ミラノへ行ったらドゥオモ(大聖堂)は必見!内部&外部の見どころはココ!!

 

イタリア・ミラノの中心部に建つ白い&デッカイ建物といえばドゥオモ。

ミラノは『芸術の都』とも呼ばれますが、その評判通りの美しさ!

今回はドゥオモの見どころと、観光する際の注意点を紹介します。

 追記 
2018/07/26  所要時間について追記

基本情報

ドゥオモ(大聖堂)の正式名称はサンタ・マリア・ナシェンテ教会(Santa Maria Nascente)

ミラノ領主のビスコンティ家のジャン・ガレアッツォの「サン・ピエトロ大聖堂に匹敵する大聖堂を建てる!」という夢のため1386年に着工。

しかし、すぐには完成せず、1887年になってようやく尖塔が完成しました。

 

ドゥオモはゴシック様式で、高さは何と108.5メートル。

ファサード(正面)は細やかな細工で全面が飾られており、その姿に圧倒されること間違いありません!

 

見どころ

まずは外観から。

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)のファサード

 

僕が初めて見た時の印象は「めちゃめちゃ細工が細かい!」「やたら扉&窓がある!」「尖塔が多い!」の3点。

尖塔は、なんと135本もあります。

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)の外観

また、5枚あるブロンズ製の扉の彫刻も素晴らしいです。

扉にはそれぞれ名前が付けられており、こちらは最も大きいルドヴィーコ ・ ポリアーギ(Lodovico Pogliaghi)作の『聖母マリアの生涯』と呼ばれる扉です。

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)のファサード中央のブロンズ製の扉(聖母マリアの生涯)

人々がよく触る部分は金色に輝いています。

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)のファサードに設置されているブロンズ製の扉(触られて金色になった足)

ドゥオモのてっぺんに設置されているのは、マドンニーナ(Madonnina)と呼ばれる黄金の聖母像。

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)の頂にある黄金のマドンニーナ像

 

内部に入ると多くの柱が立ち並んでいます。そして天井の装飾も細やか。

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)内部イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)内部

中央祭壇はとっても荘厳。

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)の中央祭壇

なお、中央祭壇から階段を下りた先にある地下祭壇には、地下礼拝堂が作られています。

礼拝堂には16世紀末に亡くなった大司教カルロ・ボッロメーオ(Carlo Borrome)の遺骨が祀られています。

教会や大聖堂と言えばステンドグラス。キリストや聖母マリア、聖人を題材にしていることが多め。

ただしミラノのドゥオモは、14世紀末時点では単なる色のついたガラスを設置する予定でしたが、一転15世紀に入ってすぐにステンドグラスを設置することが決まりました。

そのステンドグラスがこれ。

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)のステンドグラス

まるで絵画のような美しさです。設置して大正解ですよね。

 

ドゥオモといえば、十字架に磔(はりつけ)にされたキリスト像。

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)にある十字架に磔にされたキリスト像

また、懺悔(ざんげ)室もあります。ただし内部に誰もいないので、話を聞いてもらうことはできません・・・

イタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)の懺悔室

 

ドゥオモはライトアップもキレイ

陽が落ちて周辺が暗くなると、ドゥオモがライトアップされます。

ライトアップはとても美しいので、ぜひご覧ください!

ライトアップされたイタリア・ミラノのドゥオモ(大聖堂)

大聖堂近くは人がたくさんいるので夜中でも比較的安全ですが、スリなどには注意してくださいね。

海外旅行でのスリ被害・・・状況と対応すべきこと、遭わないためにどうする?
海外旅行に行くと「やっぱり日本は安全だわ・・・」と思わずにはいられません。 日本ではスリはめったにいませんが、海外では注意が必要。 僕も細心の注意を払っていましたが、それでも2度スリに遭いました・・・ 今回はスリにあった時の状況と...

