ポッパ山(ミャンマー)を訪れる!内部の様子と気を付ける点を紹介!!



 

ミャンマーには、ナッ神と呼ばれる神様を信仰する土着宗教があります。

ナッ信仰の聖地はポッパ山にあるタウン・カラット(Taung Kalat)と呼ばれる大きな岩の上。なぜこんな行きづらい場所に建てたか疑問ではありますが、せっかくなので登ってきました。

今回はポッパ山のふもとから頂上までの様子を紹介します。

 追記
2018/05/10  休館日について追記

基本情報

ポッパ山はマンダレーにある、標高1518メートルの休火山。

そのポッパ山の中腹に火山活動により作られた737メートルの高さの岩山があり、タウン・カラット(タウン・カラッとも)と呼ばれています。

ポッパ山頂上へ

まず離れた場所からポッパ山を眺めます。

ポッパ山のタウン・カラッ遠景

高さが737メートルもあり、これを登るのかと考えると気が重くなります。

入口周辺にはお店や屋台が立ち並んでおり、フルーツやゆでたトウモロコシが売られています。

ポッパ山のタウン・カラッ入口周辺の露店

観光客の食べ残しを狙って、猿がたくさん生息しています。ただし人に慣れている雰囲気はまったくなく、触ろうとしたら威嚇されました。

ポッパ山のタウン・カラッ付近にいる猿

知能が高く、自分で蛇口をひねって水を飲んでいます。

ポッパ山のタウン・カラッで蛇口をひねって水を飲む猿

入口では2匹の象の像がお出迎え。

ポッパ山のタウン・カラッの入口

中に入ると、登り口に向かって店舗が立ち並んでいます。衣服やおもちゃなど観光客向けではなく地元民向けの品ぞろえっぽいです。

ポッパ山のタウン・カラッの露店

しばらく登り始めると、靴を脱ぐ場所があります。

脱ぐ場所に靴を置いたままでも良いですが、不安ならビニール袋に入れて持ち歩くようにしてください。

高さ737メートルということもあり、登っても登っても頂上にたどり着かない・・・

ただし、通路にベンチが用意されているので、休憩しながら登ることができます。

合計777段の階段を上ってようやく頂上へ。登りきるまでだいたい20~30分かかります。

頂上には金色の寺院が建てられており、内部にはナッ神の像がまつられています。

ポッパ山のタウン・カラッ頂上の仏塔

仏像の後光がLED照明なのはお国柄でしょうか。

ポッパ山のタウン・カラッ頂上のナッ神の像

そして山頂にはたくさんの猫が住んでいます。

どことなく高貴な顔立ち。小島家の元野良の茶トラとは全然違います。

この毛並みの良さからすると、おそらく飼われていると思われます。抱き上げてみましたが、フワフワ&モフモフで最高!

ポッパ山のタウン・カラッの頂上に住む猫

頂上から下を眺めると「またこの高さを降りるのか・・・」と、ゲッソリ。

ポッパ山のタウン・カラッ頂上から下を眺める

一見すると下りの方が楽そうですが、疲れた足全体に体重がかかるので意外とキツイです。足腰が弱い方やお年寄りの方はゆっくりと休憩しながら登りましょう。

観光についての注意点

休館日について

休館日はありません。

服装について

階段を上り下りする必要があるので、スニーカーを履きましょう。

    楽天市場でスニーカーを探す
    Amazonでスニーカーを探す

海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

トイレについて

登る途中や山頂にもありました。

売店について

頂上にはありませんが、ポッパ山入口に売店があり水や食べ物が売られています。

バガンからポッパ山への行き方

ポッパ山はバガンからタクシーをチャーターして行く方法が一般的。

バガン中心部からポッパ山まで、車で2時間かかります。

日本からバガン中心部への移動については、こちらの記事をご覧ください。

ミャンマーは東南アジアにある国ですが、「アウン・サン・スー・チーしか知らない・・・」という方もいるのでは? しかし、ミャンマーには世界三大仏教遺跡・バガン以外にも、多くの見どころがあります。 そんなミャンマーを訪れる前に知っておきたい、最低限の情報を紹介します。

また、ヤンゴン発着でバガン遺跡とポッパ山を訪れる現地ツアーもあります。もし効率よく回りたい場合はオススメです。

現地ツアーがオススメ

バガンからタクシーをチャーターするか、ポッパ山を訪れる現地ツアーへの参加がオススメです。

    ポッパ山(タウン・カラット)を訪れる現地発着ツアー


スポンサーリンク

どこにある?

ポッパ山はミャンマー中部のマンダレー地方にあります。

拠点となる街は、バガンにあるニャウンウー、オールドバガン、ニューバガン。

それぞれの街の様子は、次の記事をご覧ください。

ミャンマーは東南アジアにある国ですが、「アウン・サン・スー・チーしか知らない・・・」という方もいるのでは? しかし、ミャンマーには世界三大仏教遺跡・バガン以外にも、多くの見どころがあります。 そんなミャンマーを訪れる前に知っておきたい、最低限の情報を紹介します。

観光を計画

ポッパ山を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

航空券を予約
バガンのホテル予約
ポッパ山(タウン・カラット)を訪れるヤンゴン発着ツアー
ポッパ山(タウン・カラット)を訪れる日本発着ツアー

訪れた時期

2014年12月に訪れました。

スポンサーリンク