パリのオペラ座(ガルニエ宮)の見どころ紹介!必見はシャガールの天井画!!

 

フランス・パリにあるオペラ座(ガルニエ宮)は、バレエやオペラを見るための劇場としても有名。

しかし、建物自体も細かな装飾が施されており、とても素晴らしいです。

今回は、オペラ座の歴史や見どころを紹介します!

基本情報

オペラ座が造られたのは1875年。建設を命じたのはナポレオン3世です。

ナポレオン3世はパリの大規模な都市整備計画を打ち出し、それまで商業の中心地であった地区に資産家や貴族の社交場となるオペラ座の建設を命じました。

コンクールを経て、設計することになったのはシャルル・ガルニエ(Charles Garnier)

ガルニエさんが設計したので、別名『ガルニエ宮』『パレ・ガルニエ』とも呼ばれています。

 

オペラ座の内装は、絢爛豪華なバロック様式。まるで宮殿のような美しさ!

建築様式総まとめ。ロマネスク様式、バロック様式などの特徴は?
ガイドブックを見ると観光名所の欄に、ロマネスク様式やバロック様式など、さまざまな建築様式が書かれています。 何となく読み流してしまいますが、建築様式の概要を理解しておけば、さらに観光が楽しめます! 今回は代表的な建築様式から、あまり有名ではない建築様式まで紹介します。

 

また、現在でもオペラやバレエが上演されており、オペラの名作『オペラ座の怪人』の物語を生んだことでも知られています。

バレエ上演が中心で、オペラが上演される割合はそれほど多くありません

 



スポンサーリンク

見どころ

まずは外観。

フランス・パリのオペラ座(ガルニエ宮)の外観

石造りでありながら、細かな彫刻が美しいです。

 

建物内部へ。

内部でまず目に入るのが、とても立派な大階段

大階段から見上げるとモザイク装飾された天井や大理石の壁、美しい彫刻など、どれを見ても素晴らしい!

フランス・パリのオペラ座(ガルニエ宮)の大階段上部

ちょっと怖い、こんな彫刻もあります。

フランス・パリのオペラ座(ガルニエ宮)の彫刻

 

オペラ座の見どころの1つがグラン・ホワイエ(Grand Foyer)

ホワイエとは劇場のロビーのことで、バレエやオペラの上演の間に、観客が過ごす社交の場のことです

 

グラン・ホワイエはこちら。ロビーと言えど、豪華さがスゴイ!

フランス・パリのオペラ座(ガルニエ宮)のグラン・ホワイエ

グラン・ホワイエは長さ58メートル x 高さ18メートル x 幅13メートルもあります。

ベルサイユ宮殿にある『鏡の間』にも負けない美しさです。

ベルサイユ宮殿は絢爛豪華の極み!行列を避けてスッと入れる方法はコレ!!
食べるものがない民衆に対して「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない!」と言ったとされる女王マリー・アントワネットが住んでいた場所が、ベルサイユ宮殿。 そんな女王が住んでいた場所だけあって、絢爛豪華という言葉がピッタリ! 今回はパリからベルサイユ宮殿に行く方法や内部の様子、庭園に無料で入る方法を紹介します。

 

なお、グラン・ホワイエからバルコニーに出られます。

バルコニーからは、美しいパリの風景が一望。

フランス・パリのオペラ座(ガルニエ宮)のテラスからの眺め

バルコニーからはパリの街並みが一望できるので、ぜひ見てみましょう!

バルコニーへ出られる扉が閉まっている場合もあります

 

そして必見は劇場ホール!

フランス・パリのオペラ座(ガルニエ宮)の劇場ホール

劇場ホールは今も使用されており、席数は2,000席近いです。

最大の見どころは天井。

フランス・パリのオペラ座(ガルニエ宮)の劇場ホールのシャガールが描いた天井画『夢の花束』

クリスタル製のシャンデリアも素晴らしいですが、注目は天井画。

天井画は『夢の花束』と呼ばれており、フランスの画家マルク・シャガール(Marc Chagall)によって1964年に描かれました。

天井画には、パリの風景や有名なバレエ・オペラ作品が描かれており、時間を忘れて眺めてしまいます。

 

このほかにも、建物のどこを見ても美しい装飾が施されているので、時間を取ってシッカリと見てください!

