海外旅行で病気に・・・・なりやすい病気と対処方法を知っておけば安心!



 

海外旅行中は通常より体力的に無理しがち。疲れがたまった状態で無理して行動することにより、病気となるリスクが上昇します。

病気となった時は安静にして薬を飲むのが 一番ですが、海外で売っている薬は日本人にとっては成分が強めなので、逆に体調を悪化させてしまう場合もあります。

今回は海外旅行でなりやすい病気と、対処方法を紹介します。

頭痛

風邪などが起因となることが多く、体調不良の中でも起こりやすい症状です。

頭痛が発生したら悪化する前に、なるべく部屋でゆっくりするのが良いですが、どうしても外出する必要がある場合は症状に合った薬の服用がオススメです。

体調不良

 

腹痛・下痢

腹痛の場合、胃腸薬を飲むことにより症状の改善が望めます。

下痢となった場合、下痢止めには頼らずに胃の中を空っぽにするのが先決。

水分を摂取することが重要ですが、真水よりもスポーツドリンクの方が体への負担が少なくなります。

しかし海外ではスポーツドリンクが手に入らないことも多いので、前もって粉状のスポーツドリンクを持っていき、ミネラルウォーターに溶かすようにすると便利です。

海外旅行にはレトルト食品とポカリスエットの粉が必携!!
海外の料理は日本より脂っぽいことが多く、また発展途上国では衛生状態が良くない場合が多いので、体調を崩してしまうことが良くあります。 おなかの調子が良くない場合、あっさりした料理が食べたくなりますが、海外では探すのも大変ですよね・・・ そんな時に活躍するのがレトルト食品! 今回はおすすめのレトルト食品と、海外に持っていくべきではない食べ物を紹介します。

胃の中が空っぽになったら、まずは消化しやすいスープや水分の多いフルーツを食べるようにしてください。

また、日本での下痢はストレスや暴飲暴食が原因となるものが主ですが、海外での下痢は 衛生状態が悪いことによる細菌性の下痢の場合もあります。

細菌性の下痢の場合、日本の市販薬では 治りにくいので現地で薬を購入するか、日本に帰国してから病院に行くようにしましょう。

インドの下痢には正露丸は効かない!下痢を治す最善の方法とは?
旅人の最終目的地とも言われるインド。 僕も2006年に訪れましたが、最初から最後まで下痢との戦いでした。 インド以外の国では、胃腸の調子が悪くなっても正露丸を飲めばすぐに治りましたが、インドではぜんぜん効き目なし。本当に手ごわいです。 今回は下痢となった原因と、治すために実行したことを紹介します。

腹痛や下痢にならないためには

海外でお腹の調子を壊す原因として考えられるのが、不衛生な水の摂取。

たとえ先進国であっても飲み水は全てミネラルウォーターを飲み、水道水は歯磨き程度にとどめてください。

またヨーロッパは硬水であることが多い(日本は軟水)ため体質にもよりますが、日本人が急に飲むとおなかの調子を崩しやすいです。

また、街中や観光地で売られているミネラルウォーターには注意が必要です。

特に新興国などで売られている場合、購入時にペットボトルのフタに開けられた形跡がないか確認してください。まれに空容器に水道水を詰めたものをミネラルウォーターとして売られているケースもあります。

特におなかが弱い人は、食事時も次の点に注意してください。

  • 生ものは食べない 
  • 屋台では食べない 
  • 氷は抜いてもらう (氷は水道水が使われている場合が多い) 

食べた後に少しでも体調がおかしいな!?と感じたら、念のため胃腸薬を服用してください。

イザという時に!海外旅行に持っていきたい医薬品
海外旅行中は活動的に歩き回ることが多いため、疲れがたまりやすいです。また、食事も日本料理と比較すると脂っぽいことが多いので、胃腸を中心に体調が悪くなりがち。 海外旅行中に体調不良となった場合は、日本で日常使っている医薬品を使用するようにしましょう。 今回は海外で購入した医薬品を使わない方がよい理由と、おすすめの医薬品を紹介します。

 

高山病

高山病は南米を中心とした高度の高い場所で起こりやすい病気で、症状は人によってさまざまですが、おもに頭痛・下痢・めまい・はき気などです。

発症した場合は高度が低い場所に移動することが一番望ましいですが、日程の都合で難しい場合は、ゆっくりと深い呼吸をすると共に部屋でゆっくりと過ごすようにしてください。

ただしベッドに 寝ころんでしまうと呼吸が浅くなってしまうので、座って本を読むなどして過ごすのがオススメ。

中南米の国々では、コカの葉を用いたお茶を飲むことで高山病の予防・症状の改善ができると言われています。

ホテルなどさまざまな場面でコカ茶を飲むことができますので、もし見かけたらぜひ飲んでみましょう。

コカの葉は法律で日本国内に持ち込むことができません

また、ホテルやタクシーなどには酸素ボンベが備え付けられている場合があるので、 苦しくなったら利用させてもらいましょう。

南米で高山病に苦しむ。まるで毒の沼地を歩いている感じ・・・
日本では、ほとんど気にする必要がない高山病ですが、南米旅行中には苦しめられました・・・ 高山病という病気があるのは知っていましたが、実際に自分がかかるとこんなに苦しいとは。 今回は、これから南米を中心とした高地に行かれる方に、高山病になった経緯と対処法をお伝えします。

