ペトロパヴロフスク要塞はサンクトペテルブルク発祥の地!内部の見どころを紹介!!

 

ロシア・サンクトペテルブルクにはさまざまな観光地がありますが、ペトロパヴロフスク要塞は人気スポットのひとつ。

サンクトペテルブルク発祥の地でもあり、ロシアについてしっかり知りたい方には必見です!

今回はペトロパヴロフスク要塞の見どころと、観光する際の注意点を紹介します。

基本情報

ロシア・サンクトペテルブルクの歴史は、1703年5月27日から始まったとされています。

ピョートル大帝がこの日に、スウェーデンとの戦争の基点となる要塞をネヴァ川に浮かぶ小島に建築。

しかし実際には要塞として使われることはなく、おもに監獄として使われました。

小説家ドストエフスキーなども投獄されましたが、最初に投獄されたのはピョートル大帝の息子・アレクセイ。謀反を企てたとして投獄されました。

 

現在は博物館として使用されており、サンクトペテルブルクの歴史について学べます。

 

見どころ

ペトロパヴロフスク要塞に入る前に、外部を紹介します。

まず、島へ渡るため橋を渡ると左手にウサギの像があります。

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞への橋

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞のうさぎ像

この像に向かってコインを投げ、足元に乗ると良いことがあるらしいです。

僕も投げてみましたがダメでした・・・

要塞が造られたのが『ウサギ島』と呼ばれる小島だったので、要塞内外にウサギの像が何カ所か設置されています

そして要塞の城壁の周囲は、歩けるようになっています。

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞の城壁とネヴァ川

城壁はレンガ造りですが、一部に要塞が造られた当時の?レンガが残されています。

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞の城壁

 

要塞内部へ。

要塞中心部に建つのはペトロパヴロフスク聖堂

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞のペトロパヴロフスク聖堂

18世紀初めごろに建設された教会で、鐘楼の高さは122メートルもあります。

聖堂内部には、ピョートル大帝以降の歴代の皇帝が埋葬されていることもあり、荘厳な内装。

ペトロパヴロフスク聖堂以外にも下記のように、さまざまな分野の博物館があります。

  • サンクトペテルブルク歴史博物館(司令官の館)
  • ペテルブルク建設博物館(技師の館)
  • ペトロパヴロフスク要塞博物館
  • 宇宙とロケットの博物館

 

要塞内側もレンガ造り。部屋のようになっています。

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞の城壁

この建物はナルィシキン稜堡と呼ばれ、ここから城壁の上に登れます。

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞のナルィシキン稜堡

稜堡(りょうほ)とは、中世ヨーロッ パで発展した城塞の防御施設です

 

要塞内の門にはロシアの国章。双頭の鷲(わし)らしいです。

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞のロシア国章

内部には多くの像が設置されていますが、もっとも気になったのはイスに座ったピョートル大帝像

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞のピョートル大帝像

・・・12頭身ありそう。

やっぱり像を作るときに「スタイル良くしろ!」と言われたのでしょうか?

手をなでると、願いがかなうと言われています

 

そのほかでは、黒頭巾を被った人がいましたが、どのような意味があるのかは分かりませんでした。

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞の黒頭巾

 

入場チケットについて

ペトロパヴロフスク要塞に入るだけなら入場チケットは不要。

しかし、要塞内の建物への入場には入場料が必要です。

しっかり見たい場合は、全施設共通入場券がお得。

共通入場券は購入日より2日間有効です

チケットはイオアンノフ門近くと、ペトロパヴロフスク聖堂前の船小屋の2カ所で売られています。

 

行き方

最寄りの駅はメトロ2号線のゴーリコフスカヤ駅(Гориковская станция)で降り、徒歩5分ぐらいです。

 

観光についての注意点

定休日・営業時間について

ペトロパヴロフスク要塞自体の休みはありませんが、ペトロパヴロフスク聖堂以外の博物館は水曜休みです。

開館時間は朝6:00~夜22:00。(火曜は朝6:00~夜17:00

入場は閉館1時間前までです

所要時間について

だいたい2~3時間あれば、ひと通り周れます。

服装について

要塞内はかなり広いので、歩きやすいスニーカーがオススメです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

トイレについて

要塞内部にあります。

売店について

お土産や飲み物などを売っている売店が、要塞内に何カ所かあります。

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞の屋台

 


スポンサーリンク

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

サンクトペテルブルクの中心部にあり、個人でも訪れやすいです。

もし他の観光地を含めて効率的に訪れたい場合や、日本語ガイドによる説明を効きたい時は現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》ペトロパヴロフスク要塞を訪れるサンクトペテルブルク発着ツアー

 

ネヴァ川クルーズ船から見る

要塞はネヴァ川に浮かぶ島に造られましたが、ネヴァ川クルーズ船が島のすぐ横を通過します。

ロシア・サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞の横を通過するネヴァ川クルーズ

内部から見るのとは違った印象を受けるので、ぜひ参加してみましょう!

  》》サンクトペテルブルクのネヴァ川クルーズ

 

世界遺産への登録

1990年に『サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群』の構成資産のひとつとして、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識...

 

観光のベストシーズン

春から秋にかけて(5~9月)がオススメです。

冬は平均気温がマイナスになり雪が降ることも多め。ペトロパヴロフスク要塞は屋外中心のため非常に寒いです。

 

観光に必要な日数

サンクトペテルブルクへの往復に丸2日、日帰りでペトロパヴロフスク要塞に行くとして合計2.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊4日必要です。

 


スポンサーリンク

観光を計画

ペトロパヴロフスク要塞を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券
》》サンクトペテルブルクのホテル
》》ペトロパヴロフスク要塞を訪れるサンクトペテルブルク発着ツアー
》》ペトロパヴロフスク要塞を訪れる日本発着ツアーを探す

 

スポンサーリンク