モニュメント・バレーは映画の聖地!死ぬまでに一度は見ておきたい奇岩群

 

モニュメント・バレーは西部劇をはじめ、さまざまな映画の舞台としても有名。映画が大好きな人はもちろんですが、その雄大な風景は映画に興味がない人でも楽しめます。

見渡す限りの地平線に赤茶けた大地、彫刻のように切り立った大岩など見た人は「おおっ~」と感嘆の声をあげることでしょう。

今回はモニュメント・バレーへ行く方法、現地での見どころ、注意する点を紹介します。

 追記 
2018/05/10  定休日について追記

基本情報

モニュメントバレーは、アメリカのユタ州とアリゾナ州の境にある、コロラド高原に位置しています。

アメリカ先住民のナヴァホ族の居留地の一部であり、聖地でもあります。

正しくはモニュメント・バレー・ナヴァホ・トライバル・パーク(Monument Valley Navajo Tribal Park)という名前で、数億年前までは平地でしたが風化や浸食を重ねた結果、現在のような姿になりました。

特徴は赤色の砂漠と、ところどころに存在するメサ(Mesa)と呼ばれる台地、およびビュート(Butte)と呼ばれる大きな岩山。

「まるで記念碑(モニュメント)だ!」という理由から、モニュメント・バレーという名前が付けられました。

モニュメント・バレー

舗装されていない道も多いですが、オフロードカーで砂ぼこりをあげながら走るのはとても気持ちが良いです。

広さは約120平方キロメートルで、これは日本の本州の約半分(約115平方キロメートル)と同じです。とんでもない広さですよね・・・

 

見どころ

モニュメント・バレーには岩山と赤い砂漠から構成される、さまざまなスポットが存在しています。

ミトン・ビュート(Mitten Buttes)

ザ・ミトンズ(The Mittens)とも言います。

岩がまるで一対のミトン(手袋)に見えることから、この名前がつきました。左側の岩をレフト・ミトン、右側の岩をライト・ミトンと呼びます。

モニュメント・バレーのザ・ミトンズ(ミトン・ビュート)

ジョン・フォード・ポイント (John Ford Point)

西部劇で有名な映画監督ジョン・フォードが、好んでカメラを設置したことで知られるビューポイントです。

先住民ナヴァホ族が居ることが多く、突き出た崖の上で馬に乗ったり、ポーズをとってくれます。また、おみやげ物も並べて売っているときがあります。

モニュメント・バレーのジョン・フォード・ポイント

スリー・シスターズ (Three Sisters)

シスターズは”姉妹”ではなく”修道女”の意味で、まるで岩がベールを被った修道女に見えることから、この名前で呼ばれています。

最も高い岩は256メートルあり、これは高層ビル60階前後と同じぐらいの高さです。

モニュメント・バレーのスリー・シスターズ

トーテム・ポール (Totem Pole)

アメリカ先住民が作る細長い彫刻トーテム・ポールと同じく、空に向かってスラっと伸びた姿から、このように呼ばれています。

トーテム・ポールと呼ばれる岩は数本ありますが、もっとも高い岩は250メートルに達します。

モニュメント・バレーのトーテム・ポール

メキシカン・ハット (Mexican Hat)

岩の形が、メキシコ人が被る帽子ソンブレロに似ていることから、この名前が付きました。

モニュメント・バレーのメキシカン・ハット

ソンブレロはこちら。似ているような、いないような・・・

メキシカン・ハット(ソンブレロ)

 

ロケ地として使用された映画

モニュメント・バレーは地球の風景とは思えないほどの絶景があることから、さまざまな映画のロケ地として使用されています。

主なものだけでも、次の映画のロケ地となっています。

  • 『駅馬車』『荒野の決闘』などの西部劇
  • 『2001年宇宙の旅』
  • 『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』
  • 『フォレスト・ガンプ/一期一会』
  • 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』
  • 『トランスフォーマー/ロストエイジ』

どれも有名な映画ですよね。僕が映画監督なら、あの風景を使いたくなるのも良くわかります。

 

ラスベガスからモニュメントバレーへの行き方

ラスベガスからモニュメント・バレーに行くには軽飛行機(セスナ)、または車での移動が基本。

電車やバスなどの公共交通機関はありません。

1.ラスベガスからモニュメント・バレーへ移動(車・セスナ)
現地ツアーを利用する場合、送迎バスを使ってホテルからラスベガス郊外にある小さな空港へ移動。

そこでセスナに乗ってモニュメント・バレーへ向かいます。

現地ツアーの場合はグランドキャニオンを訪れたあとでモニュメント・バレーに行く場合が多いです。

現地ツアーではバスを使って移動することもありますが、ラスベガスからモニュメント・バレーまで約700キロメートルあります。到着まで長時間かかるので、車酔しやすい方にはおすすめできません。

2.モニュメント・バレー内を周遊(車)
オフロード車に乗って、舗装路や舗装されていない砂利道を走り回ります。

日本からラスベガスへの移動については、こちらをご覧ください。

アメリカ旅行の前に最低限知っておきたい情報
アメリカのうち僕が訪れた都市を中心に、観光する際に最低限知っておきたいことを紹介します。

 

観光についての注意点

全般

モニュメント・バレーは先住民ナヴァホ族によって管理されています。場所によってはナヴァホ族のツアーに参加しないと見学することができないので、目的の場所があったら事前に確認しておきましょう。

モニュメント・バレー内にいる時はナヴァホ族のルールに従う必要があります。

たとえばアルコール類を飲むことは禁止です。

 

また、砂漠性気候なので非常に乾燥しています。

土ぼこりが舞っているので、コンタクトレンズ着用はおすすめできません。 特にハードレンズの場合は痛みで観光どころではないですので、メガネで過ごしてください。

また、夏は最高気温40℃に達することがありますので、ペットボトルの水を忘れないように持っていきましょう。

なお、年間を通じて雨はほとんど降らないので雨具の準備は不要です。

定休日について

どの場所も定休日はありません。

服装について

夏は日差しが強く日陰の場所がないので、帽子とサングラスは必須です。

冬は雪が降ることがあり、とくに朝晩は冷えるのでダウンジャケットなど厚めの上着があると体温調節しやすいです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

トイレについて

ほとんどありません。立ち寄ったレストランやビジターセンターで済ませてください。

売店について

ほとんどありません。ビジターセンターで購入するか、出発前に水や食べ物を準備しておきましょう。

 


スポンサーリンク

現地ツアーがオススメ

現地ツアー利用がオススメです。

個人でレンタカーを借りることにより移動できますが、見どころが広範囲に点在しており、道も分かりにくいです。

また、ラスベガスから700キロメートル以上離れているので、途中でエンストした場合は考えたくないぐらい大変です・・・

  》》モニュメント・バレーを訪れるラスベガス発着ツアー

 

世界遺産への登録

残念ながら2018年現在、世界遺産には登録されていません。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 

観光のベストシーズン

春(4~6月)、および秋(9~10月)あたりが気候が良く過ごしやすいです。

夏(7~8月)は40℃以上となることもあり、逆に冬(11~2月)は最低気温が0℃を下回ることがあります。

 

観光に必要な日数

ラスベガスへの往復に丸2日、1泊2日のモニュメント・バレーに行く現地ツアーに参加するとして合計丸4日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低4泊6日必要です。

 

観光を計画

モニュメント・バレーを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券を予約
》》ラスベガスのホテルを予約
》》モニュメント・バレーを訪れるラスベガス発着ツアー
》》モニュメント・バレーを訪れる日本発着ツアー

 


スポンサーリンク

訪れた時期

2001年1月に訪れました。

 

 

スポンサーリンク