国によっては致死率が高い病気がまん延しています。もし急な発熱やおう吐などの症状が出た場合は、一刻も早く病院に行くようにしてください。

 

以下、参考として命の危険がある病気を挙げています。これらの病気に感染する可能性がある国を訪れる場合は、事前にワクチン予防接種を受けてください。

海外旅行時の予防接種。予防ワクチン毎の接種回数と有効期間に注意!
日本国内の旅行であれば、病気に対しての予防接種を行う必要はありません。 しかし海外への旅行では、ワクチン接種が必要な場合も・・・ 日本では命の危険のある病気はそれほど多くありませんが、海外、とくに発展途上国では蚊や動物が病原菌を持っており、人間へ感染する可能性があります。 今回は予防接種するべき条件や、接種回数&有効期間を紹介します。
【体験談】黄熱ワクチンを名古屋で接種。接種までに時間がかかるので注意が必要です
日本国内を旅行する場合、ワクチンを接種する必要はありません。 しかし海外の発展途上国や新興国を旅行する場合、ワクチン接種が必要となるケースがあります。 僕も2017年7月に南米ペルーとボリビアを訪れる前に、黄熱ワクチン接種を行いました。 今回は実際に体験した、黄熱ワクチン接種の予約手順と当日の流れを紹介します。

 

狂犬病

狂犬病は狂犬病ウィルスを持つ動物にかまれた場合などに、発症する危険があります。

発症すると中枢神経を侵し、頭痛・発熱・からだのだるさ・おう吐などの症状が出てくるとともに、液体を飲むことにより筋肉がけいれんするため、水を恐れる恐水症と呼ばれる症状も出てきます。

また時間が経過すると、こん睡状態となり呼吸停止し死亡に至ります。

狂犬病が怖いのは、発症した場合の死亡率がほぼ100%であること。

なお、狂犬病という名前が付いていますが、ウィルスを持っている猫・猿・キツネ・コウモリなどにかまれたり傷つけられた場合も感染の可能性があります。

もし野生動物にかまれたり傷つけられたら一刻も早く病院で治療を受けてください。

また、狂犬病感染の危険性のある国に旅行する場合は、旅行前にワクチン接種するようにしましょう。

    狂犬病感染のリスクのある国  
  日本や一部先進国を除いた、ほぼすべての国

 

破傷風

破傷風は地面の中の破傷風菌が、傷口などから体内に侵入することにより発症します。

感染すると、手足のしびれや口が開けにくいという症状がでて、治療が遅れると全身けいれんにより死に至る恐ろしい病気です。なお、死亡率は40%です。

もし発症した場合は病院で治療を受けてください。

また、発症リスクのある国に旅行する場合は、旅行前に破傷風ワクチン接種するようにしましょう。

    破傷風の発症リスクの強い国  
  アジアなど衛生状態の悪い国

 


スポンサーリンク

黄熱病

黄熱病は蚊を媒介として感染する病気です。

症状は発熱・吐き気・筋肉痛などがあり、死亡率は30~50%程度。

なお、黄熱病という名前は重症患者に黄だんの症状が現れることから、この名前が付けられました。

もし発症した場合は病院で治療を受けてください。

また、発症リスクのある国に旅行する場合は、旅行前に黄熱ワクチン予防接種するようにしましょう。

    黄熱病の発症リスクの強い国  
  中央アフリカや中南米の国々

また、国によっては事前に黄熱病のワクチン接種を行っていないと入国できないので注意してください。該当の国は変更となることが多いので厚生労働省検疫所のホームページを参考にしてください。

 

A型肝炎

A型肝炎は食べ物を通じて感染する病気です。

衛生管理が十分ではない場所で調理された食べ物を食べたり、上下水道設備がととなっていない国の水を飲んだりすることにより発症する場合が多いです。

症状としては急な発熱・全身のだるさ・はき気・腹痛・下痢などがあり、数日すると黄だんが現れる場合もあります。

感染を防ぐためには加熱した食べ物のみ食べるようにし、飲み物もミネラルウォーター、または煮沸したお湯のみにします。

もし発症した場合は病院で治療を受けてください。

また、発症リスクのある国に旅行する場合は、旅行前にA型肝炎ワクチン接種するようにしましょう。

    A型肝炎の発症リスクの強い国  
  東南アジアやアフリカ、中南米など衛生状態が悪い国

ワクチン接種

 

まとめ

命の危険を感じるほどの病気となった場合は、ホテルスタッフやツアーガイドに病院に連れて行ってもらいましょう。言葉で伝えなくても、あなたの苦しそうな表情を見れば何らかの対応はしてくれるはずです。

高額な治療費が心配ですが、海外旅行保険に加入していれば治療費は支払われるので大丈夫です。もし、未加入の場合でも命には代えられません。

海外旅行保険は必要?クレジットカード付帯保険と組み合わせれば万全!
日ごろ病気になっても、病院で払うお金は本来の医療費の数割程度。これは日本の保険制度により国民の負担額が軽減されているからです。 しかし、海外旅行中は日本の保険制度を利用できません。 しかし事前に海外旅行保険に加入しておくことにより、費用の負担を大幅に削減することが可能です。 今回はクレジットカード付帯の保険 or 保険会社の海外旅行保険のどちらを選択するのが望ましいかを紹介します。

 

 

スポンサーリンク