ワット・トライミット(黄金仏寺院)の仏像は時価150億円!行き方と見どころを紹介!!

 

バンコクといえばワット・ポーにある黄金の涅槃仏が有名ですが、それだけではありません。

僕のオススメはワット・トライミットにある黄金の仏像。金の純度が高く、輝きが違います!

今回はワット・トライミットへの行き方と、見どころを紹介します。

基本情報

ワット・トライミット(Wat Traimit)は、中華街にある1238年に創建された寺院です。

現在は別名『黄金仏寺院』と呼ばれていますが、創建当時は黄金の仏像は無く、中華街に住む人々が訪れる程度。

現在は黄金の仏像が有名ですが、この仏像はもともとバンコク市内にあったワット・プラヤーグライに置かれていました。

黄金の仏像はスコータイ時代(13~15世紀ごろ)に造られました

 

しかし、黄金の仏像は誰にも見向きもされていませんでした。

「こんなにスゴイいのになぜ!?」と思いますが、その理由は漆喰(しっくい)で覆われていたため。

元々まつられていた寺が廃寺となる際に運び出そうとしたら、あまりの重さ(約5.5トン)のため使用していたクレーン車が故障、そのまま外に放置されることに。

しかし、その晩に嵐となり強い風雨にさらされた結果、漆喰の一部がはがれて黄金の仏像であると判明しました。

一説には、ビルマ軍からの略奪を恐れて、漆喰でカモフラージュしたと言われています。

その後、1953年になってワット・トライミットへ移され、その後は連日参拝客が訪れるようになりました。

 

見どころ

ワット・トライミットはそれほど広くなく、見どころは黄金の仏像だけ。

黄金の仏像はこちらの本堂内にあります。

タイのバンコクにあるワット・トライミット

本堂外部にある階段を使って4階から入ります。

本堂に入る前に靴を脱いで靴置き場においてください。

 

最上部から振り返ってあたりを眺めると、かなり高いです。

タイ・バンコクにあるワット・トライミットの本堂最上部からの眺め

最上部には祈りをささげるための鐘もあります。

タイ・バンコクにあるワット・トライミットにある鐘

 

本堂の内部に入ると、まず目に入るのが黄金の仏像!

タイのバンコクにあるワット・トライミット

高さ3メートル&重さ5.5トンで、金の純度は60パーセントもあります。

この黄金の仏像は時価150億円の価値があると推定されています。

スゴイですね・・・

黄金の仏像の正式名称は『プラプッタマハースワンナヴァティマーコン』と言います

 

ななめ後方から見ると、こんな感じ。

タイのバンコクにあるワット・トライミット(黄金の仏像の後ろ姿)

本堂の内装も凝っています。

タイ・バンコクにあるワット・トライミットの本堂内の装飾

 

本堂の下階に資料館が併設されています。

資料館には、仏像の模型が置かれていたり製造方法についての資料がありますが、イマイチなので時間のない時は訪れなくてもOKです。

 

レスター優勝の陰にワット・トライミットあり

イギリス・プレミアリーグでは2016年にレスター・シティFCが奇跡の優勝を果たしましたが、ワット・トライミットが関係しているのをご存じでしょうか?

レスターの優勝は『日本がワールドカップで優勝』に匹敵する奇跡と言われています

 

レスターはタイの富豪ビチャイ・スリバダナプラバ氏がオーナーでしたが、2016年シーズン前にワット・トライミットの僧侶を呼び寄せて勝利祈願を行いました。

ビチャイ・スリバダナプラバ氏は、2018年10月に飛行機事故でお亡くなりになりました

この勝利祈願の効果がバッチリ発揮され、プレミアリーグに優勝しました!

 

このことから、世界中から参拝客が多く訪れるようになりました。

勝利祈願した際に選手には金色のお守りが渡されましたが、同じものが寺院内で売られています。

「効果絶大!」と考える観光客に大人気だそうです。

1つ1,000~2,000円なので、ぜひ買いましょう!

 

行き方

ワット・トライミットがあるのは中華街(ヤワラート)

バンコクの交通の中心地でもあるフアランポーン駅で降りて、徒歩10分ほどです。

少し入り組んでいる場所ですが、GoogleMapなどの地図アプリを使えば大丈夫です。

 

観光についての注意点

定休日・営業時間について

定休日はありません。

営業時間は朝8:00~夕方17:00です。

所要時間について

金の仏像以外の見どころは少ないので、30分あれば大丈夫です。

服装について

日本の夏と同じような服装で大丈夫です。

ただし露出が激しい服の場合、参拝できません(有料で布を貸し出してくれます)。

短パンやノースリーブなどの服は避けた方が無難です。

また、金の仏像のある場所に行くには階段を登る必要があるので、スニーカーなど歩きやすい靴を履いてください。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

トイレについて

寺院の敷地内にあります。

売店・レストランについて

売店はありますが、ロウソクや線香などお参りに必要な品が中心。

また、資料館の出口部分にはお土産店があります。

水や食べ物などは売られていなかったと思いますので、事前に準備してください。

寺院内にレストランはありませんが、近くに中華街があるので食べる場所には困りません。

 


スポンサーリンク

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

ワット・トライミットはバンコク中心部にあり、鉄道駅からも近いので個人でも訪れやすいです。

ただし他の観光地と合わせて巡ったり、日本語ガイドの説明を聞きたい場合は現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》バンコクの見どころを巡る現地発着ツアー

 

世界遺産への登録

2018年時点では、世界遺産に登録されていません。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識...

 

観光のベストシーズン

冬(11月~2月前半)がもっとも観光に向いています。

2月後半~5月前半は暑季、5月後半~10月は雨季のため観光には不向き。

ただし金の仏像は建物内にあるので、いつでも見られます。

 

観光に必要な日数

バンコクへの往復に丸1日、日帰りでワット・トライミットに行くとして合計1.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊3日必要です。

 

観光を計画

ワット・トライミットを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券
》》バンコクのホテル
》》バンコクの見どころを巡る現地発着ツアー
》》バンコクを訪れる日本発着ツアー

 

 

スポンサーリンク