台北観光のおすすめスポット5選!絶対訪れたい観光地はココ!!

台湾は日本からも近く、直行便もあるため週末旅行など短時間でも楽しめます。

観光地以外にも、おいしい食べ物や雑貨、占いなどの楽しみもいっぱいです!

今回は台北を訪れた時に、絶対行きたいスポットを紹介します。

見どころ

台北はそれほど広くありませんが、超巨大建築から昔ながらの寺院までいろいろな見どころがあります。

台北101

台北101は高さ509.2メートルの高さのビル。完成当時は世界で一番高い建築物でした。

独特な見た目は竹をモチーフにしていると言われています。

台湾・台北の台北101

僕も登りましたが、台北の街並みが一望できて気持ち良かったです!

台北101の展望台に登る!行き方や内部の様子を紹介!!
台北101は日本人にも人気の観光地、台北の中でも人気の観光地。 台湾で最も高い建築物だけあって、登れば遥か先まで見渡せます! 今回は台北101の行き方・入場方法・内部の様子を紹介します。

また、大みそかには年越し花火が台北101から打ちあがり、とてもキレイです。

台北での年越し花火!見学にオススメ&ホテルの場所はココ!!
台北で年越しを迎えるなら、台北101周辺がオススメ。 台北101からの打ち上げ花火は、日本の年越しとは異なる賑やかさを楽しめます。 今回は台北101付近での年越しカウントダウンの様子と、注意点を紹介します!

 

国立故宮博物院

国立故宮博物院は、歴代の皇帝が集めたコレクションを展示している博物館です。

収蔵品はなんと60万点以上!

全部見ようと思ったら8年かかると言われています。

台湾・台北の国立故宮博物院

ところで、中国・北京にも故宮博物院があります。

北京・故宮博物院(紫禁城)は事前ネット予約必須!見どころと観光時の注意点を紹介!!
北京の中心部にある故宮博物院は博物館であり、かつて皇帝が住んでいた場所でもあります。 内部はとにかく広いので、全部見ようとすると丸一日かかることも・・・ もし故宮を訪れるなら事前予約がオススメ。 今回は事前予約するべき理由と、内部の見どころを紹介します。

北京の故宮博物院にあった展示物は、満州事変や第二次世界大戦で破壊されることを防ぐために別の場所に退避。

その後、国民党の台湾遷移にともなって、そのまま展示することになり台湾にも故宮博物院が建てられることになりました。

このため、北京の故宮博物院に展示されていたうち、厳選されたものが展示されていると言えます。

 

北京の故宮博物院には及びませんが、台湾の故宮博物院も広いです。

台湾・台北の国立故宮博物院の案内図

敷地内には博物館のほか、庭園(至善園)もあります。

至善園は約7000坪という広大な敷地であり、宋代および明代の中国風庭園が再現。

 

博物館の内部は残念ながら写真撮影禁止でしたが、とくに有名な肉形石(石で作られた豚の角煮)翠玉白菜(石で作られた白菜)は、石で作られたとは思えないほどのリアルさでした!

その他の展示物も、木や象牙にキレイな模様を描いたり、細かな細工がほどこされた作品が多い印象です。

 

観光する場合、大きな荷物の持ち込みはダメなので1階入口右にあるクロークで預ける必要があります。また、飲食も決められた場所以外ではダメです。

展示物も多いですが、おもな展示物だけ見るのであれば1時間ぐらいでOK。じっくり見たい場合は半日程度みておいた方が良いです。

 

国立故宮博物館に行くには、MRT淡水信義線の士林駅(士林站)で降りてタクシーに乗るかバスに乗り、『故宮博物院』で下車します。

故宮博物院へ行くバス路線は255、304、小18、小19路、紅30などです

バスは苦手・・・という方は、台北発着の現地ツアーへの参加が便利です。

  》》国立故宮博物院を訪れる台北発着ツアー

また、定休日、営業時間はこちらです。

定休日 :なし
営業時間:朝8:30~夜18:30(土曜は朝8:30~夜20:30*入場は閉館30分前まで

中正紀念堂

中正紀念堂は初代中華民国総統・蒋介石を記念し、1980年に建てられました。

「中正」は本名の蒋中正から名づけられました

僕が訪れた時は『中正紀念堂』という名前でしたが、2007年に『台湾民主紀念館』に変更、2009年にふたたび『中正紀念堂』に戻りました。

「なんでそんな面倒なことするの?」と思いますが、理由は政権によって蒋介石の評価がバラバラのため。

『中正紀念堂』という名前は、蒋介石を功績を高く評価していることが表れているので、反対に功績を評価していない場合は異なる名前を使用する必要がありました。

ということは、また変更されることがありそうですね・・・

 

中正紀念堂の敷地には広大な面積の公園を挟んで、自由広場門紀念堂が建っています。

台湾・台北の中正紀念堂からの眺め

自由広場門は高さ30メートルと、めちゃくちゃ巨大!

