ペルー・リマのホルヘ・チャベス国際空港から市内への移動方法5パターン。オススメの方法は?

 

ペルーはマチュピチュ遺跡など見どころも多く、世界中から観光客が訪れます。

ペルー最大の都市はリマ。太平洋に面する街です。

今回は、リマのホルヘ・チャベス国際空港からリマ市内への移動方法を紹介します!

 追記 
2019/07/05   オーダーメイド旅行について追記
2019/06/02 『現地発着のオプショナルツアーが便利』を追記

ホルヘ・チャベス国際空港からリマ市内への移動方法

ホルヘ・チャベス国際空港(Aeropuerto Internacional Jorge Chávez)はペルー最大の空港。

ペルー・リマのホルヘ・チャベス国際空港

リマの北東16キロメートルの場所にあり、国際線も多く就航しています。

空港からリマ市内に行くには、おもにシャトルバス、エアポートバス、路線バス、タクシー、空港送迎サービスの5つの方法がありますので、それぞれのメリット・デメリットを紹介します!

シャトルバスを利用

シャトルバスは乗客が5名前後集まったら出発する小型のバスです。

10~20分ごとに出発し、所要時間は約30分です。

シャトルバス利用のメリットは料金の安さ。タクシーなどに比べると安く、24時間運行なので使いやすいです。

デメリットは停留所からホテルまでの移動は自分で行う必要があり、大きい荷物があると大変です。

路線バスを利用

空港を出たところの大通りからバスに乗ることができます。

乗る場合は人差し指を立て、手を横に広げると停まってくれます

 

路線バス利用のメリットは運賃の安さ。

タクシーはもちろん、シャトルバスやエアポートバスと比較してもかなり安いです。

デメリットはバス停からホテルへの移動は自分で行う必要があり、大きなスーツケースを持っている場合は移動が大変です。

また、空港周辺は治安があまり良くないので早朝や深夜はオススメできません・・・

エアポートバス(エアポートエクスプレス)を利用

2017年より運行が始まったサービスで、ホルヘ・チャベス空港とミラフローレス地区のホテル数カ所を結んでいます。

バスは早朝6:30~深夜0:00まで運行しており、だいたい30分ごとに運行しています。

昼12:00~夕方17:00は1時間ごとに運行

バスに乗るには、荷物受取所を出てすぐ左側にあるバス会社のカウンターで申し込みます。

『AIRPORT EXPRESS LIMA』と書かれたカウンターがあります

新しいだけあって、車内はとてもキレイ。USB充電ができたり、無料Wi-Fiを利用することも可能です。

 

エアポートバス利用のメリットはタクシーと比べると料金が安く(路線バスよりは高い)、ボッタクられる心配がないこと。

またHiltonやMarriottなど、停車場所となっているホテルに宿泊していれば、移動する手間がなくとても楽です。

デメリットはミラフローレス地区以外に宿泊している場合は、少し使いづらいこと。

また、昼間の時間帯は1時間に1本しかない(2018年時点)ので、乗車時に待たなければいけないことも・・・

タクシーを利用

正規のタクシーはリムジンタクシーグリーンタクシーの2種類があります。

ともに手荷物受取所を過ぎたあたりにカウンターがあります

リムジンタクシーは料金が高いものの、高級車を使用しているのが特徴です。

 

タクシーグリーンは目的地(地区)によって値段が決まっているので安心。

カウンターで宿泊しているホテルの名前を伝えれば、タクシー運賃を伝えられるので、その料金を支払います。

あとはスタッフの案内にしたがえば、タクシーに乗れます。

ほかの移動手段と同じく、リマのミラフローレス地区まで30分ぐらいかかります。

運賃はタクシーグリーンと比べて、リムジンタクシーはだいたい倍と考えればOK

 

空港の建物外に出ると向こうから声をかけてくるタクシーもいますが、未認可タクシー(白タク)の場合が多いです。

法外な運賃を言われたり、危険な目にあうケースも報告されているので、なるべく利用しないようにしてください!

