大聖堂、寺院、神殿などの違いを知ってる?それぞれの違いを解説します

 

有名な観光名所には〇〇神殿や〇〇大聖堂、〇〇寺院といった名称が付いています。

しかし、その名前の意味は何となくしか知らないのでは?

今回は、それぞれの名称の意味を紹介します。

それぞれの名称

名称は数多くありますが、今回は代表的なものを中心に紹介します。

神殿

神殿(Temple)は神に対しての祭典を行う場所のこと。

現在のギリシャ周辺やエジプト周辺に多く建てられていますが、建設時期はかなり古く紀元前が中心です。

特に有名なのはギリシャのパルテノン神殿

ギリシャ・アテネのパルテノン神殿

また、エジプトにあるカルナック神殿やアブシンベル神殿なども有名です。

カルナック神殿とルクソール神殿を巡る!ルクソール・ナイル川東岸の見どころ紹介!!
ルクソールには神殿をはじめ、太古の歴史を感じさせてくれる遺跡がいっぱい! ルクソールは小さな町ですが、1日では周り切れないほどの見どころがあります。 今回はルクソールの見どころのうち、ナイル川東岸の見どころを紹介します。
アブシンベル神殿は世界遺産創設のきっかけとなった遺跡!見どころや観光時の注意点を紹介!!
アブシンベル神殿は、世界遺産の創設のきっかけとなった場所です。 とても人気のある遺跡ですが、観光するうえで注意しなければならない点も・・・ 今回はアブシンベル神殿の行き方や、観光時の注意点を紹介します。
ルクソール⇔アスワンの片道ツアー!ホルス神殿&コムオンボ神殿も観光できる!!
僕がエジプトを2週間、個人旅行で周遊したとき、最も悩んだのがルクソールからアスワンへの移動。 飛行機に乗るほどでもないし、現地でタクシーをチャーターするのも金額的に高くなりそう・・・ いろいろ調べたところ、ルクソールからアスワンへの片道移動+コムオンボ神殿&ホルス神殿観光がセットになった希望にピッタリのツアーを発見! 今回は、参加したツアーの様子を紹介します。

教会

教会(church)とは、宗教(とくにキリスト教)を民衆に布教するとともに、信徒が集まって礼拝する場所のことです。

キリスト教が中心のため、教会が建てられているのはヨーロッパが中心。

フランス・パリにも、ステンドグラスが美しいサント・シャペルなどがあります。

サントシャペル(パリ)のステンドグラスは世界一!行き方・営業時間などを紹介!
僕は海外旅行で世界中のステンドグラスを見ましたが、間違いなく一番スゴイと断言できるのがココ。 サント・シャペルのステンドグラスは壁一面を覆いつくしており、とても美しいです! 今回はサント・シャペルについての基本情報(歴史・営業時間・行き方など)を紹介します。

また、キリスト教の分流でもある東方正教会が広まっているロシアにも、キジ島の教会群や血の上の救世主教会などがあります。

ロシアの教会は全て木で作られていたり、独特の形状・色彩をしているので面白いです。

世界遺産キジ島(ロシア)で木造教会群を堪能!行き方とチケットの取り方、注意点を紹介!!
キジ島と言われて、どこにあって、何があるか思いつく人は少ないのでは? ロシアにあるキジ島最大の見どころは、木造のロシア正教会の木造教会建築群。 難点はキジ島に行くには手間がかかる&行ける時期が限定されること。 今回はキジ島の行き方と、訪れる際の注意点を紹介します。
血の上救世主教会(サンクトペテルブルク)は超ヘンな外観・・・しかし内部は超絶キレイ!!
ロシア・サンクトペテルブルクはエルミタージュ美術館が有名ですが、ロシアっぽい建物を見たいなら血の池の救世主教会がオススメ。 変な名前の教会ですが、カタチも変。絶対日本人は思いつかない造形をしています。 今回は血の上の救世主教会の行き方や、見どころを紹介します!

