カレル橋から歩いてプラハ城へ!プラハ城の見どころを紹介!!



 

チェコのプラハは、中世の街並みが残っており、まるで絵本の中に迷い込んだと感じさせてくれます。

特にモルダウ川に架かるカレル橋と、プラハ城は必見です!

今回はカレル橋からプラハ城への行き方と、プラハ城内部を紹介します。

 追記 
2018/07/26  所要時間について追記

基本情報

カレル橋はヴルタヴァ(モルダウ)川に架かる、プラハ最古の石製の橋。

14~15世紀頃に建造された全長520メートル、幅10メートルもある美しい橋です。

橋の欄干には30体もの聖人の像が立ち並んでおり、ストリートパフォーマーや露店が立ち並ぶプラハでも有数の観光地でもあります。

 

プラハ城は、プラハの高台にある歴代の王の居城。

9世紀半ばに建設が始まり、ほぼ現在の姿になったのは14世紀ごろと言われています。

城壁に囲まれた内部には、教会や修道院、宮殿などが建てられています。

 

カレル橋からプラハ城への行き方

プラハ城はヴルタヴァ(モルダウ)川の西岸、小高い丘フラッチャにに建てられています。

旧市街地区からプラハ城に行く場合、ヴルタヴァ川を渡る必要があります。

橋はたくさん架けられていますが、カレル橋を通るのがオススメ。

 

カレル橋の入口に建っているのは旧市街橋塔です。

チェコ・プラハの旧市街橋塔

カレル橋はいつも多くの人でにぎわっています。

チェコ・プラハのカレル橋

聖人の像が30基も建てられており、聖ヨハネや聖フランシスコ・ザビエルの像も。

最も古いのは聖ヤン・ネポムツキーの像で、唯一のブロンズ像です。

チェコ・プラハのカレル橋にある聖ヤン・ネポムツキーのブロンズ像

 

カレル橋は開運スポットでもあります。

聖ヤン・ネポムツキーの像の近くには、橋から落とされる聖ヤン・ネポムツキーが落とされた場所であることを示したレリーフがあります。

このレリーフを触ると開運が訪れると言われており、触られまくってピカピカです。

チェコ・プラハのカレル橋にある聖ヤン・ネポムツキーのレリーフ

また、”愛の南京錠”と呼ばれる場所も。

世界中にありますがカレル橋のも同じく、恋人とも永遠の愛を誓って南京錠を取り付けます。

チェコ・プラハのカレル橋の愛の南京錠

 

カレル橋はストリートパフォーマーや露店がいっぱい!

絵を売っていたり、楽器を演奏している人がいたり、さまざまな人がいるので見ていて飽きません。

チェコ・プラハのカレル橋で行われるストリートパフォーマンス(楽器演奏)

 

橋の対岸にあるマラー・ストラナ地区の入口にある、橋塔の下をくぐって向かいます。

チェコ・プラハのマラー・ストラナ橋塔

その後は道なりに上り坂を進んでください。

プラハ城の入口(Matthias Gate)&チケットオフィスは城の西側(大司教宮殿付近)にあります。

 

プラハ城内の見どころ

プラハ城には西側より入場します。

チェコ・プラハのプラハ城の正門

正門(マティアス門)の両隣には衛兵が立っており、一緒に写真を撮る人も。

チェコ・プラハのプラハ城の正門(マティアス門)横で立つ守衛

なお、毎時ちょうど(12時、13時・・・)には、衛兵交代式が行われます。

特に正午の交代式は音楽隊のファンファーレとともに行われるので、もし見たい場合はなるべく早めの場所取りがオススメです。

チェコ・プラハのプラハ城の正門(マティアス門)で行われる衛兵交代式

 

カレル城内部に入ると、すぐに聖ヴィート大聖堂が現れます!

チェコ・プラハのプラハ城内にある聖ヴィート大聖堂のファサード

聖ヴィート大聖堂は、もともとシンプルな外観でしたが、14世紀のカレル4世の時代に現在の立派な外観への改築工事が行われました。

最終的な完成は20世紀に入ってからです

内部も外観に負けず、とても立派。

チェコ・プラハのプラハ城内にある聖ヴィート大聖堂内部  チェコ・プラハのプラハ城内にある聖ヴィート大聖堂内部

チェコ・プラハのプラハ城内にある聖ヴィート大聖堂内部のステンドグラス

ステンドグラスがとてもキレイですが、なかでもチェコが産んだ画家ミュシャ(ムハ)が手掛けたステンドグラスは必見です!

