シンガポールにあるマーライオンは政府公認だけで6カ所+α!設置場所はココ!!

 

シンガポールの象徴といえば、マーライオンではないでしょうか?

昔は「世界3大がっかりスポット」と呼ばれることもありますが、最近は移設されたり巨大なマーライオンが作られたりと、十分楽しめるスポットとなっています。

またマーライオンは1つだけではなく、シンガポール政府に公認されているものだけでも6カ所!

今回は、それぞれのマーライオンと行き方を紹介します。

基本情報

マーライオンは上半身がライオン(獅子)、下半身が魚のシンガポールのシンボルと言える存在です。

7世紀頃、シンガポールは”海の街”という意味をもつトマセック(Temasek)と呼ばれていました。

11世紀になってスマトラ島の王族がシンガポールに向けて航海した時に、荒れた海を鎮めるために王冠を投げ入れたところ海が静まり、その際にライオンらしき生き物を見つけました。

このことから、上陸した土地をサンスクリット語で”ライオンの街”という意味を持つSingapura(シンガプーラ)と名付けられました。

 

その後、1964年にシンガポール政府観光局を設置する際にロゴマークを決めることに。

その時にバンクリフ水族館の館長フレーザー・ブルーナーが、上陸時の伝承を元に半ライオン半魚の生物を考案、フランス語で海を表す”mer”と、”lion(ライオン)”を組み合わせた”merlion(マーライオン)”という名前となりました。

 

マーライオンの設置場所

シンガポールにあり、公認されているマーライオンは次の6カ所です。

マーライオンパークの大マーライオン

一番有名なマーライオンはマーライオンパーク(マーライオン公園)にあります。

マーライオンパークへ行くには地下鉄(MRT)が便利。

MRT南北線(NS)/東西線(EW)のラッフルズプレイス駅(Raffles Place:莱佛士坊)から歩いて約10分の場所にあります。

マーライオンの高さは8.6メートル。

それほど大きくありませんが、海に向かって設置されているので大きく見えます。

また、口から勢いよく水を吹き出す姿は、SNS映えすること間違いなし!

口から水を吹き出している意味は調べてもわかりませんでした

シンガポールのマーライオン公園にあるマーライオンシンガポールのマーライオン公園にあるマーライオン

マーライオンの視線の先には、3連のビルの上に船が横たわったような姿が特徴的なマリーナ・ベイ・サンズがあります。

シンガポールのマーライオン公園にあるマーライオンとマリーナベイサンズ

移転前のマーライオン

現在マーライオン公園にあるマーライオンは、以前は別の場所にありました。

2002年に移設されるまでは、現在の場所からエスプラネード橋(Esplanade Bridge)を挟んだ場所(下記の地図の黄色の★部分)にありました。

シンガポールの以前マーライオンのあった場所

以前は像の前に橋がかかり、遠くからしか見ることができず、ポンプの故障のため水も噴いていない、まさに”がっかり”な場所でした。

ライトアップもキレイ

昼間でも美しいマーライオンですが、ライトアップされるとさらにキレイ!

シンガポールのマーライオン公園にあるマーライオン(ライトアップ)

日没後ライトアップされますが、口から噴く水は夜23時までなので、それまでに訪れるのがオススメです。

マーライオンの目の前で行われる噴水ショー

マーライオンの眼前には海が広がっていますが、ここで毎晩スペクトラ(SPECTRA)と呼ばれる噴水ショーが開催されます。

ただ水を噴きだすだけではなく、音楽+光+噴水が織りなす”スペクタル”なショーです。

ショーの時間は15分。なんと無料!

スペクトラの開催日時や、そのほかの細かな情報は公式サイトをご覧ください。

  》》噴水ショー・SPECTRAの詳細(公式サイト)

マーライオン公園の小マーライオン(初代マーライオン)

マーライオン公園にはもうひとつ、ちっちゃなマーライオンが設置されています。

これが初代マーライオンです。

初代マーライオンがある場所は、大きなマーライオンから背中合わせに20メートルほど進んだ場所。

正面から見るとこんな感じ。背後にあるのが大マーライオンです。

シンガポールのマーライオン公園にある初代マーライオン

高さは2メートルほどです。控えめに水も噴きだしていてカワイイです。

シンガポールのマーライオン公園にある初代マーライオン

セントーサ島の巨大マーライオン

シンガポールにあるマーライオンのうち、最も大きいものはセントーサ島にあります。

セントーサ島に行くにはMRT東北線(NE)のハーバー・フロント駅(Harbour Front:港湾)からセントーサ・エクスプレスと呼ばれるモノレールに乗って移動します。

インビア駅(Imbiah:英比奥)で降りれば、マーライオンは目の前です!

