オーストラリアのブルーマウンテンズで大自然を満喫!シドニーからの行き方を紹介!!

 

ブルーマウンテンズは、一面に広がる青々とした山並みと奇岩群が見どころのオーストラリア屈指の人気観光地です。

シドニーからも近く、日帰り旅行で訪れるにも最適!

今回はシドニーからブルーマウンテンズへ行く方法と、観光する際の注意点を紹介します。

【追 記】
2018/07/26
  所要時間について追記

基本情報

ブルーマウンテンズ国立公園(Blue Mountains National Park)は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州にある国立公園です。

国立公園の歴史は1932年に、自然保護の運動家として知られるマイルス・ダンフィー(Miles Dunphy)が提案したのが始まり。その他の国立公園と合わせて1952年に開園しました。

公園の面積は約100万ヘクタール。

皇居の面積が約115ヘクタールなので、ざっと10,000倍ということに・・・

ブルーマウンテンズにはユーカリの木が生い茂っていますが、そのユーカリから揮発される油分が太陽光に反射することによって、青く輝くと言われています。

『青』ではなく、緑がかった青を表す『蒼』い色と考えた方が近いです

 

また、スリーシスターズと呼ばれる奇岩が有名です。

スリーシスターズについては後述します

 

なお、勘違いしやすいですが、ブルーマウンテンではなく、ブルーマウンテンです。

 



スポンサーリンク

見どころ

最大の見どころは、ジャミソン渓谷とスリーシスターズと呼ばれる奇岩。

この両方を楽しめるエコーポイント(Echo Point)展望台は、かならず訪れてください!

オーストラリア・ブルーマウンテンズ国立公園

アボリジニの神話ではスリーシスターズは、もともと3人の姉妹だったと言われています。

3人の姉妹を戦争から守るために、賢者により岩に変えられる → その賢者が戦争で亡くなったため人間に戻せずに現在に至る、ということらしいです。

ヒドすぎますね・・・

そのスリーシスターズはこちらです。

オーストラリア・ブルーマウンテンズ国立公園のスリーシスターズ

大きくなりすぎですね・・・

 

シーニックワールドが観光の拠点

ブルーマウンテンズ国立公園の観光の拠点は、シーニックワールド(Scenic World)

シーニックワールドはインフォメーションセンターがあったり、チケット購入ができるほかレストランで食事をしたり、お土産の購入もできます。

オーストラリア・ブルーマウンテンズ国立公園のシーニックワールドの看板

シーニックワールドの詳しい情報は、公式ページをご覧ください。

 》》シーニックワールドの詳しい情報(公式サイト)

 



スポンサーリンク

ブルーマウンテンズ国立公園内を巡る方法

国立公園内を巡るには、次の4種類の方法があります。

  • レイルウェイ
  • ケーブルウェイ(ロープウェイ)
  • スカイウェイ(ゴンドラ)
  • ウォーキング

それぞれの方法について、詳しく紹介します。

レイルウェイ

シーニック・レイルウェイは、世界一の急勾配(最大52度)を走るトロッコ列車として有名です。

オーストラリア・ブルーマウンテンズ国立公園のレイルウェイ

乗り込むときは普通ですが、下る時はスゴイ角度に・・・

オーストラリア・ブルーマウンテンズ国立公園のレイルウェイ

なお、座席の勾配角度は、マイナス10度~プラス10度の間で調節できます。

通常の状態でもスゴい角度ですが、プラス10度にしたら、きっと垂直に落ちる感覚が味わえます。

僕は通常状態がやっとなので試していません・・・

 

乗車時間は約2分ですが、急勾配なのでとても長く感じます。

心なしか、戻ってきた人の顔がグッタリしていました・・・

ケーブルウェイ(ロープウェイ)

オーストラリア最大級の大きさのロープウェイです。

ジャミソン渓谷の下から頂上の間、約545メートルを結んでいます。

オーストラリア・ブルーマウンテンズ国立公園のロープウェイ オーストラリア・ブルーマウンテンズ国立公園のロープウェイ

スカイウェイ(ゴンドラ)

ジャミソン渓谷の上空270メートルの地点を往復する、30人乗りのゴンドラです。

最大の特徴は、床に透明ガラスなこと。高所恐怖症の方は注意してください!

残念ながら、僕は時間の都合で乗ることができませんでした。

ウォーキング

乗り物利用するだけではなく、自分の足で国立公園内を巡ることもできます。

ウォーキングコースへ行くには、まずレイルウェイでジャミソン渓谷へ行きます。

そこからはウォーキングコースありますが、体力に応じてさまざまなコースが用意されているので、体力に自信がない人でも楽しむことができます。

ただ歩くだけではなく、もともと炭鉱だったブルーマウンテンズ周辺の歴史を学ぶことができる展示物が置かれています。

オーストラリア・ブルーマウンテンズ国立公園内の炭鉱の様子を再現した展示物 オーストラリア・ブルーマウンテンズ国立公園内の炭鉱の様子を再現した展示物

 

行き方

ブルーマウンテンズがあるのは、オーストラリアのシドニーから西へ81キロメートルの位置。

オーストラリアでも有数の観光地だけあって、シドニーから専用の路線・ブルーマウンテンズ線(Blue Mountains Line)が敷かれています。

乗り場所はシドニーのセントラル駅(Central)

セントラル駅から、ブルーマウンテンズ国立公園の最寄り駅のカトゥーンバ駅(Katoomba)まで乗り換えなしで行くことができます。

所要時間は約2時間
カトゥーンバが終電ではないので、乗り過ごさないように途中下車してください

オーストラリア・カトゥーンバ駅前

 

カトゥーンバ駅からブルーマウンテンズ国立公園への移動は、エクスプローラバス利用が便利。

エクスプローラーバスの乗り場は、カトゥーンバ駅を出てすぐ左手にあります。

 

なお、僕は「地図で見ると近いから歩こう!」と考え、徒歩で行きました。

・・・これが大失敗でした。

僕が訪れた当時はスマホが無かったので、頼りはガイドブックの地図のみなので少し迷いました。

今と昔の海外旅行を比較!2000年代初頭の海外旅行は本当に大変だった・・・
つい最近21世紀になったと思ったら、あっという間に2018年。年を取るのは怖いですね・・・ 僕が初めて海外旅行に行ったのは西暦2000年。 思い返せば、当時の海外旅行と現在の海外旅行ではさまざまなことが大きく異なっています。 そこ...

 

また、真夏にも関わらず日陰が無いアップダウンの激しい道。

休憩しながら向かったため、結局到着したのは出発から40分以上かかりました。

さらに「帰りは絶対バスで帰ろう!」と思っていましたが、バス乗り場がなかなか見つからず、結局帰りも歩いてカトゥーンバ駅まで帰ることに・・・

 



スポンサーリンク

観光についての注意点

全般

夏(12~2月ごろ)はめちゃくちゃハエが多いです。

定休日・営業時間について

ブルーマウンテンズ国立公園、シーニックワールドとも定休日はありません。

営業時間は朝9:00~夕方17:00まで営業しています。

所要時間について

シーニックワールド到着後、約2時間あればひと通り楽しめます。

服装について

ブルーマウンテンズ国立公園内は歩き回ることになるので、歩き

 



スポンサーリンク