シュエダゴンパゴダ(ヤンゴン)で自分の守護動物と出会う!おすすめの時間帯と内部の様子を紹介!!



 

強烈な存在感を放つヤンゴンのシュエダゴン・パゴダ。

ヤンゴンのランドマークであり、ミャンマー仏教の総本山でもあります。

シュエダゴン・パゴダでは自分の曜日に対応した守護動物にお祈りします。曜日は全部で8種類。八曜日と呼ばれおり、もちろん日本人も曜日が決まっています。

今回は八曜日の調べ方や、シュエダゴン・パゴダ観光時の注意点を紹介します。

 追記 
2018/07/26  所要時間について追記
2018/05/10  休館日について追記
2018/04/09  世界遺産への登録を追加

基本情報

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)はミャンマーのヤンゴンにある、ミャンマー仏教の総本山です。

シュエダゴン・パゴダの黄金の仏塔

仏塔の歴史は2600年前に商人の兄弟がインドで仏陀から8本の聖髪をもらい、シュエダゴン・パゴダの場所に奉納した時から始まりました。

仏塔は6~10世紀ごろ建てられたと言われていますが、それ以後も60以上の仏塔が周りに建てられて現在の形となりました。

なお、シュエダゴン・パヤー(Shwedagon Paya)とも言います。

 

八曜日を調べる

八曜日とはミャンマーで伝統的に使用されている暦です。

ミャンマーでは何日に生まれたかではなく、どの曜日に生まれたか(誕生曜日と呼びます)によって、その人の基本的な性格や人生、他の人との相性が決まっていると言われています。

なお、曜日は七つですが水曜日が午前と午後に別れているので、合計して八曜日と呼ばれています。

誕生曜日は、次の手順で調べることができます。

1.下記の表で自分の生まれた年と月が交差する欄にある数字を調べる
  誕生曜日を調べる表

  例:2000年12月31日生まれなら「5」

2.誕生日に1.で調べた数字を足す

  例:2000年12月31日生まれなら「31」+「5」=『36』

3.下記の表で2.で調べた数字が書かれている曜日が、あなたの”誕生曜日”です。

  誕生曜日を調べる表

   例:手順2で「36」となったので日曜日が誕生曜日

水曜日の場合は、実際にあなたが生まれた時間帯によって”水曜午前”、”水曜午後”の2つに分かれます。

また、誕生曜日ごとに方角と象徴となる動物(守護動物)が、次の通り決まっています。

  誕生曜日に対応する曜日、象徴となる動物

なお、僕の誕生曜日は金曜なので、モグラが守護動物でした。できれば他の動物が良かった・・・

 

シュエダゴン・パゴダ内部

まず遠景から。遠くからでも目立ちます。

遠景から見たシュエダゴン・パゴダ

シュエダゴン・パゴダの敷地はとても広いです。タクシーで訪れる場合は南参道口から入場すると便利です。

南参道口からは104段もの階段が続いていますが、エレベーターも設置されているので足腰が弱い方でも安心。階段の左右には花や仏像などの仏具が売られています。

シュエダゴン・パゴダの階段沿いのみやげ物店

仏塔は土足厳禁のため、参道口で靴を入れるための袋がもらえます。もらう際に多少の心づけを払うようにしてください。

参観料を支払った時にシールがもらえます。出入り口により色分けされているので、はがれにくい場所に貼っておきましょう。

内部に入場すると、中央には高さ100メートルの黄金の仏塔(ストゥーパ)が建っています。僕が訪れた時は残念ながら修繕中のため、カバーで覆われていました。

修繕中のシュエダゴン・パゴダ

仏塔のてっぺんには宝石がちりばめられていますが、驚くのはその数。

ダイヤモンドは約5,500個、ルビー約1,400個など、合計で7,000個近い数です。仏塔の頂上には風見鶏が付いていますが、そこにはなんと76カラットのダイヤモンドが使われています。

 

ちょっとぼけていますが、風見鶏はこんな感じです。

ミャンマー・ヤンゴンのシュエダゴンパゴダの黄金の仏塔の先頭の風見鶏

 

黄金の仏塔のほかにも、60以上の仏塔や寺院が立ち並んでいます。

シュエダゴン・パゴダの境内

マハーボディ寺院はインドのブッダガヤにある寺院に似せて建てられています。

シュエダゴン・パゴダのマハーボディ寺院

そのほかでは、寝大仏があったり、多くの時計が周りに飾られた仏像があります。

シュエダゴン・パゴダの寝大仏

シュエダゴン・パゴダの仏像

ミャンマーのバガンにある仏像と同じく後ろの後光にLEDの電飾が使われています。仏教的には問題ないのでしょうか?