セントーサ島のマーライオンはとにかく巨大。高さはなんと37メートルもあります。

シンガポールのセントーサ島にある巨大マーライオン

セントーサ島のマーライオンは展望台になっており、体内に入ることが可能。

マーライオンの口の部分から外を見ることができ、晴れた日はインドネシアの島々を見渡せると言われています。

シンガポールのセントーサ島にある巨大マーライオン

夜になると体内からもライトアップされて目と口の部分が光り、今にもビームを放ちそうな感じ。

以前開催されていたナイトショーで本当に目からビームが放たれていたようですが、
カジノ建設に伴いショーが中止となり、以後ビーム発射は無くなったようです

もっとも男らしいマーライオンを見たいなら、セントーサ等がオススメです。

 

また、セントーサ島内にはパネル状のマーライオンもいます。細かな場所は忘れましたが、ウォーターフロント内のロダンの考える人のレプリカ近くにあったはず?

シンガポールのセントーサ島にあるパネル状のマーライオン

シンガポール観光局のマーライオン

有名ではありませんが、シンガポール政府観光局(STB:Singapore Tourism Board)の敷地内にもマーライオンが設置されています。

シンガポール政府観光局に行くにはMRT南北線(NS)のオーチャード駅(Orchard:乌节)で降り、西へ10分ほど進み、左手(南)に曲がった場所にあります。

マーライオンがあるのは、下記の矢印部分。目立たない場所にあります。

シンガポールのシンガポール政府観光局の敷地内のマーライオンの場所

高さ3メートルと、それほど大きくありませんが面長の顔立ちで、アゴヒゲがあるのが面白いです。

マウントフェーバーのマーライオン

セントーサ島が目の前のマウント・フェーバー公園(Mount Faber)にもマーライオンが設置されています。

マウント・フェーバー公園に行くにはMRT東北線(NE)のハーバー・フロント駅(Harbour Front:港湾)で降ります。

マーライオンは、そこから北に延びるトレイルコース(Marang Trail)を500メートルほど登った場所にあります。

案内板では”Faber Point”と書かれています。

マーライオンの高さは3メートルと、それほど大きくありません。

また、山を登る必要(高さは100メートルちょっと)があり、訪れる人はそれほど多くないので、じっくり鑑賞できます!

アンモキオのマーライオン

本島の北側に位置するアン・モ・キオ(Ang Mo Kio)にもマーライオンが設置されています。

マーライオンを見るためにはMRT南北線(NS)のアン・モ・キオ駅(Ang Mo Kio:宏茂桥)で降り、Ang Mo Kio Ave8を南下、しばらくしてAng Mo Kio Ave1まで到達したら右手(西)に曲がってください。

しばらく歩くと右手に公共団地(HDB)が見えます。

マーライオンは公共住宅(HDB)の入口に、まるで神社の狛犬のように一対設置されています。

それほど大きくなく、全長2メートル弱といったところ。

駅から片道30分ほどかかるので、ほとんど見物人もいません。

どうしても見たいならタクシー利用が便利です。

 

空港から市内への移動

チャンギ国際空港からシンガポール市内への移動方法は、MRT(地下鉄)・バス・タクシーなどさまざまな方法があります。

それぞれの詳しい行き方はこちらをご覧ください。

チャンギ国際空港からシンガポール市内への移動方法5パターン。オススメはコレ!
シンガポールは東南アジアにある小さな国。 しかし見どころも多く、食べ物や雑貨も充実していて想像以上に楽しめます! シンガポールの空の玄関口はチャンギ国際空港。シンガポール市内まで移動する方法はいくつかありますが、それぞれのメリット・デメリットとオススメの方法を紹介します。

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

おもなマーライオンは交通の便の良いところにあり、個人でも行きやすいです。

ただし点在しているので、他の観光地と合わせて効率よく巡りたい場合は現地ツアーへの参加が便利です。

  》》マーライオンを訪れるシンガポール発着ツアー

 

世界遺産への登録

2018年現在、マーライオン関連の施設は世界遺産に指定されていません。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 


スポンサーリンク

観光のベストシーズン

乾期(3~9月)がオススメです。

シンガポールは赤道に近いこともあり、1年を通じて30℃と暑い国。

なかでも10~2月は雨季のため、雨の日が多いです。

ただし、乾期でもゲリラ豪雨のように、短時間に大量の雨が降るスコールはあります。

 

観光に必要な日数

シンガポールへの往復に丸1日、おもな見どころを巡るのに半日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊3日必要です。

 

観光を計画

シンガポールを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券を予約
》》シンガポールのホテル予約
》》マーライオンを訪れるシンガポール発着ツアー
》》シンガポールを訪れる日本発着ツアー

 

訪れた時期

2011年9月に訪れました。

 

 

スポンサーリンク