 

ドゥオモのチケットは事前購入がオススメ

ドゥオモへの入場、および屋上テラスへ上がるためのエレベーターに乗るにはチケットが必要です。

人気の観光地だけあって、チケット売り場に並ぶ列、ドゥオモに入場する列とも非常に混みます。

僕はチケット購入~入場までに1時間かかりました

時間に余裕があるときは並んで購入するのも良いですが、インターネット経由で事前に予約しておくとスムーズに入場できます。

  》》ドゥオモのチケットを購入する(公式サイト)

もし予約が難しいな・・・と感じたら、ミラノ発着のドゥオモ観光ツアーへの参加がオススメです。

  》》ミラノのドゥオモを訪れるミラノ発着ツアー

 

ドゥオモ周辺のみどころ

ヴィットリオ・エマヌエーレII世のガッレリア (Galleria Vittorio Emanuele II)

ドゥオモと並ぶミラノの象徴のアーケード街です。正式名称は長いので、単に“ガッレリア”とも呼ばれます。

ガッレリアはドゥオーモ広場とスカラ広場を結ぶ、世界一美しいとも言われるアーケード街。

鉄とガラスを用いて造られていますが、新バロック様式と新ルネッサンス様式が交じり合っており、本当に美しいです。

イタリア・ミラノのヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの入口イタリア・ミラノのヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの天井イタリア・ミラノのヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

床にはモザイク画。

この雄牛のモザイク画をじっくり見ると、後ろ脚の間に穴が開いています。

イタリア・ミラノのヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの幸運を呼ぶ雄牛のモザイク画

この穴にカカトを入れて3度回転すると、願いが叶うと言われています。

ガッレリア内には多くのレストランが立ち並んでいますが、どこも高い・・・

2人で訪れた場合、軽く食べても5千円は超えます。どうしても立ち寄りたい場合はカフェ利用がオススメです。

イタリア・ミラノのおすすめレストラン。味とコスパで選んだ2店はココ!
イタリア・ミラノは美食の街として知られています。 おいしいお店が多いですが、残念ながら料金も高め。また、値段と味がマッチしていない店は多いのも残念です・・・ 今回は僕がミラノに訪れた際に見つけた、味とコスパに優れたレストランを2店紹...

 

ミラノ中心部からドゥオモへの行き方

ドゥオモはミラノ中心部に位置しています。

最寄りの駅は地下鉄M1号線・3号線のドゥオーモ駅(Duomo)。駅から出ると目の前です。

 


スポンサーリンク

観光についての注意点

休館日・営業時間について

5/1、12/25が休館日です。

営業時間は朝8:00~夜18:30。また、夏季は営業時間が短縮される場合があります。

所要時間について

だいたい1時間ぐらいです。

ただし、チケット購入する場合は余分に時間を見ておいた方が良いです。

服装について

服装チェックが厳しいです。

特に女性はミニスカートだったり、ノースリーブ、短パンはNGなので注意してください。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

写真撮影について

ドゥオモ内は写真撮影可能ですが、有料(2ユーロ)です。

料金を支払うとシールをもらえるので、そのシールを服の目立つところに貼ります。 

トイレについて

ドゥオモ内部にトイレはありません。

ホテルで済ませるか、どうしても我慢できなければドゥオモ周辺のレストランやデパート内のトイレ利用が便利です。

売店・レストランについて

ドゥオモ周辺にお土産や水、食料などを売っているお店がたくさんあります。

また、隣接しているヴィットリオ・エマヌエーレII世のガッレリア内にレストランがたくさんありますが、高いので避けた方が良いです。

安くて、それなりにオイシイ料理を食べたい場合は、ミラノ風ピザを提供するSpontini(スポンティーニ)がオススメです。

イタリア・ミラノのおすすめレストラン。味とコスパで選んだ2店はココ!
イタリア・ミラノは美食の街として知られています。 おいしいお店が多いですが、残念ながら料金も高め。また、値段と味がマッチしていない店は多いのも残念です・・・ 今回は僕がミラノに訪れた際に見つけた、味とコスパに優れたレストランを2店紹...

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

ミラノ中心部にあるので個人でも訪れやすいです。

もしミラノの他の観光地を含めて周遊したり、ドゥオモ内部の詳しい説明を聞きたい場合は現地ツアーへの参加をオススメします。

  》》ミラノのドゥオモを訪れるミラノ発着ツアー

 

世界遺産への登録

残念ながら、ミラノのドゥオモは世界遺産ではありません。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識...

 

観光のベストシーズン

一年中いつでも観光に向いています。

 

観光に必要な日数

ミラノへの往復に丸2日、日帰りでドゥオモに行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低3泊4日必要です。

 


スポンサーリンク

観光を計画

ミラノのドゥオモを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券
》》ミラノのホテル
》》ミラノのドゥオモを訪れるミラノ発着ツアー
》》ミラノのドゥオモを訪れる日本発着ツアーを探す

 

 

スポンサーリンク