ペトロナス・ツイン・タワー展望台ツアーの流れ&参加方法!なるべく早い予約がオススメ!!

 

世界中にタワーは数多くありますが、僕が最も好きなデザインはペトロナス・ツイン・タワー!

2本のタワーが並ぶ姿がとてもステキです。

 僕もマレーシアのクアラルンプール滞在中に、ペトロナス・ツイン・タワーの展望台ツアーに参加しました。

今回はツアーへの参加方法や、ツアーの様子を紹介します!

基本情報

ペトロナス・ツイン・タワーは1998年に完成した、高さ452メートルのタワーです。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワー(ライトアップ)

完成から5年間は世界で最も高いビルでしたが台湾の台北101(509.2メートル)や、ドバイのブルジュ・ハリファ(830メートル)、日本の東京スカイツリー(634メートル)など、どんどん抜かされました・・・

台北101の展望台に登る!行き方や内部の様子を紹介!!
台北101は台北の中でも人気の観光地。 台湾で最も高い建築物だけあって、登れば遥か先まで見渡せます。 今回は台北101の行き方・入場方法・内部の様子を紹介します!
ドバイ・ブルジュハリファの展望台AT THE TOPへ!おすすめの時間帯とは
日本一の高さを誇る建物といえば東京スカイツリー。スカイツリーの高さは634メートルですが、世界にははるかに大きな建物があります。 それはドバイにあるブルジュ・ハリファ。高さはなんと地上830メートル近くあります。スカイツリーと比較すると超高層ビル一棟分さらに高いという、とんでもない大きさです。

しかし、ツインタワーとしては世界一の高さです(2018年時点)。

 

タワーを設計したのはアルゼンチンのシーザー・ペリ(Cesar Pelli)。鋼材を使わずに高強度コンクリートを積み上げて建てられました。

ペトロナス・ツイン・タワー最大の特徴はタワーが2本あることですが、このタワーは1本ずつ日本と韓国の建設会社が施工しました。

2つの塔を結ぶスカイ・ブリッジはフランスの建築会社が施工しました

 

日本と韓国の会社が競い合うように建てた結果、韓国側のタワーが少し傾いていることが判明。日本側に相談を持ち掛けた結果、連絡橋(スカイブリッジ)により2つの塔をつなげることになったそうです。

スカイブリッジは高さ170メートル地点に架けられています。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのスカイブリッジ部分

 

展望台チケットの予約

ペトロナス・ツイン・タワーの展望台に行くには、人数制限ありのツアーに参加する必要があります。

僕はペトロナス・ツイン・タワーに訪れて、直接予約しました。

チケット売り場へ行くには、タワーの北西側(KLCC公園の反対)の入口から入り、すぐ左折します。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワー
マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワー入口

すると右手にエスカレーターが見えるので、そのまま下階に降ります。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワー内部(展望台ツアーチケット売り場へのエスカレーター)

他にもチケット売り場へ行けるエスカレーターは何カ所かあります

 

チケット売り場はこちら。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーの展望台ツアーチケット売り場

 

僕が訪れたのは平日の昼11:30ごろでしたが、近い時間帯のツアーはすべて売り切れ。

なんとか昼14:30開始のツアーの、最後の1枠を確保できました。

展望台ツアーの料金は80リンギット(約2,400円)でした。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーの展望台ツアー料金表

チケットとパンフレットはこんな感じ。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーの展望台ツアーチケット

 

平日昼間でも訪れる人は多く、あっという間に展望台ツアーの枠が埋まります。

希望の時間や、土日に訪れる場合は事前予約必須です!

  》》ペトロナス・ツイン・タワーを訪れるクアラルンプール発着ツアー

 

なお、公式サイトからのオンライン予約もできますが、最低でも48時間以上先のツアーしか予約ができないので、急に行きたくなった場合は不向きです・・・

  》》ペトロナス・ツイン・タワーのチケット予約(公式サイト:英語)

事前予約した場合でも予約完了メールをチケット売り場に持っていき、チケットに交換してもらう必要があります

 

展望台ツアーの様子

展望台ツアーの集合は予約時間の15分前。チケット売り場と同じフロアにあるゲートの前での集合です。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーの展望台ツアーへのゲート

ゲートをくぐると、空港にあるようなX線を用いた荷物検査が行われます。

検査後、大きな荷物は預けます。

ツアー参加者が首から下げるタグ(黄色)と、荷物の引換タグ(赤色)はこちら。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーの展望台ツアーバウチャータグ

 

先に進むとエレベーターホールがあります。

ここでは送風口から噴き出た空気に映像が投射され、ツアーの注意点が説明する凝った演出。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーの展望台ツアー開始時の説明

エレベーターに乗って、まずは高さ170メートル地点のスカイブリッジへ。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのスカイブリッジ入口
マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのスカイブリッジ

スカイブリッジからは、隣接するKLCC公園などが見えます。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのスカイブリッジから見たKLCC公園
マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのスカイブリッジからの風景

景色も良いですが、タワー自体を間近でじっくり見ましょう!

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのスカイブリッジから見たタワー別棟

スカイデッキには約10分滞在するので、じっくり見ることができます。

 

そして、ふたたびエレベーターで高さ370メートルにある展望台『オブザーベーションデッキ』へ。

スカイブリッジと比べると高さが倍以上になるので、さらに遠くまで見渡せます!