ミャンマー・バガン遺跡はアンコールワットを超える壮大さ!見どころと観光時の注意点を紹介!!
あなたは世界3大仏教遺跡をすべて知っていますか? もっとも有名なのはアンコール・ワット遺跡群ですが、今回紹介するバガン遺跡も3大遺跡のうちの一つです。 僕は今までさまざまな観光地に行きましたが、ベスト3に入るぐらい好きな場所がバガン遺跡。 今回はバガン遺跡へ行く方法や見どころ、注意する点などを紹介します。

 

また、敷地内には多くの菩提樹が植えられています。

シュエダゴン・パゴダの菩提樹

黄金の仏塔の周りにはたくさんの仏像や、八曜日に対応した守護動物の像が設置されています。

シュエダゴン・パゴダの仏像

シュエダゴン・パゴダの守護動物(もぐら、テンジクネズミ)

僕の生誕曜日は金曜日ですが、金曜の守護動物はモグラ(モルモット、テンジクネズミ)。

シュエダゴン・パゴダの守護動物(もぐら、テンジクネズミ)

お参りの方法は、自分の守護動物の像に自分の年齢の分だけ水を掛けます(20歳の場合は20回)。

またシュエダゴン・パゴダの周りには、ぐるっと線香やろうそくを置く台が設置。花や線香は敷地内で販売されているので、購入してお供えしてみましょう。

シュエダゴン・パゴダの境内

シュエダゴン・パゴダの境内

 

オススメの見学時間帯

日没2時間前ぐらいに訪れることをオススメします。

2時間前に訪れれば混んでいたとしても、夕焼けやライトアップされたシュエダゴン・パゴダを見ることができます。

シュエダゴン・パゴダの夕焼け

ライトアップされたシュエダゴン・パゴダ

日が暮れるにつれ人がどんどん増えてきます。中にはスリ目的で紛れ込んでいる人もいるため荷物には注意してください。

ライトアップされたシュエダゴン・パゴダ

なお、シュエダゴン・パゴダは21時に閉まるので、それまでには退場してください。

 

ヤンゴン市内中心部からの行き方

シュエダゴン・パゴダはミャンマー(旧名ビルマ)のヤンゴン(旧名ラングーン)市の北側、シングッダヤの丘に建てられています。

ヤンゴンからタクシーで行く方法が一般的です。

市内中心部からだいたい10~20分で着きますが、朝・夕方の通勤時間帯は渋滞しているので更に時間がかかる場合もあります。

バスで行く場合はYBS-11系統が便利。シュエダゴン・パゴダ東側のバス停に停まります。

 

日本からヤンゴン中心部への移動については、次の記事をご覧ください。

ミャンマー旅行の前に最低限知っておきたい情報
ミャンマーは東南アジアにある国ですが、「アウン・サン・スー・チーしか知らない・・・」という方もいるのでは? しかし、ミャンマーには世界三大仏教遺跡・バガン以外にも、多くの見どころがあります。 そんなミャンマーを訪れる前に知っておきたい、最低限の情報を紹介します。

 


スポンサーリンク

観光についての注意点

休館日・営業時間について

休館日はありません。

営業時間は早朝4:00~夜22:00です。

所要時間について

ひと通り見るだけであれば、1時間あれば大丈夫です。

ただし入場に時間がかかるので、2~3時間みておいた方が良いです。

服装について

年間を通じて高温多湿ですが、3~5月はとくに暑いです。寺院内など日陰は比較的多いですが、念のために帽子をかぶっていくようにしましょう。

    楽天市場で帽子を探す
    Amazonで帽子を探す

また、参道入口で靴を脱ぐ必要があるので、脱ぎやすいサンダルなどで訪れると楽です。

    楽天市場でサンダルを探す
    Amazonでサンダルを探す

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

トイレについて

境内に多くありますが、混んでいる場合があります。

できればホテルやレストランで済ますようにしましょう。

売店について

境内にはありませんが、参道入口周辺に仏像などの仏具が売られています。

水や食料品はそれほど売られていない印象があります。

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

ヤンゴン市内からタクシーで訪れる方法がもっとも楽です。

訪れるだけなら個人でも大丈夫ですが、詳しい説明が聞きたい場合は参道にいるガイドを雇ったり、現地ツアーへの参加がオススメです。

    シュエダゴン・パゴダを訪れるヤンゴン発着ツアー

 

世界遺産への登録

2018年現在、世界遺産には登録されていません。

しかし、世界遺産への登録を目指して世界遺産暫定リストに登録されています。

 

観光を計画

シュエダゴン・パゴダを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

航空券を予約
ヤンゴンのホテル予約
シュエダゴン・パゴダを訪れるヤンゴン発着ツアー
シュエダゴン・パゴダを訪れる日本発着ツアー

 

訪れた時期

2015年1月に訪れました。

 

 

スポンサーリンク