上海・豫園は観てよし!食べてよし!買ってよし!の3拍子!!見どころと行き方を紹介

 

中国・上海の中心部にある豫園(豫園商城)は、見所いっぱい!おいしい食べ物いっぱい!ステキなお土産いっぱい!の観光地。

だれでも楽しむことができる、オススメのスポットです。

今回は豫園の見どころや、観光するときの注意点を紹介します!

基本情報

豫園(よえん)とは、四川布政使の役人だった潘允端が、父・潘恩のために造った庭園です。

潘氏の衰退に伴い、いったんは荒廃しますが18世紀中ごろに上海の有力者によって再建、隣接する上海城隍廟の廟園となり、西園と改称されました。

20世紀中ごろになると西園の半分を庭園として整備(この部分が豫園)、もう半分を豫園商城として整備して現在にいたります。

豫園商城は、豫園の周りにある古風なショッピングエリアのことです

面積は約20,000平方メートル。

なお、豫園とは「愉園」、つまり『楽しい園という意味があります。

 

見どころ

豫園は無料エリアと有料エリアに分かれています。

有料エリアは庭園が中心、無料エリアは茶室や豫園商城などのショッピングエリアが中心です。それぞれ見どころを紹介します!

無料エリア

豫園エリア中心部には荷花池があり、その中心にあるのが湖心亭と呼ばれる茶館。

湖心亭では、清王朝時代のレトロな建物のなかで、ティータイムを楽しむことができます!

中国・上海の豫園にある湖心亭

なお、湖心亭まで行くには九曲橋を渡ります。

名前どおり9つの曲がり角があります

 

また小籠包の有名店・南翔饅頭店も荷花池近くにあります。テイクアウトと店内での飲食どちらでも楽しめますよ。

中国・上海の南翔饅頭店(豫園本店)の

南翔饅頭店については、こちらをご覧ください。

上海で小籠包を食べるなら南翔饅頭店がオススメ!上海市内の2店舗を紹介します
中国・上海は気候に恵まれているため食材が豊富で、料理の種類も多彩。 いろいろな料理がありますが、やっぱり小籠包がオススメです! 今回は僕が上海に行くたびに訪れる、南翔饅頭店を紹介します。 南翔饅頭店とは 南翔饅頭店(なんしょう ...

 

また庭園エリアを取り囲むように、中国伝統の民芸品や土産物を売っているお店が立ち並んでいます。

中国・上海の豫園商城

みやげ物などのショッピングについては後述します。

有料エリア

豫園中心部、有料エリアは庭園がメインです。

下記の案内地図の左下部分(湖心亭)以外のエリアが有料です。

中国・上海の豫園の案内地図

中に入って、すぐに目に入るのが三穂堂。豊作を記念して名づけられました。

中国・上海の豫園にある三穂堂

三穂堂は釘を使わずに建てられており、祝典が催される場所でもありました。

三穂堂のすぐ裏手にあるのが仰山堂

2階建ての楼閣からは、池越しに2000トンもの武康黄石を積み上げた大假山を鑑賞できます。

中国・上海の豫園にある仰山堂

池にかけられた回廊は積玉水廊と言います。

中国・上海の豫園にある積玉水廊

続いて龍壁。まるで空を舞っているようなダイナミックさです。

中国・上海の豫園にある龍壁

本来なら私邸では皇帝の象徴である龍を使えませんでしたが、指の数を5本→4本に変更して言い逃れたと言われています。

豫園内には江南ナンバーワンとたたえられる銘石が多くありますが、なかでも有名なのは玉玲瓏

高さ3メートルの玉玲瓏は中国3大太湖石のひとつに数えられています。

中国・上海の豫園の玉玲瓏

そのほか、ちょっとした入口にも古き良き中国を感じさせてくれます。

中国・上海の豫園の庭園エリア中国・上海の豫園の庭園エリア

 

みやげ物もイッパイ!