 

タクシー利用のメリットは、ホテルの目の前まで連れて行ってくれること。

また、早朝や深夜に到着しても利用することができます。

デメリットは料金の高さ。

バスと比較すると、倍近くかかることも・・・

空港送迎サービスを利用

空港送迎サービスとは、前日までに空港送迎サービスに申し込んでおくと、空港からホテルまで送迎してくれるサービスです。

現地到着後、自分の荷物をピックアップして一般フロア(到着フロア)に出たところで、スタッフ待機しているので、あとは声をかければホテルまで連れていってもらえます。

海外旅行に行くなら空港送迎サービスが超便利!利用方法と便利ポイントを紹介!!
空港からホテルに移動する場合、地下鉄やタクシーなどいろいろな交通手段がありますが、都市によっては空港送迎サービス利用がオススメ。 今回は空港送迎サービスのメリットや使い方を紹介します!

 

空港送迎サービスのメリットは、ホテルの目の前まで連れて行ってくれること。

また、早朝や深夜でも利用可能です。

デメリットは料金の高さ。タクシーよりも高い場合があります。

しかし身元がハッキリしているため、治安が良くない南米であってもボッタクリや危険な目にあう心配はほぼありません。

  》》ホルヘ・チャベス国際空港からホテルまでの空港送迎サービス

 

オススメの移動方法

ホテルがミラフローレス地区にあり、かつ停車するホテルとあなたの泊まっているホテルが近ければエアポートバス(エアポートエクスプレス)がオススメ。

ただし、ミラフローレス地区から離れた場所に泊まっていたり、エアポートバスの便が少ない時間帯(13:00~17:00あたり)の場合は、空港送迎サービス利用をオススメします。

  》》ホルヘ・チャベス国際空港からホテルまでの空港送迎サービス

 

現地発着のオプショナルツアーが便利

リマから行ける観光スポットはバジェスタス島やナスカの地上絵などが有名ですが、個人では行きづらいです。

バジェスタス島はリトル・ガラパゴスと呼ばれる大自然!リマから現地ツアーに参加!!
南米・ペルーといえばマチュピチュが有名ですが、バジェスタ諸島については知っている人は少ないのでは?ガイドブックでもあっさりした書き方しかされていない場合が多いです。 しかし、バジェスタ諸島をボートで訪れるツアーでは、日本では見ることができない大自然を満喫できます! ここではツアーの内容と注意点を順番に説明します。

 

また欧米の国々と比較すると、夜の治安が悪め。

しかし、そんな場合はリマ発着のオプショナルツアーが便利です。

ホテルまで送迎してもらえるので、帰りが遅い時間帯になっても安心です。

  》》リマ発着のオプショナルツアーを予約する

 

ペルー旅行をオーダーメイドしてみる

空港からの移動も大変ですが、ペルー各地の見どころを効率よく巡る方法を考えるのは更に大変・・・

しかし、ツアー旅行はお土産屋や行きたくない観光地を組み込まれることがあるのでイヤ、という方も多いのでは?

そんな場合は服をオーダーメイドするように、あなたの希望と予算を伝えて旅を組み立ててもらってはいかがでしょうか?

オーダーメイド旅行はツアーと個人旅行のいいとこどり!オススメは?
僕は海外旅行は個人手配型が好きですが、場合によってはオーダーメイド旅行をするときもあります。 オーダーメイド旅行は個人旅行とツアー旅行を足して2で割った感じですが、今回は利用すべきケースやオススメの依頼先を紹介します!

 

たとえば『タウンライフ旅さがし』なら無料で見積もってもらえます。

観光についての不明点を事前に相談をしたり、現地に着いてから困りごとがあっても、サポートデスクが設置されているので難なく解決できますよ。

 

まとめ

リマのホルヘ・チャベス国際空港からリマ市内に移動する場合、どの移動方法であっても渋滞の影響を受けやすいです。

だいたい海岸線を通るルートであり、側道も少ないので渋滞しやすいです

スケジュールを考える場合、渋滞を考慮して時間に余裕を持たせましょう!

 

 

スポンサーリンク