ベネチアからムラーノ島&ブラーノ島へ船で巡る!島の見どころ紹介

イタリア・ベネチア近くのブラーノ島の

 

イタリアのベネチア(ヴェネツィア)は水の都として有名。

ベネチア本島だけではなく、周辺には特色のある島がたくさんあります!

水上ボートでこれらの島々を訪れることができますが、今回は僕が訪れたムラーノ島とブラーノ島の行き方と、島内の様子を紹介します。

 追記 
2018/07/26  所要時間について追記

ベネチアおよび周辺の島の基本情報

イタリア北部に位置するベネチア(Venezia)は、運河が張り巡らされた水の街です。

ベネチア本島は道が狭く、車両の乗り入れができないため移動は船が中心。

また道幅も狭く、うねうね曲がっているので迷いやすいのが難点です。

 

ベネチア本島の周辺には数多くの離島があります。

その離島にはヴァポレットと呼ばれる水上バスで移動するのが一般的。代表的な島と特徴は次のとおりです!

■ムラーノ島(Murano)
ベネチアングラスを製造する島として有名。ベネチア本島から1.5キロメートル離れています。

■ブラーノ島(Burano)
4つの島からなる漁師の町で、カラフルに塗られた家並みが特徴的。ベネチア本島から9キロメートル離れており、レース編みが有名です。

■トルッチェッロ島(Torcello)
ベネチア発祥の地のひとつ。一時は2万人を超える人が暮らしていたが、マラリアの蔓延(まんえん)に伴い住人は他の島に移住、現在は住人はそれほどの多くなく静かです。

■リド島(Lido)
白い砂浜が続く高級リゾート地。ベネチア映画祭の会場として知られるパラッツォ・デル・チネマも島内にあります。

僕は上記の島々のうち、ムラーノ島とブラーノ島に訪れました。

 

ムラーノ島&ブラーノ島への行き方

ベネチア本島からムラーノ島、およびブラーノ島に行くにはヴァポレット(vaporetto)と呼ばれる水上バスを利用します。

イタリア・ベネチアの水上バス(ヴァポレット)

乗り場は何カ所かありますが、おもな乗り場はこちら。

  • サン・ザッカリア(San Zaccaria)  *サン・マルコ広場東側
  • フェローヴィア(Ferrovia)      *サンタ・ルチア駅前
  • フォンダメンタ・ヌォーヴェ(Fondamenta Nuove)*サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会近く

ムラーノ島はすべての乗り場から行けますが、ブラーノ島に行けるのはフォンダメンタ・ヌォーヴェのみです。

イタリア・ベネチアの水上バス(ヴァポレット)停留所

マルコポーロ空港(テッセラ空港)から、ベネチア中心部への移動方法はこちらをご覧ください。

ベネチア・マルコポーロ空港から市内への移動方法。オススメはコレ!
”水の都”とも呼ばれているイタリア・ベネチア(ヴェネツィア)は、人気のある観光地であり日本人も毎年多く訪れています。 しかしベネチアに個人旅行で訪れるなら、ベネチア独自の交通事情に注意する必要アリ。 今回は空港やサンタルチア駅から、...

 

ムラーノ島内のみどころ

ベネチア本島からムラーノ島は水上バスで20~50分

ムラーノ島の水上バス乗り場は何カ所かありますが、ムセオ駅(Museo)がガラス博物館から最も近いです。

サン・ザッカリア(S.ZACCARIA)から乗った場合は約50分、フェローヴィア(FERROVIA)またはフォンダメンタ・ヌォーヴェ(FONDAMENTE NOVE)からは20~30分かかります

 

ムラーノ島もベネチア本島と同じく、運河が張り巡らされています。

イタリア・ベネチア近くのムラーノ島の運河

島内に数カ所、橋が架けられています。

イタリア・ベネチア近くのムラーノ島の運河に架かる橋

ムセオ駅で降りると、近くにはガラス博物館とサンティ・マリア・エ・ドナート教会(Duomo di Murano Santi Maria e Donato)があります。

教会はビサンチン様式で造られており、柱廊がとても美しい!

イタリア・ベネチア近くのムラーノ島のサンティ・マリア・エ・ドナート教会

教会内にはベネチアングラスのシャンデリアがあり、見どころのひとつです。

 

ムラーノ島はベネチアングラス製造が主産業。ベネチアングラスを作るガラス工房も何カ所かあり見学も可能です。

工房によっては、事前に見学を申し込む必要があります

 

ベネチアングラスで作った動物の像などがお土産で売っていますが、本物は親指大の大きさでも数千円かかります。たまに数百円で売られているものもありますが、ほとんどが海外産のニセモノです。

また、似たような品物が複数の店で売られていることも多いので、ひととおり見た後での購入がオススメです。

 

みやげ物店やレストランなど多いですが、注意したいのが歩道の狭さ。

イタリア・ベネチア近くのムラーノ島の狭い通路

幅が数メートルしかないので、レストランでアルコールを飲みすぎて酔っ払うと落ちる危険があるので注意が必要です!!

