シャルルドゴール空港からパリ市内への移動方法3パターン。オススメはコレ!

 

フランスのパリは”花の都”や”美食の都”といった形容詞があり、オシャレな雰囲気が漂いまくり。

見どころも多く、日本人もたくさん訪れています。

パリを訪れた時の玄関口は、シャルルドゴール空港。

今回はシャルルドゴール空港から、パリ市内中心部への移動方法を紹介します。

パリ=シャルルドゴール空港からパリ中心部への移動方法

パリ=シャルル・ド・ゴール空港(Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle)はフランス最大の空港。

パリ市街から北北東に約23キロメートルの場所にあり、国際線も多く就航しています。

空港から香港市内に行くには、おもにタクシー、エアポートバス、鉄道(RER)、空港送迎サービス利用の4つの方法がありますので、それぞれのメリット・デメリットを紹介します!

タクシーを利用

空港からタクシーを利用する場合、地区に応じた定額制です。

おおよその料金はセーヌ川右岸は50ユーロ、東岸は55ユーロ。夜間・休日は料金が割増しされます

タクシー利用のメリットは、24時間いつでも運行していることと、ホテルの目の前まで連れて行ってくれること。大きな荷物を持っていても歩く必要がないので楽です。

デメリットは料金の高さ。

また未認可タクシー(白タク)に乗った場合は正規料金より大幅に高額な料金を請求されることもあり、安全性も低いです。

タクシーは公式の乗り場から乗ってください

空港から市内中心部には渋滞していなければ30~50分ぐらいで着きます。

エアポートバスを利用

エアポートバスは2種類あります。

ル・ビュス・ディレクト

ル・ビュス・ディレクト(Le Bus Direct)は、航空会社であるエールフランスが運行するエアポートバスで、路線は3つあります。

以前はLes Cars Air Franceという名称でした。
ル・ビュス・ディレクトは路線や施設をそのまま利用しています。

エッフェル塔や凱旋門、モンパルナス駅など観光客が訪れる場所に停まるので、とても利便性が高いです。

フランス・パリのシャルルドゴール空港のエアポートバスの案内板

所要時間は路線・渋滞状況によりますが、だいたい40~60分です。

路線や料金などの詳細情報は、ル・ビュス・ディレクトの公式サイトをご覧ください。

  》》ル・ビュス・ディレクトの詳細情報(公式サイト)

ロワシーバス

ロワシーバス(Roissy Bus)はパリでメトロやRERを運営している、RATPによる公式シャトルバスです。

路線数は少なく、ガルニエ宮方面へ向かう1路線のみ。

所要時間は約60分です。

停留所や料金などの詳細情報は、公式サイトをご覧ください。

  》》ロワシーバスの詳細情報(公式サイト)

 

両方の空港バスとも、チケットは空港の32番ゲートから出た場所で購入可能。往復なら片道2回分を購入するよりもお手頃に購入できます。

また、路線により営業時間は異なりますが、だいたい朝6時~深夜23時です。

エアポートバス利用のメリットは、タクシーと比較すると料金が安いこと(10~20ユーロ)。

デメリットは、バスの停留所からホテルへの移動を自分で行う必要がある点。

荷物の量が多いと大変です・・・

RER(鉄道)を利用

RER(Réseau express régional d’Île-de-France:イル=ド=フランス地域圏急行鉄道網)のB線がシャルルドゴール空港とパリの北駅(Gare du Nord)を結んでいます。

メリットは、渋滞なくパリ市内中心部まで行けること。

だいたい30分で到着します。

料金も空港バスよりも安く、朝5時~夜23時の間で10~15分間隔で運行しています。

2018年現在、片道10ユーロ

RERの駅は空港の敷地内にあり、各ターミナルからはモノレールで移動可能です。

フランス・パリのシャルルドゴール空港のモノレール フランス・パリのシャルルドゴール空港のモノレール車内

 

デメリットは、北駅からホテルまでは自分で移動する必要があること。

また、北駅付近は治安がとても悪いので、深夜や女性・子供のみの場合は絶対に訪れないようにしましょう。

空港送迎サービスを利用

空港送迎サービスは、空港から宿泊しているホテルまで送迎してくれるサービスです。

事前の予約が必要ですが、予約しておけば他の交通機関が無い時間帯でも心配ありません!

海外旅行に行くなら空港送迎サービスが超便利!利用方法と便利ポイントを紹介!!
空港からホテルに移動する場合、地下鉄やタクシーなどいろいろな交通手段がありますが、都市によっては空港送迎サービス利用がオススメ。 今回は空港送迎サービスのメリットや使い方を紹介します! 空港送迎サービスとは 空港送迎サービスとは、...

 

空港送迎サービスのメリットは、ホテル前まで送ってくれるので大きな荷物を持っていても大丈夫なことと、バスや電車が動いていない早朝・深夜でも利用できること。

デメリットは料金の高さ。

ただし身元がはっきりしているので、ボッタクられたり危険な目に遭う可能性はタクシーよりも少ないです。

  》》シャルルドゴール空港からホテルへの空港送迎サービス

 

オススメの移動方法

昼間の移動であり、荷物が少なく駅や停留所からホテルの距離が近い場合は、エアポートバスがオススメ。

理由はやっぱり料金の安さ。

 

もし早朝や深夜の移動や、駅や停留所からホテルが遠い場合は、空港送迎サービス一択です。

パリはストライキが多い国。

ストライキが始まってしまうとバスや電車は動かなくなってしまうので、なるべく空港送迎サービスの利用が便利です。

  》》シャルルドゴール空港からホテルへの空港送迎サービス

僕もペルーに滞在中にストライキに遭遇しましたが、本当に大変でした・・・

ストライキ地獄・・・マチュピチュ&クスコで悩まされる。対応策は?
ストライキって知ってますか? 言葉は知っているけれど、実際に遭遇したことがない人がほとんどではないでしょうか? 断言しますが遭遇しない方が良いです! 僕は2017年7月にマチュピチュ観光に訪れた時に遭遇しました(それも2回・・・)...

 

まとめ

旅行前に可能なかぎり現地の最新情報を調べ、ストライキの危険性があると感じたら空港送迎サービス利用がオススメ。

せっかくの海外旅行、安全を重視してパリ滞在をシッカリ楽しみましょう!

 

スポンサーリンク