ポンピドゥーセンターは近代美術の宝庫!行列を避けて入る方法は?

 

パリにはルーヴル美術館やオルセー美術館など、中世の美術品を収蔵している美術館が多いです。

しかし、近代の美術品を集めた美術館もあります!

最も有名なのはポンピドゥー・センター。

今回はポンピドゥー・センターの見どころや、行列を避けて入場する方法などを紹介します!

基本情報

ポンピドゥー・センターは近代(第一次世界大戦以降)の作品を中心に展示している、国立近代美術間をはじめとして、さまざまな施設を併設する総合文化芸術センターです。

正式名称は『ジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター(Centre national d’art et de culture Georges Pompidou)』です。

 

ポンピドゥー・センターが建てられたのは1977年と、まだまだ最近。

なお、『ポンピドゥー』という名前の意味はジョルジュ・ポンピドゥー大統領(Georges Pompidou)に由来しています。

ポンピドゥー大統領がパリの中心部に芸術や音楽、図書館などを含んだ近現代芸術の拠点を設ける構想を発表、これがポンピドゥー・センターの建築につながりました。

残念ながら、ポンピドゥー・センターが完成したのはポンピドゥー大統領の死後です

 

ポンピドゥー・センターの構造は地上7階+地下3階で、内部は次の4つのセクションに分かれています。

  • ル・フォーロム:多目的スペース(特別展示室やイベント会場など)
  • 公共情報図書館:開架式の図書館(3階分のフロアを使用している。所蔵総数は約35万点)
  • 国立近代美術館:パリ3大美術館のうちのひとつ(20世紀以降の美術作品を展示)
  • 国立音響音楽研究所:音楽や音響に関する制作・研究・教育部門を持つ研究所

分館:ポンピドゥー・センター・メス

2010年に、フランスのロレーヌ地方にあるメス(Metz)に分館となるポンピドゥー・センター・メスが建てられました。

なお、ポンピドゥー・センター・メスの設計には、日本人建築家・坂茂(ばん しげる)さんも参加しています。

 

見どころ

まず外観はこちら。

建物外部に鉄骨を組み、階段やエスカレーター、配管設備などを配した斬新なデザインです。

フランスのパリにあるポンピドゥー・センター外観
フランスのパリにあるポンピドゥー・センター外観

旧来の美術館とは大きく異なるデザインですが、建設当時は「パリの美観を損なう前衛芸術」「ガス工場みたい」「文化のガラクタ置き場だ」など、批判されることが多かったそうです。

チケット購入後、外部からエスカレーターで上階へ移動、通路を通って内部に入ります。

フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの外部エスカレーター
フランスのパリにあるポンピドゥー・センターへの通路
フランスのパリにあるポンピドゥー・センターへの通路

展示作品はピカソからアンディー・ウォーホールまで多彩。

展示物は現在と異なっている可能性がありますが、僕が訪れた2011年8月時点の展示物を紹介します!

まずは立体物から。

フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの展示物
フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの展示物
フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの展示物
フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの展示物

小さい作品もあります。

フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの展示物

絵画?も多彩。

フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの展示物
フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの展示物
フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの展示物

空間全体で芸術を表現している場所もあります。

フランスのパリにあるポンピドゥー・センターの展示物

 

このほかにも、多彩な作品が展示されているので、見ている人を飽きさせません。

僕も訪れる場合はそれほど期待していませんでしたが、想像以上に楽しかったです!

 

行き方

ポンピドゥー・センターはフランス・パリの中心部にあります。

最寄りの駅はメトロ(地下鉄)11号線のランビュトー駅(Rambuteau)。駅を降りれば、すぐ目の前です。

 

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内への移動方法は、こちらをご覧ください。

シャルルドゴール空港からパリ市内への移動方法3パターン。オススメはコレ!
フランスのパリは『花の都』『美食の都』といった形容詞があり、オシャレな雰囲気が漂いまくり。 見どころも多く、日本人もたくさん訪れています。 パリを訪れた時の玄関口は、シャルルドゴール空港。 今回はシャルルドゴール空港から、パリ市内...

 

パリ・ミュージアムパス利用がオススメ

ポンピドゥー・センターは人気の観光地なので、チケット購入に時間がかかることが多め。

行列を避けたいなら、パリ・ミュージアムパス(Paris Museum Pass)の購入がオススメです!

共通入場券『パリミュージアムパス』があれば行列に並ぶ必要ナシ!事前購入がオススメ!!
フランス・パリにはルーヴル美術館などの見どころがいっぱい! しかし、入場ごとに長い行列に並ばなければいけないのが大変・・・ しかし共通入場チケット『パリミュージアムパス』があれば、楽々入場できます! 今回はパリミュージアムパスの買...

 

パリ・ミュージアムパスは、パリおよび近郊の見どころの共通入場チケット。

ポンピドゥー・センターもパリ・ミュージアムパスで入ることができるので、わざわざ入場チケットを購入しなくても、そのまま中に入れます。

パリ・ミュージアムパスと日本語によるガイドがセットになった現地ツアーもあるので、こちらの利用もオススメです。

  》》パリ・ミュージアムパス+日本語ガイドの現地ツアー

 

観光についての注意点

定休日・営業時間について

定休日は毎週火曜、および5/1です。

営業時間は昼11:00~夜22:00です。

所要時間について

ひと通り見るのに、約2時間かかります。

服装について

館内は快適な気温に保たれているので、冬でもそれほど厚着をする必要はありません。

冬は外は寒く、内部は暖かいので体温調節しやすいように、脱ぎやすい上着を着てください。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

トイレについて

館内にあります。

売店・レストランについて

美術館の1階に、お土産を売っている大規模なショップがあります。

絵はがきや画集、文具、雑貨など、いろいろな種類のアイテムを扱っているので、お土産にピッタリ。

 

また、美術館の最上階にはレストラン(カフェ)があります。

ちょっと高めですが、パリの街並みを眺めながら食事することも可能。

夏はテラス席で食べるのも気持ちが良いです!

レストランからではありませんが、ポンピドゥー・センター最上部からの眺めはこんな感じです。

フランスのパリにあるポンピドゥー・センター最上部からの眺め
フランスのパリにあるポンピドゥー・センター最上部からの眺め

 


スポンサーリンク

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

ポンピドゥー・センターはパリの中心部にあるので、個人でも行きやすいです。

ただし、他の場所と合わせて効率的に巡りたい場合や、日本語ガイドによる詳しい説明を聞きたい場合はパリ発着のツアーをアレンジしましょう!

  》》ポンピドゥー・センターを訪れるパリ発着ツアーをアレンジ

 

世界遺産への登録

ポンピドゥー・センターは世界遺産ではありません。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識...

 

観光のベストシーズン

内部に入れば暖かいので、1年中いつでも大丈夫です。

 

観光に必要な日数

パリへの往復に丸2日、日帰りでポンピドゥー・センターを見に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊3日必要です。

 

関連する書籍

 


スポンサーリンク

観光を計画

ポンピドゥーセンターを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券
》》パリのホテル
》》ポンピドゥー・センターを訪れるパリ発着ツアーをアレンジ
》》ポンピドゥー・センターを訪れる日本発着ツアーを探す

 

 

スポンサーリンク