エッフェル塔のライトアップを見逃すな!点灯時間とオススメの見物場所はココ!!

 

エッフェル塔といえばフランス・パリでも特に有名な建築物。

そのままの姿でも美しいエッフェル塔ですが、ライトアップすると美しさが5割増し。

さらに1日に数回、宝石のように輝くシャンパンフラッシュは必見です!

今回はエッフェル塔、およびライトアップ&シャンパンフラッシュの時間帯を紹介します。

 追記 
2019/07/05  オーダーメイド旅行について追記
2019/04/21
  観光に便利なアイテムを追記

2019/04/06  優先入場チケットについて追記
2018/05/10  定休日について追記

基本情報

エッフェル塔は、19世紀末に開催された第3回パリ万国博のために建てられました。

当初は鉄製の記念碑として建築が計画され、多くの案からアレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル(Alexandre Gustave Eiffel)の設計案が採用されました。

ギュスターヴ・エッフェルは自由の女神の設計にも関わっています

 

エッフェル塔の高さは324メートル。

もともとは300メートルほどでしたが、電波塔に生まれ変わる際に18.7メートル高くなっています。

フランス・パリのエッフェル塔

建築当初は「パリの景観に合わない」という意見が多く、一時は建築工事が中断されましたが代案がないため、20年という存続期限を設けて工事が再開されました。

 

ところで、建築反対派の人の言葉として『エッフェル塔が嫌いな人はエッフェル塔に行け』というものがあります。

これはエッフェル塔に行けば、エッフェル塔を見ないで済むからという皮肉を込めた意味です。

その後の20年間でエッフェル塔に対するネガティブな意見はなくなり、あらたに電波塔として使用されることとなったため、取り壊されることなく現在もパリの名所として立ち続けています。

なお、東京タワーはエッフェル塔を参考にして造られました。

 



スポンサーリンク

エッフェル塔のライトアップ

エッフェル塔は日没後、深夜1時(25時)まで毎日ライトアップされます。

フランス・パリのエッフェル塔(ライトアップ)

このままでも十分美しいですが、1時間に1回、エッフェル塔に取り付けられた約20万個もの電球が一斉に点滅します。

フランス・パリのエッフェル塔(ライトアップ+シャンパンフラッシュ)

これが本当に美しい!!

この点滅はシャンパンフラッシュダイヤモンドフラッシュと呼ばれていますが、その名に負けない輝きがあります。

 

シャンパンフラッシュが行われる時間は日没後、毎時00分~05分の間の5分間。

ライトアップが行われる、各季節ごとの日没時間はだいたい下記のとおりです。

  11月~02月:17時~18時
  03月    :18時~19時
  04月    :20時~21時
  05月~08月:21時~22時
  09月    :20時~21時
  10月    :19時~20時

緯度の関係で、春~秋の日の入りが遅めです。

 

オススメの見物スポット

まずは近くから眺め、その大きさをダイレクトに感じましょう!

フランス・パリのエッフェル塔

真下から眺めたフランス・パリのエッフェル塔

 

ライトアップされたエッフェル塔を見る場合は、シャイヨー宮から見るのがオススメ。

シャイヨー宮は高台になっているので、視線のまっすぐ先にエッフェル塔をとらえることができます。

フランス・パリのエッフェル塔を見る場所の地図

ココから見る人は多く、ライトアップの時間帯は混雑していますので、スリ等に注意してください。

海外旅行でのスリ被害・・・状況と対応すべきこと、遭わないためにどうする?
海外旅行に行くと「やっぱり日本は安全だわ・・・」と思わずにはいられません。 日本ではスリはめったにいませんが、海外では注意が必要。 僕も細心の注意を払っていましたが、それでも2度スリに遭いました・・・ 今回はスリにあった時の状況と、スリ被害に遭わない&遭った時はどうするか紹介します。

 



スポンサーリンク

行き方

エッフェル塔はフランス・パリの第7区、シャン・ド・マルス公園の北西に位置しています。

パリ中心部からは、地下鉄か徒歩で訪れる方法がオススメ。

地下鉄9号線のトロカデロ駅(Trocadero)、または6号線のビル・ハケイム駅(Bir-Hakeim)、8号線のエコール・ミリテール駅(Ecole Militaire)が近いです。

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内への移動方法は、こちらをご覧ください。

シャルルドゴール空港からパリ市内への移動方法3パターン。オススメの方法は?
フランスのパリは『花の都』『美食の都』といった形容詞があり、オシャレな雰囲気が漂いまくり。 見どころも多く、日本人もたくさん訪れています。 パリを訪れた時の玄関口は、シャルルドゴール空港。 今回はシャルルドゴール空港から、パリ市内中心部への移動方法を紹介します。