大聖堂

大聖堂(cathedral)の正しい意味は「教会の建物の中で礼拝を行う部分」ですが、現在では「大きな聖堂(キリスト教の教会堂)を持つ教会」という意味で使われることが多いです。

また、イタリア語ではドゥオモ(Duomo)と呼ばれています。

大聖堂はヨーロッパや、ヨーロッパの国の植民地に多く建てられています。

有名なところではパリのノートルダム大聖堂や、イタリアのフィレンツェやミラノにあるドゥオモなどがオススメです。

ノートルダム大聖堂(パリ)の塔に登るならパリミュージアムパスが便利!見どころと行き方も紹介!!
パリの中心部にあるノートルダム大聖堂は、ナポレオンの戴冠式などが行われただけではなく現在も現役で使用されています。 塔の上からはパリの街並みが一望!聖堂内部のステンドグラスも美しいです。 今回はノートルダム大聖堂への行き方、見どころ、パリ・ミュージアムパスを使った入場方法などを紹介します!
フィレンツェ観光の定番ドゥオモを訪れる。見どころと行き方を紹介!!
フィレンツェは芸術の革新運動・ルネッサンスの発祥地。 フィレンツェの街中には、いろんな時代の教会や大聖堂、宮殿がありますがドゥオモもその一つ。 今回はドゥオモ、および隣接する鐘楼&洗礼堂の見どころを紹介します!
ミラノへ行ったらドゥオモ(大聖堂)は必見!内部&外部の見どころはココ!!
イタリア・ミラノの中心部に建つ白い&デッカイ建物といえばドゥオモ。 ミラノは『芸術の都』とも呼ばれますが、その評判通りの美しさ! 今回はドゥオモの見どころと、観光する際の注意点を紹介します。

礼拝堂

礼拝堂(Chapel)は大聖堂と同じく、キリスト教での礼拝のための空間のことです。

信仰的理由により『聖堂』を用いない、プロテスタントなどの教派により呼ばれています。

 

礼拝堂はヨーロッパに多いですが、なかでもバチカン市国のバチカン宮殿内にあるシスティーナ礼拝堂が有名です。

世界最小の国・バチカンはカトリックの聖地!行列を避けるには周る順番が重要!!
2018年時点で国連に加盟している国は193カ国。このうち最も小さな国を知っていますか? 正解はバチカン市国! 小さな国ですがカトリックの総本山でもあるため、世界中から人が訪れます。 今回はバチカン市国について、見どころ、行列を避ける周り方を紹介します。

修道院

修道院(Abbey / Monastery)はキリスト教において、修道士がキリストの精神に倣って礼拝と労働を行いながら共同生活を行うための施設です。

修道院はヨーロッパや、キリスト教の分派である東方正教会が広まっているロシアに多く建てられています。

有名な修道院と言えば、岩の上に建てられていることで知られるギリシャのメテオラ修道院

また、ロシアにもノヴォデヴィチ女子修道院があります。

ノヴォデヴィチ女子修道院と墓地巡り!行き方と見どころを紹介!!
モスクワといえばクレムリンやワシリー寺院が有名ですが、ノヴォデヴィチ女子修道院も見どころがたくさん! とくに併設する墓地にはエリツィン元大統領など、ロシアの著名人が数多く埋葬されています。 今回はノヴォデヴィチ女子修道院の行き方と見どころ、観光する際の注意点を紹介します!