 

また、ムラーノ島はアートにも力を入れています。

たとえば、金獅子のモザイク画があったり・・・

イタリア・ベネチア近くのムラーノ島の金獅子を描いたモザイク画

近代的なオブジェなどさまざま。

イタリア・ベネチア近くのムラーノ島の現代的なオブジェ

 

また、海沿いだけあって灯台も。

イタリア・ベネチア近くのムラーノ島の灯台

ムラーノ島内はそれほど広くないので、1時間あればひととおり周れます。

ガラス工房を見学したり、みやげ物を探す場合は、30~60分ぐらい余分に時間が必要です

 

ムラーノ島とベネチアングラスの歴史

ベネチアングラスは、ルネッサンス時代にベネチア共和国の経済を支えた重要な製品。

重要なだけあって、13世紀にはグラス製造の技術を他に漏らさないために、職人をムラーノ島に幽閉していたと言われています。

 

ブラーノ島内のみどころ

ベネチア本島からブラーノ島は水上バスで40分。ムラーノ島から行く場合も40分程度で着きます。

ブラーノ島最大の特徴はカラフルな建物。

赤・青・黄など、さまざまな色が使われており、SNS映えするスポットとしても有名です!

イタリア・ベネチア近くのブラーノ島の

なぜこんなカラフルなの?と思いますが、理由は漁から戻った船が霧(きり)のなかでも自分の家を見分けることができるように、だそうです。

確かにこれだけカラフルなら、バッチリ見つけられそうですね。

イタリア・ベネチア近くのブラーノ島の

 

その他の見どころではサン・マルティーノ教会(Chiesa di San Martino)

それほど大きな教会ではありませんが、鐘楼が2~3度傾いていることで有名です。

イタリア・ベネチア近くのブラーノ島のサン・マルティーノ教会

なお、ピサの斜塔の傾きは5度3分です。

ピサの斜塔は傾きがスゴイ!フィレンツェからの行き方と周辺の見どころ紹介
世界でも有数の珍スポット・ピサの斜塔。 『斜塔』の名前のとおり、塔自体が傾いています! 写真で見るより、実際に見るとその傾きに驚くこと間違いなしです。 今回はフィレンツェからピサの斜塔に行く方法、塔および周辺の見どころを紹介します...

 

ブラーノ島の主要産業はレース編み

ブラーノ島内にはレース製品が多く売られていますが、どれも信じられないぐらい精密。額に入れて飾りたいぐらいです。

イタリア・ベネチア近くのブラーノ島の伝統工芸・レース編み

島内はムラーノ島と比べても更に狭いので、ひととおり巡るだけであれば30分あれば十分です。

しかし、せっかくなのでカフェでゆっくりしたり、レース博物館に訪れてじっくり見学しましょう!

イタリア・ベネチア近くのブラーノ島の街並み

ブラーノ島とレース編みの歴史

レース編みはメルレット(Merletto)と呼ばれ、16世紀ごろに漁業の網から派生して発展したと言われています。

空中刺し(Punto in aria)と呼ばれる技法が特徴となっていますが、近年では後継者不足が深刻な問題となっています。

もともとは上流階級の人々の装飾品として珍重されていましたが、ベネチア共和国崩壊などにより徐々に廃れてしまいました。

 

観光についての注意点

全般

ムラーノ島、およびブラーノ島は、水上バス停留所付近を中心に水路が張り巡らされています。

通行するための通路もありますが、幅は狭め。水路に落ちないように注意して歩いてください。

 

また、水上バスはルートが決まっています。

ムラーノ島からブラーノ島に行くこともできますが、遠回りのルートの場合かなり時間がかかりますので、前もってルートを確認しましょう。

定休日について

島自体はいつでも訪れることが可能ですが、島内施設の定休日はさまざま。

ムラーノ島のガラス博物館は水曜が定休日、ブラーノ島のレース博物館は月曜が定休日です。

所要時間について

ざっと見るだけなら1つの島あたり、だいたい1時間ぐらいあれば大丈夫です。

食事をしたり、工房見学する場合は余分に時間が必要です。

服装について

春や秋は日中は暑くても、水上バスに乗っているときは風で少し肌寒くなることも。

カーディガンなど、薄手の上着があると体温調節しやすいです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

また、島内は意外に広いのでかなり歩く必要があるので、歩きやすいスニーカーがオススメです。

トイレについて

島内に何カ所かあります。

ムラーノ島はコロンナの船着き場付近にあります。

売店・レストランについて

ムラーノ島はガラス製品、ブラーノ島はレース製品を中心に売られています。

レストランも多くあり、水やスナック類も売っています。

 


スポンサーリンク

個人で行く? or 現地ツアーを利用する?

ムラーノ島&ブラーノ島はベネチアからも近く、水上バス(ヴァポレット)を使えば個人でも訪れやすいです。

ただし、鉄道と比べると少しわかりずらい点も・・・

現地ツアーの種類によっては、貸し切りチャーター船を利用できるので安心です。

また、それぞれの島内の説明を聞きたい場合や、ムラーノ島の工房に立ち寄りたい場合は現地ツアーの利用が便利です。

  》》ムラーノ島&ブラーノ島を訪れるベネチア発着ツアー

 

世界遺産への登録

1987年に『ヴェネツィアとその潟』の構成資産として、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

ムラーノ島、ブラーノ島とも構成資産に含まれています。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識...

 

観光のベストシーズン

春~秋(3~10月)がオススメです。

冬は暗くなるのが早く(16時ごろ)、水上バスに乗っている時や水辺沿いは風が強いので、より寒くなります。

 

観光に必要な日数

ベネチアへの往復に丸2日、日帰りでムラーノ島&ブラーノ島に行くとして合計丸3日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低3泊5日必要です。

 

観光を計画

ムラーノ島&ブラーノ島を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券
》》ベネチア(ムラーノ島&ブラーノ島含む)のホテル
》》ムラーノ島&ブラーノ島を訪れるベネチア発着ツアー
》》ムラーノ島&ブラーノ島を訪れる日本発着ツアーを探す

 

 

スポンサーリンク