チェコ・プラハのプラハ城内にある聖ヴィート大聖堂内部のミュシャ(ムハ)が手掛けたステンドグラス

僕が訪れたのは12月末だったので、クリスマスの飾りつけがされていました。

チェコ・プラハのプラハ城内にある聖ヴィート大聖堂横のクリスマスツリーチェコ・プラハのプラハ城内にある聖ヴィート大聖堂の裏にある藁人形

 

続いて、プラハ城内の他の見どころを紹介します。

まずは旧王宮。16世紀ごろまで歴代の王宮として使われていた場所です。

チェコ・プラハのプラハ城内にある旧王宮

この部屋は、完成した16世紀当時、世界最大のホールと言われたグラディスラフ・ホール。高さは13メートルあります。

チェコ・プラハのプラハ城内にある旧王宮の内部

 

聖イジー教会は920年に完成したプラハ城内最古の教会でした。

しかし、火事のため1142年に再建、さらに17世紀にバロック様式のファサードが増築されました。

チェコ・プラハのプラハ城内にある聖イジー教会チェコ・プラハのプラハ城にある聖イジー教会内部

 

プラハ城内には黄金小道と呼ばれる、細い路地があります。

ここは城に仕える召使いたちが住んでいた場所で、しばらくして錬金術師が住むようになったことから、”黄金小道”という名前が付けられました。

チェコ・プラハのプラハ城の黄金小道

現在はみやげ物店や、当時の道具が展示されています。

黄金小道にはNo.22と書かれた家がありますが、そこは作家フランツ・カフカが仕事場として使用していた場所です。

 

黄金小道の近くにはレストランもあります。

僕が訪れたのはLobkowicz Palace Cafe

チェコ・プラハのプラハ城のレストランLobkowicz Palace Cafe

テラス席は風が強いので、料理が冷めやすいのが難点ですが、プラハの街並みを楽しむことができますよ。

チェコ・プラハのプラハ城のレストランLobkowicz Palace Cafeで提供される料理(スープ・パン)チェコ・プラハのプラハ城からの眺め

スターバックスもあります

世界中どこにでもあるスタバですが、プラハ城にもあります。

店舗があるのはプラハ城の正門(マティアス門)近くで、テラス席からはプラハの街並みが一望!

営業時間は朝9時から夜19時(土日は20時)までなので、プラハ城観光の前後に休憩するのにピッタリです。

 

入場チケットの購入

チケットを購入しなくてもプラハ城に入ることはできますが、聖ヴィート大聖堂や聖イジー教会などに入る際にチケットのチェックがあります。

入場チケットは正門(マティアス門)から入り左手側、または聖ヴィート教会の前で売られています。

 

観光についての注意点

休館日について

休館日はありません。

所要時間について

カレル橋を歩いて、プラハ城をひと通り見物するには3~4時間かかります。

チケット購入に時間がかかるようであれば、さらに時間がかかります。

服装について

プラハ城内は広いので、歩きやすいスニーカーがオススメです。

プラハのカレル橋を渡っていく場合は、場内と合わせて数キロ歩く必要があります。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

トイレについて

聖ヴィート教会前のほか、プラハ城内に何カ所かあります。

売店について

黄金小道周辺をはじめ、何カ所かお土産を購入できる場所があります。

 


スポンサーリンク

現地ツアーがオススメ

プラハ城はプラハ市内からも近いので個人でも訪れやすいですが、内部の説明が必要なら現地ツアーへの参加がオススメです。

   プラハ城を訪れるプラハ発着ツアー

 

世界遺産への登録

1992年に『プラハ歴史地区』の構成資産として、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

カレル橋、プラハ城の一部(聖ヴィート大聖堂、聖イジー教会)が構成資産に含まれています。

 

観光のベストシーズン

一年中観光に向いています。

ただし、冬は寒いので厚着した方が良いです。

 

観光に必要な日数

プラハへの往復に丸2日、日帰りでカレル城に行くとして合計丸3日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低3泊5日必要です。

 

関連する書籍

 


スポンサーリンク

観光を計画

プラハ城を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

航空券を予約
 プラハのホテル予約
 プラハ城を訪れるプラハ発着ツアー
 プラハ城を訪れる日本発着ツアー

 

訪れた時期

2016年12月に訪れました。

 

 

スポンサーリンク