なお、以前は『大中至正門』でしたが、2007年に『自由広場門』に変更されました。

こちらは2005年時点の門。まだ『大中至正』と書かれています。

台湾・台北の中正紀念堂の自由広場門(大中至正門の時代)

中正紀念堂はこちら。高さは70メートルもあります。

台湾・台北の中正紀念堂の紀念堂

だいたいタージマハルと同じ高さです。

タージ・マハルの見どころと空いているゲートはココ!観光時の注意点も紹介!!
真っ白の大理石で作られた、玉ねぎ型の屋根が特徴的なタージ・マハル。 その白亜の姿は世界一美しい建物と言っても差し支えないほど。一見するとイスラム教の寺院!?と思われがちですが、実は異なります。 今回はタージ・マハルへ行く方法や観光時の注意点、空いている入口を紹介します。

紀念堂内部はガランとしており、中心にはデッカイ蒋介石像

台湾・台北の中正紀念堂の紀念堂内部

台湾・台北の中正紀念堂の紀念堂の蒋介石像

天井には台湾の国章『青天白日』が描かれています。

台湾・台北の中正紀念堂の紀念堂の天井(台湾の国章『青天白日』)

蒋介石像の近くには、いつも衛兵が立っています。

台湾・台北の中正紀念堂の衛兵

毎日9:00~17:00の正時に衛兵交代式が行われ、見物するために多くの人が訪れます!

正時(しょうじ)とは、13時ちょうど、14時ちょうど、のような毎時0分のことです

 

紀念堂の両脇には国家音楽庁国家戯劇院があり、京劇などが催されています。

台湾・台北の中正紀念堂の音楽堂

中正紀念堂はそれほど広くないので、だいたい30分あれば、ひととおり見ることができます。

 

中正紀念堂に行くには、MRT淡水信義線・松山新店線の中正紀念堂駅(中正紀念堂站)で降りてすぐです。

また、定休日、営業時間はこちらです。

定休日 :なし
営業時間:朝9:00~夜18:00

忠烈祠

忠烈祠は抗日戦争や、内戦によって戦死した約33万人の戦士を祀るために1969年に創建されました。

台湾・台北の忠烈祠

本殿は中国・北京にある故宮の太和殿を模して建てられています。

台湾・台北の忠烈祠の衛兵交代式

北京・故宮博物院(紫禁城)は事前ネット予約必須!見どころと観光時の注意点を紹介!!
北京の中心部にある故宮博物院は博物館であり、かつて皇帝が住んでいた場所でもあります。 内部はとにかく広いので、全部見ようとすると丸一日かかることも・・・ もし故宮を訪れるなら事前予約がオススメ。 今回は事前予約するべき理由と、内部の見どころを紹介します。

 

忠烈祠での最大の見どころは衛兵交代式。

台湾・台北の忠烈祠の衛兵

毎日正時(9:00、10:00、11:00・・・)になると、正門に立っている衛兵が交代します。

最後の衛兵交代式のみ16:40から行われます

衛兵は正門から本殿まで、隊列を組んで一糸乱れぬ動きで行進します!

台湾・台北の忠烈祠の衛兵交代式台湾・台北の忠烈祠の衛兵交代式台湾・台北の忠烈祠の衛兵交代式台湾・台北の忠烈祠の衛兵交代式

そして銃剣をかかげたのち、持ち場につきます。

台湾・台北の忠烈祠の衛兵交代式台湾・台北の忠烈祠の衛兵交代式

係の人が身だしなみを整えています。

台湾・台北の忠烈祠の衛兵

衛兵交代式はだいたい20~30分かけて行われます。

 

本堂内部には祭壇があり、抗日戦争で亡くなった兵士の位牌が並べられています。

台湾・台北の忠烈祠の本堂台湾・台北の忠烈祠の本堂内(戦没者の位牌)

忠烈祠内部はそれほど広くないので、ひと通りみるだけなら30分。衛兵交代式をしっかり見たい場合でも1時間半あれば大丈夫です。

 

忠烈祠に行くには、MRT淡水信義線の圓山駅(圆山站)で降り、タクシーに乗るかバスに乗り、『忠烈祠』で下車します。

忠烈祠へ行くバス路線は21、42、208、213、247、267、287、646、紅2、紅3
 

乗り換えてバスで行くのが面倒・・・という場合は、台北発着の現地ツアーへの参加が便利です。

  》》忠烈祠を訪れる台北発着ツアー

 