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのオブザーベーションデッキからの眺め
マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのオブザーベーションデッキからの眺め

KLタワーも眼下に。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのオブザーベーションデッキから見たKLタワー

ペトロナス・ツイン・タワーの別棟も、先端から根本までシッカリ見えます。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのオブザーベーションデッキから見たタワー別棟
マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのオブザーベーションデッキから見たタワー別棟

オブザーベーション内には、タワーの模型やクアラルンプールのジオラマもあります。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのオブザーベーションデッキ内の模型
マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのオブザーベーションデッキ内のジオラマ

そしてAR(拡張現実)を用いて画面に自分の姿を映し、動くことによって体の周りでペトロナス・ツイン・タワーが動くアトラクションもあり、子供が夢中で楽しんでいました。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーのオブザーベーションデッキ内のアトラクション

 

20分ほど後に、入場タグの色(僕は黄色)を呼ばれるのでエレベーターに戻ります。

このまま下に降りてツアーは終了です。

ツアー終了後にお土産店を通りますが、そこに荷物受取カウンター(LUGGAGE PICK UP)があるので交換用タグを渡せば、預けた荷物と交換してくれます。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーの預け入れ荷物受取所

 

夜には噴水ショーも行われます

ペトロナス・ツイン・タワーの南東部にはKLCC公園(Taman KLCC)が隣接していますが、公園内の池で毎晩噴水ショーが行われます。

毎晩20時ごろより、約10分間行われます

 

ショーでは水だけではなく、音とカラフルな光を用いていることもあり、とても美しいです!

 

行き方

ペトロナス・ツイン・タワーの最寄り駅はLRTクラナ・ジャヤ線(Kelana Jaya Line)のKLCC駅で降りれば目の前です。

ブキッビンタン中心部から行く場合は、ショッピングセンター『Pavillion』から空中歩道(ウォークウェイ)の利用が便利。

マレーシア・クアラルンプールのブキッビンタンからペトロナスツインタワー方面へ移動するための連絡通路(ウォークウェイ)

ペトロナス・ツイン・タワー近くのKLコンベンションセンター(KL Convention Centre)まで行くことができ、地下連絡通路でタワーまでつながっています。

 

また、クアラルンプール国際空港からクアラルンプール中心部への移動方法はこちらをご覧ください。

マレーシア・クアラルンプール国際空港から市内への移動方法4パターン。オススメの方法はコレ!!
マレーシアのクアラルンプールは近代的な面もありながら、昔ながらのマレー文化も楽しめる街。 モスクからツインタワーまで、見どころがいっぱいです。 今回はクアラルンプール国際空港から市内への移動方法を紹介します!

 


スポンサーリンク

観光についての注意点

定休日・営業時間について

定休日は月曜です。

また、営業時間は朝9:00~夜21:00。しかし、金曜の昼13:00~昼14:30はクローズです。

所要時間について

ツアー開始から終了まで約40~50分です。

写真撮影について

撮影可能ですが、三脚や自撮り棒を使うのは禁止されています。

服装について

ツアー中はそれほど歩き回らず、気温も快適なので服装は何でも良いです。

ただし、併設するショッピングセンターなどを訪れたい場合は、歩きやすいスニーカーがオススメです。

海外旅行ではTPOに合わせた服装を心がけよう
海外旅行での服装は基本的には日本と同じで大丈夫ですが、場合によってはふさわしくない場合もあります。 とくに海外旅行では、いつも以上におしゃれをしたり新しい靴をおろしたりしがちですが、避けた方が良いです。 今回は場面ごとのオススメの服装と、注意点を紹介します!

トイレについて

チケット売り場や、展望台にあったと思います。

念のため、ツアー参加前にタワー&併設するショッピングセンター(スリアKLCC)にあるトイレで済ませておきましょう。

売店・レストランについて

ツアーが終わり、エレベーターを降りたところにお土産ショップがあります。

コップからぬいぐるみまで、かなり品数が充実しているのでペトロナス・ツイン・タワー関連のお土産を探すにはピッタリ。

また、ペトロナス・ツイン・タワーにはスリアKLCC(Suria LKLCC)というショッピングセンターが併設しており、日本や韓国など、いろいろな国のレストランが併設されているので食事には困りません。

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワーに隣接するスリアKLCC

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

ペトロナス・ツイン・タワーはクアラルンプールの中心部にあり、MRT(地下鉄)の駅も近いので個人でも行きやすいです。

ただし当日訪れても予約がいっぱいで、希望時間帯の展望台ツアーに参加できないことも・・・

また他の観光地と合わせて効率的に周りたい場合も、現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》ペトロナス・ツイン・タワーを訪れるクアラルンプール発着ツアー

 

世界遺産への登録

ペトロナス・ツイン・タワーは世界遺産に登録されていません(2018年11月時点)。

5分で覚える世界遺産。生まれたキッカケは?選ばれる基準は?
近ごろ、テレビや本で『世界遺産』という言葉をよく耳にするようになりました。 ところで、世界遺産について詳しく知っていますか? 僕も昔は「あ~世界遺産ね。なんかスゴイよね」ぐらいの知識でした。 今回は、知ったかぶりできるぐらいの知識を約5分で紹介します!

 

観光のベストシーズン

夏(6~8月)が最もオススメです。

タワー内部は涼しくて快適なので1年中いつでも大丈夫ですが、展望台からクアラルンプールを見渡すなら雨が降る日が少ない夏がオススメです。

ただし一年中スコールが発生するので、予約した時間に晴れているかどうかは運しだいです。

スコールとは、短時間に大雨が降る気象現象です

 

観光に必要な日数

クアラルンプールへの往復に丸1日、日帰りでペトロナス・ツイン・タワーに行くとして合計1.5日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低1泊2日必要です。

 


スポンサーリンク

観光を計画

ペトロナス・ツイン・タワーを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券
》》クアラルンプールのホテル
》》ペトロナス・ツイン・タワーを訪れるクアラルンプール発着ツアー
》》ペトロナス・ツイン・タワーを訪れる日本発着ツアーを探す

 

スポンサーリンク