インドの電車は遅れすぎ!5時間も駅のホームで待たされる・・・

 

日本で鉄道や飛行機に乗る場合、定時に到着・定時に出発が当たり前。

しかし、海外では定時運行されるのは非常に珍しいです。

とくに発展途上国の場合、数十分遅れることも珍しくありません。僕は2006年にインドを訪れたときに、5時間の遅延を経験したことがあります。

今回はその時の状況と、回避するためにどうしたら良いかについて紹介します。

出発予定時刻以前

2006年にインドへ一人旅。個人旅行です。

タージ・マハルを見るために、ニューデリーからアグラヘ移動。

移動手段として、観光地間を結ぶシャタブディ・エクスプレス(Shatabdi Express)を往復とも利用することにしました。

インドの列車

シャタブティ・エクスプレスはインドでは最高級クラスの列車と言われていますが、内部は日本の昭和時代に走っていた列車を思わせる質素なつくり。

ニューデリーからアグラヘは2時間で着くはずでしたが、到着したのは4時間後。少しは遅れると考えていましたが、倍の時間かかるのは想定外です。

アグラではタージ・マハルアグラ・フォートを見物。

タージマハル

アグラ・フォート

タージ・マハルの見どころと空いているゲートはココ!観光時の注意点も紹介!!
真っ白の大理石で作られた、玉ねぎ型の屋根が特徴的なタージ・マハル。 その白亜の姿は世界一美しい建物と言っても差し支えないほど。一見するとイスラム教の寺院!?と思われがちですが、実は異なります。 今回はタージ・マハルへ行く方法や観光時...

 

アグラからニューデリーへ戻る列車の出発は夜21時半。

ひと通り観光も終わり、他の場所に行く時間もなく、夕食を食べたかったので18時ごろアグラ・カント駅へ戻ります。

アグラ駅前

食事も終わり、プラットフォームで列車を待ちますが、列車は来ません。

出発予定の21時半を過ぎても、列車が来る気配も遅延に対するアナウンスもありませんでした。

 

出発予定時刻を過ぎてから

出発予定の21時半を30分以上経過したころ、ようやくアナウンスがありました。

アナウンスの内容は「出発は23時ごろです」とのこと。せめて出発予定時刻にアナウンスがあれば・・・さすがインド。

周りに座っている人も疲れた様子ですが、子供は走り回って元気。なかには外から忍び込んだと思われる子供もいました。

ようやく23時。・・・しかし列車は来ない。

さらに待って、ようやく列車が来たのは深夜0時を過ぎた頃。

プラットフォームで待ち続けて6時間。2006年当時はスマホが存在しないため、時間つぶしにガイドブックを熟読することになりました。

アグラ出発予定が19時半なので、5時間近く遅れています。

ニューデリーには予定通り2時間で到着しました。めちゃくちゃ疲れていたので列車の中では熟睡。この時の疲れが原因の一つとなり、のちに下痢となって苦しみました。

インドの下痢には正露丸は効かない!下痢を治す最善の方法とは?
旅人の最終目的地とも言われるインド。 僕も2006年に訪れましたが、最初から最後まで下痢との戦いでした。 インド以外の国では、胃腸の調子が悪くなっても正露丸を飲めばすぐに治りましたが、インドではぜんぜん効き目なし。本当に手ごわいです・・・ 今回は下痢となった原因と、治すために行ったことを紹介します!

 

インド旅行を計画

インドはまだ列車の遅延が多いです。

タージ・マハルを訪れる時はアグラ市内で一泊するか、時間の余裕がない時は、ニューデリーからの現地ツアーで訪れた方が良いです。


 》》アグラのホテル
 》》タージマハルを訪れるデリー発着ツアー
 》》タージマハルを訪れる日本発着ツアー

 

今回の教訓

シャタブディ・エクスプレスは「(インドにしては)遅延が少ない列車」として有名。それでも今回のように遅れることがあります。

海外、とくにインドのような発展途上国では、時間に余裕を持つことが重要です。

また、時間に制約があって当日中に移動する必要がある場合は、車で移動する現地ツアーに参加した方がスケジュールが狂いにくいのでおすすめです。

 

 

スポンサーリンク