 また、持っていくアイテムはスーツケースに入れる場合が多いので、選んだスーツケース次第で旅行の快適度合いが変わってくると言っても過言ではありません。
リモワ・サルサエアーの使い勝手は?グローブトロッターと比較した良い点・悪い点
リモワ社のサルサエアーを購入して3年が経過。 8カ国の旅行に使用したことにより、さまざまな良い点・悪い点がわかってきました。 今回はサルサエアーの使い勝手を、今まで使用したスーツケース(グローブトロッター)と比較して紹介します!
グローブトロッターの使い勝手は?サルサエアーと比較した良い点・悪い点
グローブ・トロッター(Globe Trotter)のキャリーケースを使い始めて7年が経過しました。 入手の経緯と、今までに使用したスーツケース(リモワ社のサルサ・エアーなど)との比較、実際に18カ国の旅行で使用してわかった良い点、悪い点を紹介します。 これからグローブ・トロッターのキャリーケースを購入したいと考えている人の参考になればと思います。

 

また、スーツケースは似た外見となりやすいため、スーツケースベルトをすることにより目立ちやすくなり、荷物の取り違えの可能性を大幅に減らすことができます。

  おすすめグッズ  
スーツケースベルトはTSAロック付きであれば何でも大丈夫です。好きなデザインのベルトを選びましょう。

  》》楽天市場でTSAロック付きのスーツケースベルトを探す
  》》AmazonでTSAロック付きのスーツケースベルトを探す

 

まとめ

僕も海外旅行でスリに遭ったことがあるので、対策の重要性は身に染みてわかります・・・

海外旅行でのスリ被害・・・状況と対応すべきこと、遭わないためにどうする?
海外旅行に行くと「やっぱり日本は安全だわ・・・」と思わずにはいられません。 日本ではスリはめったにいませんが、海外では注意が必要。 僕も細心の注意を払っていましたが、それでも2度スリに遭いました・・・ 今回はスリにあった時の状況と、スリ被害に遭わない&遭った時はどうするか紹介します。

 

スリに遭って悪い思い出を残さないように、シッカリと対策しましょう!

 

 

スポンサーリンク