チケット購入

チケットの買い方ですが、オペラ座に併設されているチケット売り場で購入するか、事前にインターネット購入しておく方法があります。

まずチケット売り場ですが、オペラ座の建物正面の左手側にあります。

『Billetterie』(=チケット売り場)と書かれています

 

僕が訪れた時は平日だったので、当日そのまま訪れても入れましたが、休日はかなり混み合うそうです。

訪れる日にちが決まっているのであれば、事前予約がオススメです。

  》》オペラ座の入場チケットを事前購入する(公式サイト)

 

もし公式サイトからの予約が難しいな・・・という場合は、パリ発着の現地ツアーへの参加が便利です。

  》》オペラ座を訪れるパリ発着ツアー予約

 



スポンサーリンク

行き方

オペラ座はフランス・パリの中心部にあります。

メトロ(地下鉄)3,7,8番線のオペラ駅(Opéra)、またはRER(高速郊外鉄道)A線のオーベール駅(Auber)で降りて、歩いて5分ぐらいです。

Googleマップには『オペラ・ガルニエ』と書かれています(2018年12月時点)。

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内への移動方法は、こちらをご覧ください。

シャルルドゴール空港からパリ市内への移動方法3パターン。オススメの方法は?
フランスのパリは『花の都』『美食の都』といった形容詞があり、オシャレな雰囲気が漂いまくり。 見どころも多く、日本人もたくさん訪れています。 パリを訪れた時の玄関口は、シャルルドゴール空港。 今回はシャルルドゴール空港から、パリ市内中心部への移動方法を紹介します。

 

観光についての注意点

定休日・営業時間について

定休日は1/1、5/1です。たまに不定期で日曜が休みの場合もあります。

営業時間は朝10:00~夕方17:00ですが、昼公演時は朝10:00~昼13:00と短め。

7~9月は営業時間を延長(夜18:00ごろまで)する場合もあります。

 

また、オペラ座には創作フランス料理のレストランも併設されています。

建物外部にレストラン専用の入口があるので、レストランだけの利用も可能です。

レストランは深夜0時(24時)まで営業しています

所要時間について

ひととおり見るのに、約1時間かかります。

服装について

オペラ座自体の見学であれば、どんな服装でも大丈夫です。

ただしレストランを利用したり、オペラやバレエを観劇する場合は(短パンを履かないなど)多少気を使った方が良いです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服装と、注意点を紹介します!

トイレについて

内部にあります。

売店・レストランについて

お土産を売っているショップがあります。

とくにバレエやオペラに関する書籍やグッズ(バレエ用品)が充実しています。

季節によっては、劇場の屋根で収集された蜂蜜(はちみつ)も売られています

 



スポンサーリンク

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

オペラ座はパリの中心部にあり、メトロ(地下鉄)の駅からも近いので、個人でも訪れやすいです。

しかし、他の観光地と併せて効率的に巡りたい場合や、日本語ガイドによる説明を聞きたい場合は現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》オペラ座を訪れるパリ発着ツアー予約

 

世界遺産への登録

残念ながら、オペラ座は世界遺産ではありません。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 



スポンサーリンク

観光のベストシーズン

内部に入れば暖かいので、1年中いつでも大丈夫です。

 

観光に必要な日数

パリへの往復に丸2日、日帰りでオペラ座を見に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊3日必要です。

 



スポンサーリンク

観光を計画

オペラ座を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空チケット予約
》》パリのホテル予約
》》オペラ座を訪れるパリ発着ツアー予約
》》オペラ座を訪れる日本発着ツアー予約

 

 



スポンサーリンク