沖縄北部やんばるは自然の宝庫!おもな見どころと観光する時の注意点

 

沖縄といえば那覇周辺や海が美しい離島が人気ですが、沖縄本島北部にあるやんばるもオススメ。

日本ではなかなか見られない自然も多く、希少な動物も見られます。

今回は僕が実際に訪れたうち、特にオススメできるやんばるのスポットについてお伝えします。

基本情報

やんばるとは、沖縄本島北部を指す愛称です。

どこまでの地域を含むかという定義はまちまちですが、国頭村(くにがみそん)大宜味村(おおぎみそん)東村(ひがしそん)の三つの村を指すことが多いです。

なお、やんばるとは「山が連なって鬱蒼とした森が広がっている地域」という意味。

漢字では『山原』と書きます。

 



スポンサーリンク

見どころ

それでは実際に訪れた、やんばるエリアの見どころを紹介します。

東村ふれあいヒルギ公園

東村にある公園で、「慶佐次(げさし)湾のヒルギ林」が有名。

ヒルギとはマングローブを構成する植物で、他の地域ではなかなか見られない景観が広がっています。

東村ふれあいヒルギ公園のマングローブ林

マングローブ林は慶佐次川河口に約10ha(だいたい東京ドーム2つ分)に広がっています

有料でカヌー体験も可能で、マングローブ林の間を散策することが可能。

また、無料の遊歩道も整備されています。

東村ふれあいヒルギ公園の遊歩道

マングローブ林を構成するヤエヤマヒルギ、メヒルギ、オヒルギの他にもさまざまな植物、およびヤシガニやミナミトビハゼなどの珍しい生き物も見ることができます。

東村ふれあいヒルギ公園に生える木
東村ふれあいヒルギ公園にいたカニ

大石林山(だいせきりんざん)

国頭村にある国立公園で、奇岩が点在する亜熱帯林です。

敷地内は遊歩道が整備されており、「奇岩・巨石コース」「美ら海展望台コース」「ガジュマル森林コース」などがあり、それぞれ20~30分ぐらいで回れます。

僕は「奇岩・巨岩コース」と「美ら海展望台コース」の2つを歩きました

「奇岩・巨岩コース」には名前のとおり不思議なカタチの岩があります。

例えばこちらは「イグアナ岩」と呼ばれる岩です。そう言われればイグアナに見えるような気が・・・

大石林山にあるイグアナ岩

他にも「岩ふくろう」「だるま岩」「巨人の腰かけ」などの名前の付いた岩が点在しています。

最大の見どころは石灰岩が雨水などで浸食されて作られた「悟空岩」。天に向かってニョキニョキ伸びており、とても迫力があります。

大石林山にある悟空岩

「美ら海展望台コース」「石林の壁」と呼ばれる場所は、山から登ってきた太陽のパワーが集まる場所。

そこには岩がおかれており、これを両手でなでるとご利益があるとされています。

大石林山にある石林の壁

「展望台コース」という名前がついているとおり、ここの展望台からの眺めは最高!

天気の良い日には鹿児島の与論島が見られるなど、美しい景色を楽しめます。

大石林山の展望台からの眺め

辺戸岬(へどみさき)

沖縄本島の最北端にあるのが辺戸岬です。

ここからは鹿児島県の与論島を見ることができ、与論島との友好のしるしとして「かりゆしの像」も設置されています。

辺戸岬にあるかりゆしの像

岬の先端に立つと見えるのは海のみ。美しい沖縄の海を堪能できます。

辺戸岬からの眺め

また、植物の緑との対比も美しく、大自然を存分に楽しめます。

辺戸岬

ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森

日本で唯一、天然記念物でもあるヤンバルクイナが飼育されている場所です。

現在は2代目のクー太を見ることが可能。クー太は生まれてからずっと人の手により育てられているため、人を全く怖がりません。

僕は訪れた時は最初は離れた水場で水浴びをしていたものの、だんだんと近づいてきて、最後は目の前でじっくりと見られました!

クイナの森にいるヤンバルクイナ「クー太」
クイナの森にいるヤンバルクイナ「クー太」

ヤンバルクイナは鳩よりも少し大きいぐらい。想像以上に愛嬌があって可愛かったです。

 

行き方

那覇市内から訪れるときはレンタカーでの移動がメインです。

沖縄自動車道の許田(きょだ)ICから降りて、あとは一般道での移動。

ただしICを降りてから東村ふれあいヒルギ公園までは約30km、辺戸岬までは約60kmあります。

 



スポンサーリンク

観光についての注意点

定休日・営業時間について

今回紹介した場所の定休日、営業時間は次のとおりです。

<ヒルギ公園>
年中無休で24時間いつでも入れますが、管理事務所の営業時間は8:30~17:30です
<大石林山>
年中無休で8:30~17:30のあいだ開園しています(受付は16:30まで)
<辺戸岬>
年中無休で24時間いつでも入れます
<クイナの森>
定休日は水曜日で、営業時間は9:00~17:00です(最終入館は16:30まで)

所要時間について

ひととおり見物するには、だいたい次の時間がかかります。

ヒルギ公園:1時間
大石林山 :2時間
辺戸岬  :1時間
クイナの森:1時間

服装について

ヒルギ公園でカヌーに乗る場合は服が濡れやすいので、乾きやすい素材(綿など)の服がオススメです。

大石林山や辺戸岬などは足場が不安定な場所を歩く場合もあるので、スニーカーなどの歩きやすい靴を履いてください。

海外旅行での服装はTPO(時間・場所・目的)を心がけて!それぞれオススメの服装を紹介します
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服...

トイレについて

どの場所もトイレは設置されています

売店・レストランについて

辺戸岬にはHEADLINE(ヘッドライン)という名の観光案内所があり、カフェが併設されています。また駐車場付近にも軽食を食べられる場所がありました。

大石林山には精気小屋と呼ばれる場所があり、そこでは沖縄料理を食べることが可能。また、お土産も売られていました。

大石林山にある精気小屋

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

レンタカーを借りて自分でめぐることもできますが、点在しているので慣れないと大変です・・・

できれば沖縄北部(やんばる)を周遊する現地ツアーへ参加したほうが楽です。

僕も1日で今回紹介した場所+αを巡る那覇発着のツアーに参加しました。

料金は10,000円でした

 



スポンサーリンク

観光に便利なアイテム

除菌ウェットシート

大石林山や辺戸岬など、自然豊かな場所を散策したあとは手やカラダが汚れがち。

手を洗う場所がない場合もあるので、サッと汚れが落とせる除菌ウェットシートがあると便利です。

 

世界遺産への登録

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の構成資産の一部として2021年に世界遺産(自然遺産)に登録されました。

沖縄本島北部(やんばる)の一部も構成資産として俸禄されています。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 



スポンサーリンク

観光のベストシーズン

真夏(7~8月)以外がオススメです。

大石山林や辺戸岬は日差しをさえぎるものが少なく、歩く距離も長いので大変。

また、台風等により大雨が降ると足元が滑りやすくなって危ないです。

 

観光に必要な日数

沖縄本島への往復に丸1日、日帰りでやんばるに行くとして合計丸2日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊3日必要です。

 



スポンサーリンク

観光を計画

沖縄北部やんばるを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空チケット予約
》》ホテル予約
》》日本発着ツアー予約

 

 



スポンサーリンク