宮殿

宮殿(Palace)とは王族、およびその一族など、その土地の権力者(君主)が住んでいた御殿のことです。

ひとつの一族が絶大な権力を持っていた中世ヨーロッパで多く見られます。

有名なものとしてはスペインのアルハンブラ宮殿、トルコのトプカプ宮殿、フランスのヴェルサイユ宮殿、ロシアのエカテリーナ宮殿などがあります。

アルハンブラ宮殿入場前にチケット発券要!予約時間≠宮殿入場時間なので注意が必要・・・
スペイン・グラナダの丘の上に建つアルハンブラ宮殿。 スペインは世界遺産の宝庫ですが、なかでも赤茶色の建物が印象的なこの建物は、スペインにおいてのイスラム文明の象徴でもあります。 そのアルハンブラ宮殿の見どころと観光するにあたっての注意点を紹介します。 とくにネット予約された方は注意が必要です。
トプカプ宮殿でオスマン帝国の栄華を感じる!見どころや注意点を紹介!!
15世紀から17世紀中ごろにかけて、ヨーロッパで強大な勢力を持っていたオスマン帝国。 強大な権力を持っていたオスマン帝国の支配者の居城として建設されたのが、トプカプ宮殿です! 内部はオスマン帝国の権力の強さを感じられる建物や宝物がいっぱい。 今回はトプカプ宮殿の見どころや、観光する際の注意点を紹介します。
ベルサイユ宮殿は絢爛豪華の極み!行列を避けてスッと入れる方法はコレ!!
食べるものがない民衆に対して「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない!」と言ったとされる女王マリー・アントワネットが住んでいた場所が、ベルサイユ宮殿。 そんな女王が住んでいた場所だけあって、絢爛豪華という言葉がピッタリ! 今回はパリからベルサイユ宮殿に行く方法や内部の様子、庭園に無料で入る方法を紹介します。
世界遺産エカテリーナ宮殿に現地ツアーで訪れる!チケット取得方法と内部の様子を紹介します
ロシアのサンクトペテルブルクに訪れた時、「どこか郊外に行きたいな~」と思ったときはエカテリーナ宮殿がオススメ! 涼しげな宮殿は暑い夏にピッタリ。 今回はサンクトペテルブルクからエカテリーナ宮殿に行く方法と、内部の様子を紹介します。

寺院

寺院(Temple)は仏教に関する建物で、仏像が祀られる&出家者が暮らしながら修行を行う場所です。

アジアで多く見られます。

『廟(Mausoleum)』とは、亡くなった人の霊を祀る建物のこと。その国の権力者が祀られることが多いです。

世界各地にあり、特に有名なものは韓国の宗廟や、ロシア・モスクワにあるレーニン廟などがあります。

世界遺産・赤の広場とクレムリン観光!見どころと注意点を紹介!!
昔はソビエト連邦と呼ばれ、旅行者には行きにくい国の代表でしたが、ロシア連邦になってからは(少し)行きやすくなりました。 モスクワを訪れたら絶対見ておきたいのは赤の広場とクレムリン。ロシアの政治と軍事の中心地でもあります。 今回は赤の広場とクレムリンの見どころと、観光時の注意点を紹介します!

シナゴーク

シナゴーク(Synagogue)はユダヤ教における礼拝所のこと。別名『ユダヤ教会』『会堂』とも呼ばれます。

もともとは聖書の朗読・解説を行う場所でしたが、現在では礼拝所であるとともに、文化行事などを行うコミュニティーの中心地として役割も持っています。

シナゴークがあるのはユダヤ教徒が多い中東をはじめ、ヨーロッパも多め。

こちらはチェコ・プラハにあるジュビリーシナゴークです。

チェコ・プラハのジュビリーシナゴーク

モスク

モスク(Mosque)とは、イスラム教における礼拝堂のことです。

アラビア語で「ひざまずく場所」という意味がある『マスジット(masjid)』という言葉がスペイン語で『メスキータ(mezquita)』となり、さらに英語で訛ってモスクに変化しました。

シェイク・ザイード・モスクのメインホール

モスクは世界中にありますが、代表的なものとしてはトルコのブルーモスク(通称)や、マレーシアのブルーモスク&ピンクモスク(ともに通称)、UAEのアブダビ国にあるシェイクザイード・モスクがあります。

スルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)の見どころ紹介!観光時の注意点も紹介!!
アジアとヨーロッパの境界となるのがトルコのイスタンブール。 文化が混ざり合う都市だけあって、さまざまな建築物があります。 イスタンブールにある建物のうち、僕が最も美しいと思うのがスルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)です! 今回はスルタンアフメト・モスクの見どころや、観光するときの注意点を紹介します。
クアラルンプールから鉄道でピンクモスクへ!詳しい行き方・注意点を紹介!!
マレーシアにはモスクがたくさんあります。 通称『ブルーモスク』と呼ばれるモスクもありますが、なんと『ピンクモスク』と呼ばれるモスクもあります! ピンクモスクがあるのはクアラルンプール郊外。 今回はピンクモスクへの行き方と、内部の様子を紹介します!
クアラルンプールから路線バスでブルーモスクへ!詳しい行き方・注意点を紹介!!
ブルーモスクといえばトルコ・イスタンブールのモスクが有名ですが、マレーシアにあるブルーモスクも負けていません! クアラルンプール郊外にあるブルーモスクに行くには、電車と路線バスを使った方法があります。 今回はクアラルンプールから路線バスを利用して訪れる方法を紹介します!
ゼイタクすぎ?シェイクザイードモスクは半端ない豪華さ!行き方と見どころを紹介します
アブダビにある、真っ白な外観のシェイクザイードモスク。 スケール命の中東の国が作った世界最大級のモスクで、内部は絢爛豪華・荘厳美麗・壮大華麗という言葉がピッタリ。 今回はシェイクザイードモスクの内部と、観光する際の注意点を紹介します!