また、定休日、営業時間はこちらです。

定休日 :なし
営業時間:朝9:00~夜17:00

龍山寺(龙山寺)

龍山寺は台湾でもっとも有名と言われる寺院で、台北最古の仏教寺院です。

建物は四合院の伝統をふまえた宮殿式建築です。

こちらは2005年8月に訪れた時。

台湾・台北の龍山寺

そして、こちらは2014年1月に訪れた時。

台湾・台北の龍山寺(夜)

電光掲示板が設置されました。

時代の流れとして仕方がないかもしれませんが、仏教寺院には似合わないですね・・・

入口は2つあり、前門の向かって右側から入り、左側から出ます。

内部はこんな感じ。

台湾・台北の龍山寺台湾・台北の龍山寺

多くの人が参拝していますが、元宵節や清明節、拜拜の日(旧暦の1日と15日)は特に混むので注意してください!

香炉も金色に輝いています。

台湾・台北の龍山寺の香炉

本殿内部も金色に輝いています。

台湾・台北の龍山寺の本堂内部

龍山寺にはいろいろな神様が祭られています。

本殿には仏教の神・聖観世音菩薩、後殿には道教の神たち。道教の神は分野によって、さまざまな神様が祀られています。

たとえば学問の神様・文昌帝君、安産の神様・註生娘娘、恋愛の神様・月老神君など。

悩みごとがあっても、龍山寺に来れば一度に解決できます!

 

龍山寺ではお守りや数珠(じゅず)なども売られているので、お土産にピッタリ。

内部はそれほど広くないので、ざっと見るだけなら30分あれば大丈夫です。

 

龍山寺に行くには、MRT板南線の龍山寺駅(龙山寺站)で降りて徒歩3分です。

また、定休日、営業時間はこちらです。

定休日 :なし
営業時間:朝6:00~夜22:00

 

行き方

台湾桃園国際空港から台北市内に行くには、MRTやエアポートバスなどの方法があります。

詳しい行き方はこちらをご覧ください。

台北の空港から市内中心部への移動方法4パターン。オススメはコレ!
台湾の台北は日本からも近く、グルメや占い、雑貨店めぐりなど楽しみがいっぱい! 親日国でもあり、旅行しやすい国です。 台北の空の玄関口は桃園国際空港。台北市内まで移動する方法はいくつかありますが、それぞれのメリット・デメリットとオススメの方法を紹介します。

 

九份も近い!

『千と千尋の神隠し』っぽい建物があったり、台湾映画の聖地でもある九份へ台北から日帰りで行けます!

九份の阿妹茶楼の提灯

台北から九份へ行く方法や、九份の見どころはこちらをご覧ください。

九份の行き方&帰り方。混雑必至の帰りのオススメの時間帯や交通手段
九份は台北から日帰りで行ける観光地。 近年は日本人にも人気が爆発しており、年間たくさんの人が訪れます。しかし、問題は帰りの大渋滞・・・ 今回は九份への行き方と、なるべく渋滞を回避できる帰り方を紹介します。

 

個人で訪れる or 現地ツアーに参加する

台北はそれほど広くないので、個人でも訪れやすいです。

しかし観光スポットをガイドしてもらったり、効率的に巡りたい場合は現地ツアーへの参加がオススメです。

  》》台北の見どころを巡る現地発着ツアー

 

世界遺産への登録

台湾には世界遺産登録された建物・自然はありません。

世界遺産登録されるには台湾が国として認められる必要がありますが、2018年時点では国家として認められていません。

 


スポンサーリンク

観光のベストシーズン

春(3~4月)、または秋(10~11月)がオススメです。

冬(12~2月)は雨はあまり降らないものの曇りの日が多く、9月は台風シーズンなので運が悪いとあまり観光できないことも・・・

 

観光に必要な日数

台北への往復に1日近く、丸1日で台北を巡るとして合計丸2日かかります。

ただし、飛行機や電車に乗るための待ち時間や、乗継地での待ち時間があるので最低2泊3日必要です。

 

関連する書籍

 

観光を計画

台北を訪れる際の航空券・ホテル・ツアー予約はこちらから可能です。

》》航空券を予約
》》台北のホテル予約
》》台北の見どころを巡る現地発着ツアー
》》台北を訪れる日本発着ツアー

 

訪れた時期

2005年8月、および2013年12月~2014年1月に訪れました。

 

 

スポンサーリンク