エル・アルト空港からラパス市内への移動方法3パターン。オススメの方法は?

 

ボリビア最大の都市ラパスは、大人気観光地・ウユニ塩湖に行くために立ち寄る人も多く、世界中から人が押し寄せます。

ボリビア最大の空港はエル・アルト国際空港。なんと標高4,082メートルの位置にあります。

ラパス市内へ移動するには色々な方法がありますが、今回はそれぞれのメリット・デメリットとオススメの移動方法を紹介します。

エル・アルト国際空港から市内中心部への移動方法

エル・アルト国際空港(Aeropuerto Internacional de El Alto)は、ラパス郊外のエル・アルトにある国際空港です。

おもに、南米の各都市から多くの便があります。

ボリビア・ラパスのエル・アルト国際空港

エル・アルト国際空港からラパス市内へ移動するにはバスやタクシー、空港送迎サービスなどがあります。

ミニバス(コトランスツール)を利用

ミニバスはコトランスツール(Cotranstur)という名前です。

ラパス中心部に行くには、空港から出た場所にあるミニバス乗り場(212番&車体に飛行機マーク有り)から乗ります。

212番でも車体に飛行機マークが無い場合は、軍の空港に行くので注意してください

ミニバスが停まるのはセントロ。

所要時間は約40分ですが、渋滞度合いによって大幅に異なります。

朝6時から夜21時ごろまで運行しており、だいたい15分に1本出発しますが、満車にならないと出発しないことも・・・

ミニバス利用のメリットは料金の安さ。

日本円で60~70円程度(2017年時点)で利用できます。

デメリットは早朝・深夜は利用できないことと、満車にならないと利用できないこと。

出発時間が読めないので、時間に限りのある旅行だと利用しずらいです。

タクシーを利用

空港から出た場所にタクシーが待っています。

タクシー利用のメリットは、ホテル前まで連れて行ってくれること。

デメリットは料金の高さ。ミニバスと比べると10倍以上かかります。

また、タクシーは絶対に正規タクシーを利用してください!

未認可タクシー(白タク)から声を掛けられることもありますが、安全性に不安があるので利用しないでください。

空港送迎サービスを利用

空港送迎サービスは、空港からあなたのホテルまで送迎してくれるサービスです。

到着エリアから出たところで、あなたの名前を書いた紙を持ったスタッフが待機しているので、声をかければホテルまで連れて行ってくれます。

海外旅行に行くなら空港送迎サービスが超便利!利用方法と便利ポイントを紹介!!
空港からホテルに移動する場合、地下鉄やタクシーなどいろいろな交通手段がありますが、都市によっては空港送迎サービス利用がオススメ。 今回は空港送迎サービスのメリットや使い方を紹介します!

 

空港送迎サービス利用ののメリットは、空港から宿泊するホテルの目の前まで連れて行ってくれること。

ラパスは治安が悪めなので、早朝・深夜に外に出る時間が最低限にするに越したことはありません。

デメリットは料金の高さ。タクシーと同じぐらいか、高い場合もあります。

しかし、身元がハッキリしていることもあり安全性が高いです。

  》》エル・アルト国際空港からホテルまでの空港送迎サービス

 



スポンサーリンク

市内から空港への移動

ラパス市内中心部からエル・アルト国際空港への移動も行きと同じく、ミニバス・タクシー・空港送迎サービス利用が中心です。

ミニバスを利用して空港に行くなら、イサベル・ラ・カトリカ広場(Plaza de Isabel La Catolica)から212番のバスに乗ってください。

ミニバスは早朝6時半から10分おきに出ています。

 

流しのタクシーはあまりいないので、ホテルでラジオタクシー(Radio Taxi)を呼んでもらいます。

注意したいのが、早朝や深夜の場合、ホテルの外で待たないこと。

ラパスは治安が良くないので、なるべくホテルのロビーで待たせてもらった方が良いです。

 

なお、エル・アルト空港から市内中心部をつなぐ道は迂回路が無い、ほぼ一本道。

空いていれば20~30分あれば着きますが、通勤時間帯などは倍以上かかることも・・・

なるべく時間に余裕を持って行動してください。

 

オススメの移動方法

オススメできるのは空港送迎サービス一択です。

ミニバスは料金は安いですが、早朝・深夜は利用できず、タクシーは安全面で不安が残ります。

  》》エル・アルト国際空港からホテルまでの空港送迎サービス

 



スポンサーリンク

現地発着のオプショナルツアーが便利

ラパスに到着後、ウユニ塩湖などの観光地に行こうと思っても、移動方法が分からないことも多いのでは?

ウユニ塩湖に現地ツアー利用で訪れた!乾季でも鏡張りの水面を見られるかも?
ザ・ベスト・オブSNS映えする観光地と言えばウユニ塩湖。 乾季は見渡す限りの白い塩、雨季は天地の境目が分からないほどの鏡張りの水面が目の前いっぱいに広がります。 ここではウユニ塩湖へ行く方法、現地での見どころ、注意する点などを紹介します。
ウユニ塩湖に現地ツアー利用で訪れた!乾季でも鏡張りの水面を見られるかも?
ザ・ベスト・オブSNS映えする観光地と言えばウユニ塩湖。 乾季は見渡す限りの白い塩、雨季は天地の境目が分からないほどの鏡張りの水面が目の前いっぱいに広がります。 ここではウユニ塩湖へ行く方法、現地での見どころ、注意する点などを紹介します。

そんな場合は、現地発着のオプショナルツアー利用が便利。

タビナカなら、日本語ガイドが同行してくれるので言葉の心配はいりません!

  》》タビナカでラパス発着のオプショナルツアーを探す

 

南米旅行をオーダーメイド

空港からの移動や、南米にある見どころを効率よく巡るのは意外と大変・・・

しかしツアー旅行は好きな場所に行けないし、行きたくもないお土産店に立ち寄ったりするので避けたいですよね。

そんな時は『オーダーメイド旅行』がおすすめです!

オーダーメイド旅行はツアーと個人旅行のいいとこどり!オススメは?
僕は海外旅行は個人手配型が好きですが、場合によってはオーダーメイド旅行をするときもあります。 オーダーメイド旅行は個人旅行とツアー旅行を足して2で割った感じですが、今回は利用すべきケースやオススメの依頼先を紹介します!

 

たとえば『タウンライフ旅さがし』なら無料で見積もってもらえます。

観光についての不明点を事前に相談をしたり、現地に着いてから困りごとがあっても、サポートデスクが設置されているので難なく解決できますよ。

 



スポンサーリンク

まとめ

ウユニ塩湖に行くためにラパスを経由する場合、早朝にホテルを出発するケースが多いです。

空港に行く前にトラブルに巻き込まれないためにも、安全・確実な空港送迎サービス利用がオススメです。

 

 



スポンサーリンク