マレーシア旅行の前に知っておきたい情報まとめ

 

マレーシアは近代的な都市でありながら、日本では見られないような大自然も残された国。

僕が訪れたクアラルンプールを中心に、マレーシアを訪れる前に知っておきたい情報を紹介します!

基本情報

正式名称    マレーシア(Malaysia)
首都      クアラ・ルンプール
国番号     60
通貨単位    リンギット(セン)
チップ     不要
言語      マレー語 / 中国語 / タミール語
電圧      220V
周波数     50Hz
日本との時差  -1時間
サマータイム  なし

 

国旗

通称「Jalur Gemilang」と呼ばれています。

マレーシア語で「栄光の縞模様」という意味があります

 

左上の模様はイスラム教の象徴である月と星、紅白のラインはマレーシアにある14の州と首都・クアラルンプールを表しています。

 

ビザの要/不要

観光目的、かつ90日以内の滞在なら不要です。

 

クアラルンプール(Kuala Lumpur)について

都市の概要

クアラルンプールはマレーシアの首都であり、経済の中心地。

マレー半島南部に位置しており、現地では『KL』と呼ばれています。

 

街の中心地はブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)

この周辺には、Lot10Pavilionなどの大型ショッピングセンターやホテルが立ち並んでおり、観光するならこのあたりにホテルを取るのが便利です。

クアラルンプール(マレーシア)のブキッビンタンにあるショッピングセンター・Lot10
クアラルンプール(マレーシア)のブキッビンタンにあるショッピングセンター・Pavilion

 

交通の中心はKLセントラル駅(KL Sentral)

マレーシア・クアラルンプールのKLセントラル駅
クアラルンプール(マレーシア)のKLセントラル駅構内

空港からの鉄道をはじめ、クアラルンプールからの鉄道はここに集結しています。

また、超大型ショッピングセンターNu Sentralもあり、お土産探しにもピッタリ。

クアラルンプール(マレーシア)にあるショッピングセンター・Nu Sentral

 

バスで移動する場合の中心はパサール・スニ駅(Pasar Seni)

マレーシア・クアラルンプールのパサール・スニ駅近くのバスターミナル

ここからクアラルンプール各地へのバスが発着しているので、上手に活用すれば安く移動できます。

おもな観光地

マレーシアの国教(国の宗教)といえばイスラム教。このため、見どころはモスク(イスラム教寺院)が多いです。

クアラルンプール市内にあるモスクといえばマスジット・ヌガラ(Masjid Negara)。別名『国立モスク』と呼ばれています。

ンプール(マレーシア)にあるマスジットネガラ(国立モスク)外観
クアラルンプール(マレーシア)にあるマスジットネガラ(国立モスク)内部
ンプール(マレーシア)にあるマスジットネガラ(国立モスク)内部から外を見る

そのほかクアラルンプール郊外には、カラフルさが特徴なブルーモスクピンクモスクもあります。

クアラルンプールから鉄道でピンクモスクへ!詳しい行き方・注意点を紹介!!
マレーシアにはモスクがたくさんあります。 通称『ブルーモスク』と呼ばれるモスクもありますが、なんと『ピンクモスク』と呼ばれるモスクもあります! ピンクモスクがあるのはクアラルンプール郊外。 今回はピンクモスクへの行き方と、内部の様子を紹介します!
クアラルンプールから路線バスでブルーモスクへ!詳しい行き方・注意点を紹介!!
ブルーモスクといえばトルコ・イスタンブールのモスクが有名ですが、マレーシアにあるブルーモスクも負けていません! クアラルンプール郊外にあるブルーモスクに行くには、電車と路線バスを使った方法があります。 今回はクアラルンプールから路線バスを利用して訪れる方法を紹介します!

 

宗教関連では、こちらもクアラルンプール郊外ですが、バトゥ洞窟がオススメ。

山頂の洞窟内部にはヒンドゥー教寺院があり、洞窟の暗さと相まって荘厳な気分に。

クアラルンプールからバトゥ洞窟へ!鉄道での行き方や注意点を紹介!!
マレーシアにはイスラムのモスクが多い印象ですが、ヒンドゥー教寺院もあります。 今回紹介するバトゥ洞窟は、山頂にある洞窟内にヒンドゥー教の寺院がある変わり種。 今回はクアラルンプールからバトゥ洞窟へ行く方法と、見どころを紹介します!

 

宗教関連以外では、やっぱりペトロナス・ツインタワー

世界でも珍しい2本のビルが対になった形状で、ライトアップされた姿がとても美しいです!

マレーシア・クアラルンプールのペトロナスツインタワー(ライトアップ)

タワー上部の展望台からはクアラルンプールの街が一望できます。

ペトロナス・ツイン・タワー展望台ツアーの流れ&参加方法!なるべく早い予約がオススメ!!
世界中にタワーは数多くありますが、僕が最も好きなデザインはペトロナス・ツイン・タワー! 2本のタワーが並ぶ姿がとてもステキです。  僕もマレーシアのクアラルンプール滞在中に、ペトロナス・ツイン・タワーの展望台ツアーに参加しました。 今回はツアーへの参加方法や、ツアーの様子を紹介します!

日本からクアラルンプールの移動

日本からクアラルンプール中心部に移動する方法は次の通りです。

1.日本からクアラルンプールへ移動(飛行機)
出発地や乗り継ぎの有無にもよりますが、だいたい6~9時間かかります。

2.空港からクアラルンプール中心部へ移動
クアラルンプール国際空港からクアラルンプール中心部へ移動するには、バスや鉄道などさまざまな方法があります。

それぞれの方法の詳細と、おすすめの方法はこちらをご覧ください。

マレーシア・クアラルンプール国際空港から市内への移動方法4パターン。オススメの方法はコレ!!
マレーシアのクアラルンプールは近代的な面もありながら、昔ながらのマレー文化も楽しめる街。 モスクからツインタワーまで、見どころがいっぱいです。 今回はクアラルンプール国際空港から市内への移動方法を紹介します!

クアラルンプールでの移動

クアラルンプールは交通手段が豊富。

KLセントラル駅やブキッ・ビンタン駅を中心にして地下鉄(MRT)、モノレール、鉄道などが張り巡らされています。

クアラルンプール国際空港とKLセントラル駅を結ぶKLIAエクスプレスのプラットフォーム

 

またバス網も充実しており、ブルーモスクなどの見どころに行くにも便利です。

クアラルンプール国際空港とKLセントラル駅を結ぶKLIAエクスプレスの車内

 

マレーシアの食事

マレーシアでの料理といえば地元のマレー料理もありますが、中華料理など世界中の料理も食べられます。

日本料理やインド料理もありました。

ちゃんとした店で食べると意外と日本と同じぐらいかかりますが、安く済ませようと思ったらブキッビンタンにあるアロー通りの屋台街がオススメ。

マレー料理や中華料理が中心ですが、どの店も安くておいしいです。

クアラルンプール最大の屋台街・アロー通り4店食べ歩き!オススメの料理はコレ!!
マレーシアのクアラルンプールでは世界各国のおいしい料理が食べられますが、安くておいしい料理を食べたいならアロー通りの屋台街がイチバン。 僕もクアラルンプールを訪れた時に4日連続で行きました。 今回は僕が訪れた店で食べた料理や、役立つ情報を紹介します!

 


スポンサーリンク

マレーシア観光を計画

マレーシアを訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空チケット予約
》》マレーシアのホテル予約
》》マレーシア国内を巡る現地発着ツアー予約
》》マレーシアを訪れるパックツアー予約

 

 

スポンサーリンク