 

入場チケットは予約必須

エッフェル塔は登ることができますが、とにかく待ち時間が長いのが難点・・・

しかし、事前にネット予約しておけば、スムーズに入場できます。

  》》エッフェル塔チケット予約(公式サイト:英語)

予約が完了したらE-チケットを印刷。あとは予約した時間にエッフェル塔の入口に行くだけです。

英語サイトなので自分での予約が難しいと感じたら、エッフェル塔に入場する現地ツアーへの参加が便利です。

ツアーによっては優先入場できたり、普通の観光では入れない裏側を見学するツアーもあります。

  》》エッフェル塔を訪れるパリ発着ツアー予約

 



スポンサーリンク

優先入場チケットがあれば入場もカンタン

空き時間が少ない場合は、優先入場チケット(ファストパス)の事前購入がオススメ。

楽天グループのVoyaginなら、日本語サイトなのでカンタンに購入できます!

  》》エッフェル塔の優先入場チケットを入手(Voyagin公式)

 

観光についての注意点

定休日・営業時間について

定休日はありません。

営業時間は朝9:00~深夜24:00です。

 



スポンサーリンク

こんなことがありました

募金サギ

エッフェル塔など、観光地では募金サギに注意してください。

僕は知らなかったこともあり、まんまと引っかかりました・・・

手口はろうあ者(言葉が不自由な人)のフリをして観光客に近づき「署名お願いします」と書かれたボードを見せます。署名をすると金額を書き込む欄を指し示して、身ぶり手ぶりで募金をお願されます。

とくに日本人は断りにくいので、そのまま募金する人が多め。

募金をお願いしてくる人は、ろうあ者を偽っているだけです。募金しないように注意してください!

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加

エッフェル塔はパリ中心部にあるので、個人でも簡単に訪れることが可能。

ただし、エッフェル塔に優先入場、または普段は入れない場所に行きたい場合は、現地ツアーへの参加がオススメ。

また、他の観光地と合わせて効率的に巡りたい場合や、日本語でのガイドが必要なら現地ツアーが便利です!

  》》エッフェル塔を訪れるパリ発着ツアー予約

 



スポンサーリンク

フランス旅行をオーダーメイド

空港からの移動や、エッフェル塔をはじめとしたパリ周辺の見どころを効率よく巡るのは意外と大変・・・

しかしツアー旅行は好きな場所に行けないし、行きたくもないお土産店に立ち寄ったりするので避けたいですよね。

そんな時は『オーダーメイド旅行』がおすすめです!

オーダーメイド旅行はツアーと個人旅行のいいとこどり!オススメは?
僕は海外旅行は個人手配型が好きですが、場合によってはオーダーメイド旅行をするときもあります。 オーダーメイド旅行は個人旅行とツアー旅行を足して2で割った感じですが、今回は利用すべきケースやオススメの依頼先を紹介します!

 

たとえば『タウンライフ旅さがし』なら無料で見積もってもらえます。

観光についての不明点を事前に相談をしたり、現地に着いてから困りごとがあっても、サポートデスクが設置されているので難なく解決できますよ。

 

観光に便利なアイテム

海外旅行での問題はやっぱり言葉。英語なら何となく理解できても、フランス語は難しいですよね・・・

あなたがフランス語を話せなくても、翻訳できるアイテムがあれば安心。

ポケトークなら世界中の言葉に対応しており、話しかけるだけで的確に翻訳してくれます!

 



スポンサーリンク

世界遺産への登録

1991年に『パリのセーヌ河岸』の構成資産のひとつとして、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 

ほかの構成資産として、ルーブル宮殿(現:ルーブル美術館)シャンゼリゼ通りコンコルド広場が含まれています。

ルーブル美術館に並ばずスムーズに入場!ミロのヴィーナスもひとり占めで鑑賞!!
ルーブル美術館は、世界でも最大級の博物館。 展示されている絵画・彫刻も美術の教科書に載っているものばかり。 混むのが難点ですが、あまり並ばずに入場できる方法があります! 今回はルーブル美術館の見どころや、並ばずに入れる方法を紹介します。

 

観光のベストシーズン

春~初秋(3月~9月)がオススメです。

夏でも気温が30℃を超えることは少なく、過ごしやすいです。

また、10月に入るとかなり寒くなってくるので、ライトアップ鑑賞のために長時間外にいるのは少し辛いかも。

 

観光に必要な日数

パリへの往復に丸2日、日帰りでエッフェル塔を見に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊4日必要です。

 

観光を計画

エッフェル塔を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空チケット予約
》》パリのホテル予約
》》エッフェル塔を訪れるパリ発着ツアー予約
》》エッフェル塔を訪れる日本発着ツアー予約

 

 



スポンサーリンク