お土産店は豫園商城上海老街豫園老路と呼ばれる道沿いに集まっています。

上海老街は豫園の南側を通る方浜中路沿いのエリアのこと。明朝・清朝時代の建物が再現されておりレトロ感たっぷり。

中国・上海の豫園老街

上海老街では、骨とう品やチャイナドレス、絵画を扱う店が並んでいます。

豫園老路は豫園中心部(湖心亭のある池)から北に延びる細い通路。

豫園老路には印鑑や箸(はし)、包丁など伝統工芸品の専門店が立ち並んでいます。

中国・上海の豫園老路

僕はここにあるハンコ屋で、手作り印鑑をオーダーしました。

印鑑は名字のみ or 名字+名前のどちらでもOK。

中国・上海の豫園にある印鑑店中国・上海の豫園で作った印鑑

印鑑が出来上がるまで1時間ぐらいかかります。
また、料金は値切れます。僕は3割ぐらい値引きしてもらいました。

また、あなたの名前を花文字で書いてもらえる店も。

花文字とは、良い意味を持つ花や龍などで文字を装飾したものです。

こちらは香港で書いてもらったものですが、こんな感じです。

香港のピークタワー内のみやげ物店で書かれた花文字

豫園付近には、その他にもお土産を売っている場所が多くあります。道路ごとに売られているものが異なっているので、欲しいものをじっくり探すのも楽しいです。

 

ライトアップされた豫園エリアもキレイ

豫園は夜景がとってもキレイ!

陽が落ちると、中国伝統の建物がライトアップされ美しさが増します。

こちらが豫園商城にある亜一金店。ちょっと写真がボケていますが、とっても美しいです!

中国・上海の豫園エリアにある亜一金店

そして、こちらが湖心亭のライトアップ。

中国・上海の豫園にある湖心亭(夜)

逆さ富士のように、水面に映る湖心亭が美しいです。

 

行き方

豫園は上海中心部にあり、アクセスも楽です。

最寄りの駅は地下鉄2号線、および10号線の豫園駅(豫园站)。駅から豫園まで徒歩5分ほどで着きます。

地図(GoogleMap)では”予園”と書かれている場合もあります。

 

また、上海浦東国際空港から市内中心部への移動方法はこちらをご覧ください。

上海浦東国際空港から市内への移動方法6パターン。オススメはコレ!
中国の上海は豫園など見どころが多いので、日本人にも人気の観光地です。 上海の空の玄関口は上海浦東国際空港。空港から上海市内までの移動方法はリニアモーターカーなどさまざまあります。 今回はそれぞれの移動手段のメリット・デメリットを...

 


スポンサーリンク

観光についての注意点

定休日・営業時間について

定休日はありません。

有料エリアの営業時間は、朝8:00から夜17:00までです。

湖心亭や上海老街などの無料エリアは店によって異なります。なお、湖心亭は朝8:30から夜21:00まで営業しています。

所要時間について

だいたい2時間あれば無料エリアを含めて周れます。

服装について

豫園内は周りの上海老街などの無料エリアを含めると、想像以上に広いです。

なるべく歩きやすいスニーカーなどの靴がオススメです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

トイレについて

豫園自体のトイレは少ないですが、周りにホテルやレストラン、デパート内にあります。

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

上海中心部にあるので個人でも行きやすいですが、くわしい説明を聞いたり他の観光地と合わせて巡りたい場合は現地ツアーへの参加が便利です。

  》》豫園を訪れる上海発着ツアー

 

世界遺産への登録

2018年現在、世界遺産に登録されていません。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識...

 

観光のベストシーズン

春(3月下旬~5月)、および秋(10月~11月)がオススメです。

8月末~9月中旬は台風が発生することが多く、旧正月にあたる春節の時期はとても混むので避けた方がよいです。

春節は年によって異なりますが、だいたい1月末~2月中旬ごろから始まる1週間です

 

観光に必要な日数

上海への往復に丸1日、日帰りで豫園に行くとして合計1.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊2日必要です。

 


スポンサーリンク

観光を計画

豫園を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券を予約
》》上海のホテル予約
》》豫園を訪れる上海発着ツアー

 

 

 

スポンサーリンク