インドの下痢には正露丸は効かない!下痢を治す最善の方法とは?



 

旅人の最終目的地とも言われるインド。

僕も2006年に訪れましたが、最初から最後まで下痢との戦いでした。

インド以外の国では、胃腸の調子が悪くなっても正露丸を飲めばすぐに治りましたが、インドではぜんぜん効き目なし。本当に手ごわいです。

今回は下痢となった原因と、治すために実行したことを紹介します。

※以後、少し汚い表現がありますのでご注意ください。

 

下痢になった原因

インドに到着翌日、タージマハルを見るためにアグラヘ行きました。

タージマハル観光を終え、アグラ市内の食堂でカレーとラッシーと注文。味は非常においしくて大満足でしたが、すこし胃腸の調子が悪くなる気配を感じる・・・

アグラで食べたカレー

アグラ観光は日帰りの予定。夕方ごろ列車に乗って夜にはニューデリーに戻るはずでしたが、列車の到着が遅れに遅れ、結局ニューデリーに着いたのは午前2時・・・

インドで列車が遅延。5時間も駅のホームで待たされる・・・
日本で鉄道や飛行機に乗る場合、定時に到着・定時に出発が当たり前。 しかし、海外では定時運行されるのは非常に珍しいです。 とくに発展途上国の場合、数十分遅れることも珍しくありません。僕は2006年にインドを訪れたときに、5時間の遅延を経験したことがあります。 今回はその時の状況と、回避するためにどうしたら良いかについて紹介します。

インドの列車

翌日、目覚めてしばらくは体調に異変はありませんでしたが、だんだんと下痢がひどくなり、夜にはかなりひどい状態になりました。

それはまるで滝。

すべて出し切るまで、トイレから出ることができませんでした・・・

下痢になった原因は、昼食に食べたカレーの食器に下痢を引き起こす細菌が付着していたことと、列車遅延による疲れが合わさって引き起こされたと思われます。

 

インドの下痢

昔から旅人の間では“インドの下痢は正露丸では治らない”と言われています。

インドなど、衛生状態が良くない国でかかる下痢は細菌性の下痢である場合が多いです。細菌性の下痢、かつ症状がひどい場合は抗生物質を使わないと治りません。

 

下痢になった後の経過

なんとか治そうと頑張る

正露丸を飲んでも、やっぱり下痢は治らず。

食事を食べると、すぐにおなかがが痛くなってしまうので、ほとんど食べることができませんでした。いったん胃の中を空っぽにするために水を数リットル飲みますが、いぜん下痢は止まらず。

すべて出し切ったと思っても、水分と粘膜の固まりが排出され続けます。

また、水を飲み続けるのも体に負担がかかるので、ポカリスエットの粉末に水に溶かして飲み続けます。相変わらず下痢続きですが、体に必要な水分は補給されるので楽になりました。

    楽天市場で粉末ポカリスエットを探す
    Amazonで粉末ポカリスエットを探す

食事は1日1食程度。日本食などの消化が良く、香辛料が使われていない食べ物のみ食べましたが、インド滞在中に下痢が治ることはありませんでした。

帰国後

日本に帰国後、1週間たっても下痢が完治しませんでした。

このままでは仕事にも支障が出てしまうので病院へ。

診察の結果、細菌性の下痢でした。

抗生物質を処方してもらって、しばらく飲んだら下痢がピタリと治りました。日本の医薬品は本当に優秀です。

 

 インド旅行を計画

インドでホテルに宿泊するなら、日本料理レストランが入っているホテルがおすすめ。

もし下痢になっても、遠くまで移動しなくても食べ慣れた食事があるのは本当に助かります。

    インドのホテル

また、タージマハルに行きたいけれど移動に不安がある場合は、現地ツアーやパッケージツアーを利用すると楽ですよ。

    タージマハルを訪れるデリー発着ツアー
    タージマハルを訪れる日本発着ツアー

 

 今回の教訓

今回の下痢で得た教訓は2つです。

1.不衛生な国では食事前に除菌シートで手をキレイにする
手で壁や手すりを触った状態で、そのまま食事をしました。

インドなどの衛生状態があまり良くない国では、食事前に手をキレイにする必要があります。水道の水も不衛生な場合があるので、除菌タイプのウェットティッシュが必須です。

    楽天市場で除菌シートを探す
    Amazonで除菌シートを探す

2.海外旅行保険に必ず加入する
インドを訪れた時はクレジットカードも持っておらず、また海外旅行保険に加入していませんでした。

保険に加入していないと、治療費として膨大な金額が必要です。

ただの下痢なら心配ありませんが、重大な病気の場合は命に関わりますので、気軽に病院に行けるように海外旅行保険に加入しましょう。

海外旅行保険は必要?クレジットカード付帯保険と組み合わせれば万全!
日ごろ病気になっても、病院で払うお金は本来の医療費の数割程度。これは日本の保険制度により国民の負担額が軽減されているからです。 しかし、海外旅行中は日本の保険制度を利用できません。 しかし事前に海外旅行保険に加入しておくことにより、費用の負担を大幅に削減することが可能です。 今回はクレジットカード付帯の保険 or 保険会社の海外旅行保険のどちらを選択するのが望ましいかを紹介します。

また、本来なら海外で薬を購入しない方が望ましいです。

海外旅行で病気に・・・・なりやすい病気と対処方法を知っておけば安心!
海外旅行中は通常より体力的に無理しがち。疲れがたまった状態で無理して行動することにより、病気となるリスクが上昇します。 病気となった時は安静にして薬を飲むのが 一番ですが、海外で売っている薬は日本人にとっては成分が強めなので、逆に体調を悪化させてしまう場合もあります。 今回は海外旅行でなりやすい病気と、対処方法を紹介します。
イザという時に!海外旅行に持っていきたい医薬品
海外旅行中は活動的に歩き回ることが多いため、疲れがたまりやすいです。また、食事も日本料理と比較すると脂っぽいことが多いので、胃腸を中心に体調が悪くなりがち。 海外旅行中に体調不良となった場合は、日本で日常使っている医薬品を使用するようにしましょう。 今回は海外で購入した医薬品を使わない方がよい理由と、おすすめの医薬品を紹介します。

しかし、どうしても下痢を治したいのであれば、インドの薬局で売っているNorflox-TZがとても良く効きます。

購入および使用は自己責任でお願いします

 

 

スポンサーリンク