デスバレーの最高気温は57℃!見どころと注意点を紹介!!



 

デスバレー(Death Valley)は日本語で“死の谷”という意味。

なんとも物騒な名前ですよね。しかし、実際に訪れればその名前が付けられた理由が分かります。

デスバレーには建築物はありません。そこにあるのは自然のみ。もしかしたら子供ウケしないかもしれません。

しかし、地平線が見渡せるほどの大地だったり、うねうねした大地は大人にとっては大自然のスゴさを感じることができるスポットです。

今回はデスバレー国立公園へ行く方法、現地での見どころ、注意する点などを紹介します。

 追記
2018/05/10  定休日について追記

基本情報

デスバレー国立公園はアメリカ最大の国立公園です。

その面積は13,158平方キロメートルと、長野県の面積(13,562平方キロメートル)とほぼ同じです。公園だけで県ひとつ分と同じ広さとは驚きですよね・・・

また、デスバレーには紀元前8000年頃からアメリカ先住民が暮らしていたことでも知られています。

デスバレーという名前が付いた理由は、過酷な環境のため。

海抜はマイナス85.9メートルという低さであり、真夏は気温50℃に達します。過去最高気温は何と57℃と、とても人が住める環境ではありません。

また、年間降水量は50mm足らずで、まったく降らない年もあります。

デスバレー

デスバレーの見どころ

デスバレーには過酷な環境を見ることができる、さまざまなスポットが存在しています。

ダンテズ・ビュー (Dantes View)

バッドウォーターを見渡せる位置にあるビュースポットです。

バッド・ウォーター (Badwater)

かつては塩の湖がありましたが、50℃以上の気温のため干上がってしまいました。

塩の湖といえばボリビアのウユニ塩湖が有名ですが、バッド・ウォーターも規模は小さいですが、環境の過酷さでは上回ります。

ウユニ塩湖は雨季と乾季で全く違った表情を見せてくれます。 日本人に大人気の鏡張りの水面は雨季だけ見られるもの、と思われがちですが条件次第では乾季でも見ることができます! 今回はウユニ塩湖へ行く方法や注意点、乾季でも鏡張りの水面を見る方法を紹介します。

ここは谷底に位置しているため夏場はドライヤーのような熱風が吹き、とても暑いです。また、海抜マイナス85.9メートル地点があることでも知られています。

デスバレーのバッドウォーターの看板

デスバレーのバッドウォーター

悪魔のゴルフコース (Devil’s Golf Course)

変な名前ですが、実際に訪れればその理由がわかります。

地面の中に含まれていた塩の結晶が泥と共に盛り上がったことにより、かまくらのような凹凸が出来上がりました。

名前のとおり、悪魔がゴルフしていそうな感じですよね・・・

デスバレーの悪魔のゴルフコース

地面の土に塩分が含まれているので舐めてみましたが、とてもしょっぱいです。ただし食あたりになる可能性があるので、口に含まないようにしましょう。

海外旅行中に病気になると大変ですよね。 風邪や下痢ならまだマシですが僕はラスベガスを訪れた際、食あたりで丸一日苦しみました・・・ 今回は食あたりの原因と治した方法、得た教訓について、今後ラスベガス方面に行く方に向けてお伝えします。

アーティスト・パレット (Artist’s Pallet)

ゴツゴツとした岩肌からさまざまの色の岩が姿を見せているため、このような名前が付きました。岩に含まれる鉱物の成分の違いによって、異なる色がついています。

デスバレーのアーティストパレット

ザブリスキー・ポイント (Zabriskie Point)

うねうねとした白色の丘が連なっており、夕陽を浴びることにより黄金に輝きます。

黄金色に輝く理由は、1000万年前より積み重り続けている土砂の中に、黄金色の土が含まれているためと言われています。

デスバレーのザブリスキー・ポイント

観光についての注意点

全般

夏は最高気温50℃に達することがありますので、ペットボトルの水を忘れないように持っていきましょう。

なお、年間を通じて雨はほとんど降らないので雨具の準備は不要です。

定休日について

どの場所も定休日はありません。

服装について

夏は日差しが強く日陰の場所がないので、帽子とサングラスは必須です。

    楽天市場で帽子を探す
    Amazonで帽子を探す

    楽天市場でサングラスを探す
    Amazonでサングラスを探す

冬は日中の気温は20℃前後と比較的過ごしやすい。

ただし夜になると、一気に0℃近くまで下がることがあるので、ダウンジャケットなど厚めの上着を持っていきましょう。

海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

トイレについて

ほとんどありません。立ち寄ったレストランで済ますようにしてください。

売店について

ほとんどありません。出発前に水や食べ物を購入しておきましょう。

ラスベガスからデスバレーへの行き方

ラスベガスからデスバレーに行くには、車での移動が基本です。電車やバスなどの公共交通機関はありません。

市内中心部からデスバレーはレンタカーまたはツアーの車で移動します。ラスベカスからは約230キロメートル離れており、3時間ぐらいかかります。

日本からラスベガスへの移動については、次の記事をご覧ください。

アメリカのうち僕が訪れた都市を中心に、観光する際に最低限知っておきたいことを紹介します。

デスバレーでの不思議な現象

デスバレーでは、石が地面を滑るように勝手に移動するという現象がたびたび報告されていました。その現象は動く石”“セーリング・ストーン”と呼ばれ、有識者による研究対象となっていました。

次の写真のとおり、気が付いたら動いた形跡が残されています。

デスバレーの動く石

長年の調査の結果、石は氷に押されて移動されていることが判明しました。

より詳しく説明すると、次のような作用が発生しています。

  1. 冬期の雨で石の周囲に水がたまる
  2. 水たまりが夜間に凍る
  3. 日の出とともに、氷が溶けて割れる
  4. 割れた氷が風により凍った水たまりの上を移動
  5. 移動時に氷を押す
  6. 日照りにより水分が干上がる

説明を聞いても「本当か!?」と思わずにはいられません。


スポンサーリンク

現地ツアーがオススメ

デスバレー観光は、絶対現地ツアーの利用がオススメです。

個人でレンタカーを借りることにより移動できますが、見どころが広範囲に点在しており、夏は車がエンストした場合、命にかかわりますのでツアー利用すると安心です。

    デスバレーを訪れるラスベガス発着ツアー

どこにある?

デスバレーはアメリカ・カリフォルニア州にあります。

シエラネバダ山脈の東側にあり、大部分はカリフォルニア州ですが、一部ネバダ州が占めています。

観光の拠点となるのはラスベガス。ラスベガスの街の様子は、次の記事をご覧ください。

アメリカのうち僕が訪れた都市を中心に、観光する際に最低限知っておきたいことを紹介します。

世界遺産への登録

残念ながら2017年現在、世界遺産には登録されていません。

観光のベストシーズン

冬(11~2月)であれば、日中は20℃前後なので比較的過ごしやすいです。

夏は最高気温が50℃を超えることがあるので、オススメできません。ホテルやレストランも休業することが多いです。

観光に必要な日数

ラスベガスへの往復に丸2日、日帰りでデスバレーに行くとして、合計丸3日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低3泊5日必要です。


スポンサーリンク

デスバレーに関する書籍

観光を計画

デスバレーを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

航空券を予約
ラスベガスのホテル予約
デスバレーを訪れるラスベガス発着ツアー
デスバレーを訪れる日本発着ツアー

訪れた時期

2001年1月に訪れました。

スポンサーリンク