上海で小籠包を食べるなら南翔饅頭店がオススメ!上海市内の2店舗を紹介します

 

中国・上海は気候に恵まれているため食材が豊富で、料理の種類も多彩。

いろいろな料理がありますが、やっぱり小籠包がオススメです!

今回は僕が上海に行くたびに訪れる、南翔饅頭店を紹介します。

南翔饅頭店とは

南翔饅頭店(なんしょう まんじゅうてん)は中国・上海に本店を置く、小籠包などの上海料理を提供するレストランです。

創業から100年以上たっていますが、創業当時から変わらず有機栽培の野菜を中心に、うま味調味料はいっさい用いず、鶏の皮から作られたゼラチンを使用しています。

現在は中国国内のみならず、日本をはじめとした海外にも支店を多く出しています。

  》》 日本にある南翔饅頭店の公式ページ

 

上海にある店舗

本店(豫園内部)

南翔饅頭店は世界中に支店がありますが、本店は上海最大の観光地・豫園(よえん)内部にあります。

上海・豫園は観てよし!食べてよし!買ってよし!の3拍子!!見どころと行き方を紹介
中国・上海の中心部にある豫園(豫園商城)は、見所いっぱい!おいしい食べ物いっぱい!ステキなお土産いっぱい!の観光地。 だれでも楽しむことができる、オススメのスポットです。 今回は豫園の見どころや、観光するときの注意点を紹介します! ...

建物は3階建てで1階がテイクアウト、2階がセルフサービス形式のレストラン、3階が観光客向けと思われる少し高めのレストランです。

中国・上海の南翔饅頭店(豫園本店)の

このうち、僕は1階のテイクアウトを利用したので紹介します。

 

僕が訪れたのは夜18:00ごろ。テイクアウトコーナーには、すでに数10メートルの行列ができています。

しかし実際に調理しているところを見ることができるので、待ち時間も苦になりません。

中国・上海の南翔饅頭店(豫園本店)のテイクアウト 中国・上海の南翔饅頭店(豫園本店)の調理の様子

しばらく待って、ようやく自分の番になりました!

注文したのは豚肉入り小籠包。16個セットです。料金は8元(日本円で130円ぐらい)と信じられないぐらい安かったです!

中国・上海の南翔饅頭店(豫園本店)のメニュー

料金は2007年時点

 

見た目はこちら。それほど食欲をそそる見た目ではありません・・・

中国・上海の南翔饅頭店(豫園本店)の豚肉入り小籠包

しかし実際に食べると、口の中に肉汁がジュワ~と広がり、うま味が口の中に広がります!

ひとくちサイズで食べやすいこともあり、いくつでも食べられそう。

食べる前は食欲がイマイチだったので食べきれるか不安でしたが、まったくの杞憂。

あっという間に完食しました。

 

1階のテイクアウトと比べると2・3階の小籠包は少し高めですが、ゆっくり食べられるのでオススメです。

店舗情報 公式サイト
住所  :上海黄浦区豫园路85号
定休日 :なし
営業時間:朝7:00 ~ 夜21:00
クチコミ:トリップアドバイザー

呉江路店(南京西路駅近く)

僕が海外旅行に行くとき上海経由となる場合も多いですが、乗り継ぎ時間が長い時は空港の外まで食べに行きます。

なかでも南翔饅頭店の呉江路店には、何度も訪れています。

呉江路店があるのは地下鉄2、12、13号線の南京西路駅( 南京西路站)近くのビル2階。

上海浦東国際空港とは地下鉄2号線でつながっており(片道1時間弱)、雨でも傘を差さずに来れるので利便性が高いです。

店舗入り口はこちら。

中国・上海の南翔饅頭店(呉江路)の外観

店内も広く、観光客はそれほど来ないエリアなので現地人の割合が多そうです。

また、夕食時間帯でも待たされることなく入店できました。

 

呉江路店はメニューがとても豊富ですが、写真付きのメニューが用意されているので心配ありません。

また、小籠包だけではなく麺類やチャーハンなどもありました。

注文は専用の用紙に個数を書きます。

中国・上海の南翔饅頭店(呉江路)の注文票

 

南翔饅頭店の名物とも言える料理が蟹味噌灌湯包

中国・上海の南翔饅頭店(呉江路)の蟹味噌灌湯包

せいろギリギリに収まる巨大さで、ストローを使って肉汁を吸い出します。

ストローには「少しずつ吸え」と書かれています。さっそく飲んでみましたが、熱々です!

一気に吸い込むとヤケド間違いなし。

スープを飲んだ後は、皮を破いて中身のカニみそを食べます。

湯包は皮は食べずにスープと具材のみ食べるらしいのですが、その時は知らずに皮も完食。

冷めきっていておいしくなかったので、皮は残すことをオススメします・・・

そのほか、いろいろな小籠包やスープ類(酸辣湯や貝柱入りスープ)、チャーハンやクラゲなど食べましたが、どれもおいしかったです!

中国・上海の南翔饅頭店(呉江路)の小籠包 中国・上海の南翔饅頭店(呉江路)の小籠包

おなかいっぱい食べても2人で2,500円ぐらい。値段的にも気軽に楽しめるのがウレシイです。

店舗情報 公式サイト
住所  :上海市呉江路269号2階(経典茂名ビル)
定休日 :なし
営業時間:朝10:00 ~ 夜22:00
クチコミ:トリップアドバイザー

 

まとめ

南翔饅頭店は日本国内にもありますが、食べ比べるとやっぱり上海の方がオイシイと言われています。

材料は同じでも、やっぱり職人の腕が重要です。

上海を訪れたら、ぜひ訪れましょう!

 

 

スポンサーリンク