グランド・キャニオンは超絶危険!谷底を見たい時はスカイウォーク利用がオススメ!!



 

グランド・キャニオンの素晴らしさは、アメリカ合衆国第26代大統領セオドア・ルーズベルトの「すべてのアメリカ人が一生に一度はグランド・キャニオンを訪れるべき」という言葉に集約されています。

自然の力により長い時間をかけて作られた大峡谷はすべての人類が一生に一度はグランド・キャニオンを訪れるべきと言っても過言ではありません。

今回はグランド・キャニオンへ行く方法、現地での見どころ、注意する点を紹介します。

 追記
2018/06/08  高山病について追記
2018/05/10
  定休日について追記

基本情報

グランド・キャニオン国立公園(Grand Canyon National Park)はアメリカにある大峡谷(深い谷)です。

堆積したコロラド高原の地層をコロラド川の流れが長い時をかけて、浸食したことにより現在の大峡谷が作られました。

浸食された地層の最深部は1800メートル、長さ446キロメートルの巨大さ。まさに”地球のヒビ”と呼ぶにふさわしいです。

グランドキャニオン

また、グランド・キャニオンでは20億年間に堆積した地層を見ることができます。茶色や白、黄色などその色はさまざま。まさに地層の博物館です!

グランドキャニオン

グランド・キャニオンの見どころ

グランド・キャニオンはコロラド川を挟んでサウス・リム (South Rim)ノース・リム(North Rim)の2つに分かれます。

それぞれ“南壁”・”北壁”という意味です。

また、サウス・リムの内部は西側と東側で、それぞれウェスト・リム (West Rim)イースト・リム (East Rim)に分かれています。

サウス・リム (South Rim)

観光用に整備されており、ビジターセンターやお土産店、レストランや宿泊施設も多く集まっているため、ツアーで訪れることが多いです。

ビジターセンターの近くにはマーサ・ポイント (Mather Point)があります。

ここからの眺望はグランド・キャニオンで一番と言っていいほど素晴らしく、絵葉書などに使われることも多いので見る機会も多いのでは?

グランドキャニオンのマーサポイント

マーサ・ポイントは日の出を見る場所としても有名。

真っ暗な状態からグランド・キャニオン越しに日が昇るにつれ段々明るくなり、岩肌を陽の光で染めていく過程は言葉では伝えられないほど美しいです。

そのほかのビューポイントでおすすめなのが、ヤヴァパイ・ポイント (Yavapai Point)

場所はマーサ・ポイントに近いですが、こちらはキレイな夕陽を見ることができる場所として有名です。

グランドキャニオンのヤヴァパイ・ポイント

ノース・リム (North Rim)

ノース・リムはアクセスが悪く、到着までに時間がかかります。

ビジターセンターはありますが、宿泊施設やレストランは少なめ。人の少ない場所でじっくりグランド・キャニオンを堪能したいという方にはノース・リムがおすすめです。

ウェスト・リム (West Rim)

ピマ・ポイント (Pima Point)も夕陽をきれいに見ることができるスポットとして有名。

このスポットからは、コロラド川を最も近く見ることが可能です。

グランドキャニオンのピマ・ポイント

また、2007年にスカイウォークが完成しました。

スカイウォークは岸壁からせり出すようにU字型の通路が作られ、そこからグランド・キャニオンを眺めることができる場所です。

スカイウォークはオープンエア(屋外)に作られているため、谷を吹き抜ける風を直接感じることが可能。足元はガラス張りになっており、谷底まで見渡せます。

高いところ好きな人にとっては、心おどるスポットではないでしょうか。

高さはナント1200メートル。1.2キロメートルです!

僕が訪れた時はまだ完成していませんでしたが、東京スカイツリーの展望デッキ(350メートル)から足元を見た時もかなり恐かったので、その4倍近い高さというのは想像できません。

高所恐怖症の方は注意してください!