 

その他の名称

上記で挙げた名称のほかにも、知っていると便利な名称があります。

カサ・○○

カサ(Casa)とは、スペイン語で『家』という意味があります。

有名な建物としては、スペイン・バルセロナにあるガウディ建築カサ・バトリョ、カサ・ビセンス、カサ・ミラなど。

カサ・ミラなら「ミラさんの家」という意味です。

カサ・バトリョはガウティ建築の傑作!先進のVRガイドが便利!!
スペイン・バルセロナはガウディ建築の宝庫ですが、今回紹介するカサ・バトリョもその一つ。 海をテーマにした邸宅は、外装・内装ともガウディ独自の感性が爆発しています! 今回はカサ・バトリョの見どころと、優先入場チケットについて紹介します。
カサ・ビセンスの内部公開が2017年解禁!行き方と内部の様子を紹介!!
アントニ・ガウディの処女作ともいわれるカサ・ビセンスですが、長らく内部公開されていませんでした。 しかし、2017年にようやく解禁されました! 今回はカサ・ビセンスの内部や、行き方などを紹介します。
カサ・ミラはガウティ建築の傑作!現在も住んでいる人がいるらしい・・・
スペイン・バルセロナはガウディ建築の宝庫ですが、今回紹介するカサ・ミラもその一つ。 今も住んでいる人がいる集合住宅ですが、外装・内装ともガウディ独自の感性が爆発しています! 今回はカサ・ミラの見どころと、優先入場チケットについて紹介します。

〇〇パゴダ

パゴダ(Pagoda)とは、ミャンマー様式の仏塔のことです。

なお、仏塔だけではなく周囲の寺院も含んで呼ばれています。

有名な建物では、ミャンマーのシュエダゴン・パゴダイエレー・パゴダなどがあります。

ヤンゴンのシュエダゴンパゴダを訪れる!おすすめの時間帯と内部の様子を紹介!!
強烈な存在感を放つヤンゴンのシュエダゴン・パゴダ。 ヤンゴンのランドマークであり、ミャンマー仏教の総本山でもあります。 今回はヤンゴン市内から訪れる方法や、シュエダゴン・パゴダを観光する際の注意点を紹介します!
イエレーパゴダは水上に浮かぶ寺院!ヤンゴンからの行き方を紹介!!
世界的にも珍しい、川の中州がまるごと寺院となっているイエレーパゴダ。 イエレーパゴダは旅行カルチャー雑誌TRANSITの表紙を飾ったことで有名で、とてもSNS映えする場所でもあります。 今回はイエレーパゴダへの行き方や、内部の様子を紹介します!

ワット〇〇

ワット(wat)とは、タイやカンボジアにおける寺院のこと。

有名な建物では、タイのワット・ポー、ワット・アルン、ワット・プラケオなどがあります。

バンコク3大寺院めぐり!ワットポー・ワットプラケオ・ワットアルンの効率的な回り方を紹介!!
日本人に大人気のタイ・バンコク。 トムヤンクンなどの料理やムエタイも有名ですが、やっぱりメインは金色に輝く寺院や大仏。これらの名所をまとめてバンコク3大寺院とも呼びます。 今回は3大寺院の見どころと、効率的な周り方を紹介します!

〇〇ジャーミィ

ジャーミィ(Camii)とは大規模なモスクのことで、「人の集まる場所」という意味のアラビア語が語源となっています。

有名な建物では通称ブルーモスクと呼ばれているトルコのイスタンブールにある、スルタンアフメット・ジャーミイなどがあります。

 

まとめ

建物の名称を知っていると、どんな役割をもった建物かが理解しやすくなります。

旅行前に覚えて、観光に役立てましょう!

 

 

スポンサーリンク