グランドキャニオンのスカイウォーク

ラスベガスからの行き方

ラスベガスからグランド・キャニオンに行くには軽飛行機(セスナ)、または車での移動が基本です。

電車やバスなどの公共交通機関はありません。

1.ラスベガスからグランド・キャニオンへ移動(車・セスナ)
現地ツアーを利用する場合、送迎バスを使ってホテルからラスベガス郊外にある小さな空港へ移動します。

そこでセスナに乗り、グランド・キャニオンへ向かいます。

現地ツアーではバスを使って移動することもありますが、ラスベガスからグランド・キャニオンまで約450キロメートルあるので長時間かかります。

もしあなたが車酔いしやすいのであれば、オススメできません。

2.グランド・キャニオン内を周遊(車)
車を使ってビューポイントを巡ります。

日本からラスベガスへの移動については、次の記事をご覧ください。

アメリカのうち僕が訪れた都市を中心に、観光する際に最低限知っておきたいことを紹介します。

観光についての注意点

全般

グランド・キャニオンには安全のための柵が設置されていません。

観光客の中には谷底をのぞき込む人も多いですが、足を滑らせたらそのまま真っ逆さま。

谷底からの高さは1000メートル以上あるので、落ちたらほぼ死にます。

実際年間で数人お亡くなりになっていますので、好奇心からのぞき込まないようにしましょう。

また、砂漠性気候なのでとても乾燥します。水分補給できるようにペットボトルに入った水を持ち歩くようにしてください。

定休日について

どの場所も定休日はありません。

服装について

夏は日差しが強く日陰の場所がないので、帽子が必須。

    楽天市場で帽子を探す
    Amazonで帽子を探す

また、でこぼこな地面が多いので、スニーカーが必須です。崖の周りに柵は設置されていないので足を滑らせたら真っ逆さまなので、とくに注意が必要です。

    楽天市場でスニーカーを探す
    Amazonでスニーカーを探す

また、冬は寒暖の差が激しいです。昼間は30℃近くなることもありますが、朝晩は急激に冷えるので、ダウンジャケットなど厚めの上着が必要です。

海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのおすすめの服装と、注意点を紹介します。

トイレについて

ビジターセンターやレストランにありますが、それほど数は多くありません。

見つけたら小まめに済ませるようにしてください。

売店について

ビジターセンターにお土産や飲み物が売っていますが、ノースリム・サウスリムに1個所ずつしかありません。

必要な分は、ラスベガス出発前の購入がオススメです。

高山病に注意

グランドキャニオンがある場所は高度2200~2500メートルと、意外なほど高い場所にあります。

だいたい高度2000メートルを超えると高山病にかかる場合があるので、グランドキャニオンでも注意が必要。

高山病の症状はさまざまですが、頭痛や吐き気、ひどいと動けなくなることも・・・

海外旅行中は通常より体力的に無理しがち。疲れがたまった状態で無理して行動することにより、病気となるリスクが上昇します。 病気となった時は安静にして薬を飲むのが 一番ですが、海外で売っている薬は日本人にとっては成分が強めなので、逆に体調を悪化させてしまう場合もあります。 今回は海外旅行でなりやすい病気と、対処方法を紹介します。

僕が高山病にかかった際の様子は、こちらの記事をご覧ください。

海外旅行では良いことも、悪いことも色々体験しますよね。できれば良い体験だけしたいところですが、実際にはトラブルもいっぱい起こります。 まさにトラブル イズ トラベル。 誰が言ったかは不明ですが、本当にそうだと実感します・・・ ここではトラブルをはじめとして、僕が体験した食・住・遊について紹介します。

グランドキャニオンへの旅行を計画するときは、念のためにグランドキャニオンからラスベガスなどに戻った後の日程に余裕を持たせた方が良いです。

高山病になると体力がゴリゴリ奪われるので、なるべく移動せず回復させる時間が必要です。


スポンサーリンク

実は動物の宝庫

荒野の印象が強いグランド・キャニオンですが、実は動物の宝庫です。

ほ乳類はコヨーテやカモシカ、アライグマなど89種、鳥類はタカやコンドルなど355種も生息。

とくに珍しいのは、グランドキャニオンガラガラヘビ。この蛇はグランド・キャニオンの谷底だけに生息しています。

谷底から見上げるグランド・キャニオン

上から谷底を眺める印象が強いですが、谷底から上を見上げることが可能です。おもな方法として、トレッキングツアーとボートツアーがあります。

トレッキングツアーは出発地点から谷底に降りるだけでも、かなり体力が必要ですので体力に自信がある人向け。

ボートツアーはグランド・キャニオンの切り立った岩肌を眺めながら、ゆったりとコロラド川をくだることができます。

グランドキャニオンのボートツアー

現地ツアーがオススメ

現地ツアー利用が便利です。

個人でレンタカーを借りることにより移動できますが、サウスリムからノースリムに移動するだけでも約340キロメートル走る必要があるので、とにかく移動が大変。

また、ラスベガスからも340キロメートル以上離れているので、途中でエンストした場合は考えたくないぐらい大変です・・・

    グランド・キャニオンを訪れる現地発着ツアー

どこにある?

グランド・キャニオンはアメリカ合衆国のアリゾナ州北部にあります。

観光の拠点となるのはラスベガス。ラスベガスの街の様子は、次の記事をご覧ください。

アメリカのうち僕が訪れた都市を中心に、観光する際に最低限知っておきたいことを紹介します。

世界遺産への登録

1979年に「グランド・キャニオン国立公園」として、世界遺産(自然遺産)に登録されました。


スポンサーリンク

観光のベストシーズン

春(4~6月)および秋(9~10月)あたりが気候が良く過ごしやすいです。

夏(7~8月)は40℃以上となることもあり、逆に冬(11~2月)は最低気温が0℃を下回ることがあります。

観光に必要な日数

ラスベガスへの往復に丸2日、1泊2日のグランド・キャニオンに行く現地ツアーに参加するとして合計丸4日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低4泊6日必要です。

観光を計画

グランド・キャニオンを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

航空券を予約
ラスベガスのホテル予約
グランド・キャニオンを訪れる現地発着ツアー
グランド・キャニオンを訪れる日本発着ツアー

訪れた時期

2001年1月に訪れました。

スポンサーリンク